皆さんの一番大きな異性との恋愛の悩みっていうのは、「出会いがない」です。誰が見てもモテるだろうと思う文句なしの美女でも、同一の悩みで苦労している方が大半です。
学校を卒業し会社勤めを始めて、毎日の生活パターンがなんとか落ち着き始めると、就職先以外での出会いも、より厳しくなるのが当然と言えるでしょう。
昼食も夕食も、あなた一人ですませている人は、出会いにつながるいい機会をみすみす逃しているようなものです。職場の同僚や先輩、友人や知人と食事をしていただくことで、次々と出会いのチャンスが生まれることになるんです。
恋愛が成就するかしないか程度で、自分の心が全く変わってしまったり、恋愛が終わるたびに大きな痛手に落ち込んでいるようでは、ちょっとずつ恋愛から目をそらす人になっちゃうかも。
結婚に適した年齢の男女のうち、半数が、未婚で相手を見つけようとしています。「出会いがない」なんて愚痴もあるようですが、ダメもと覚悟で挑戦すれば、将来的に幸せな恋愛生活が待っています。

信頼できる人に恋愛相談を持ちかけるときには、「悩んでいる中身」「その悩みが発生したわけは何なのか?」「この状況を自分はどういう風に感じているのか?」位の内容は、整理しておくことが必須です。
注目の出会いチャットアプリというのは、この何年かのスマホの利用者の拡大と同じくして、端末にダウンロードされた数がかなり伸びてきている無料で使えるアプリなのでおすすめです。
実はあなたがわかっていないだけかも?どういった感じで、どこから始まることになるのかつかめない、それが恋愛の現実。現在のあなたに不可欠なものは、素直な気持ちと恐れに負けない心です。
心の分析をする心理学の勉強をして、それを上手に利用することで、素晴らしい結果を残した人もいます。これらからもわかる様に、恋愛心理学を恋愛する方が学ぶのは大切なことなのです。
抱えている恋愛の悩み相談をすることになったら、他人に話を漏らさない人を選定してくださいね。秘密のはずのことが漏れてしまって、悩みの相手の人物に悩みの詳細が聞かれるような事態になれば、最悪です。

「少しも出会いがない!」とか「異性と出会いたい!」と毎日のように文句を言っている人が、あなたの交友関係の中にいないでしょうか?それらの人たちの何が一緒かというと、「とにかく自分で考えてチャンスを作らない」という部分ではないでしょうか?
自らの印象を魅力的に見せたいと希望する際に役立つものが、男女の恋愛テクニックですよね。女の人は上手に利用していると感じていても、男性の側からは見抜かれているテクニックだって少なくありません。
元の彼氏にご自分の恋愛相談を聞いてもらうのはよくありません。女性はあっさり切り替えできますが、男の人っていうのは切り替えが下手な生き物だとされています。あなたとの日々を思い出して、泣き出す男性までいるのです。
様々な人が使う出会い系サイトに申し込んでいる方には、結婚も考えた真剣な出会いのために会員登録している人たちもいますし、お友達を希望しているだけという方や、交際相手探しはメインじゃないなんて方たちも珍しくはないのが現実ですよ。
この頃よく聞く草食系男子と肉食系女子とされる行動派の女性。この言葉では男と女が入れ替わってしまったみたいなネーミングのようですけれど、恋愛テクニックから言えば、きっちりと検証されている事実なのです。

この記事に

開く コメント(0)

ニーズの違い

結婚において、夫婦で幸せになりたいね、と言うのは誰しもが持っている共通のニーズだと思うのですが・・他にも男性と女性では別々のニーズと言うものが存在するらしいのです。でも、これが厄介な事に別々であるがゆえにケンカだったり、口論になったりするのだとか・・。結婚して4年目?幸いまだそんなケンカはないのですが・・きっとそんなこともあるのだろうな、と言う風に思うのです、そんな時には自分の意見ばかりを押し付けずに、相手の事もちゃんと考えた上での意見が出来たらいいな、と言う風に思うのですが・・実際には結構難しいのだろうな・・と今からちょっと頭を抱えているのです(汗)
気になるのはその別々のニーズなのですが・・一般的に女性は男性に自分の意見だったり、石を尊重しているよ、という証拠が欲しいのだとか。だから、旦那さんが自分の事を考えて取ってくれた行動何だな、と言う風なとこが見えたら女性は満足することが多いらしいのです。でも、その気持ちはなんとなくわかるような気がする。うちの旦那さんは外では立ててほしいという風に思っているらしいのですが、家の中ではかかあ天下の方が上手くいく、私の方が家にいる時間は長いので、その決定権の多くと言うのは私が握ってる状態なのです。でも、ある種それが意見を尊重してくれていることだと思うのです。だから、うまくいっているのかなって。
また、男性が女性に求めるのは「誇り」なんだそう・・・。女性が男性の事を誇らしく思ってくれる、家族を養っていることを高く評価してくれるという事を望んでいるのだそう…。それによって自分の価値を確認しているのだとか・・でも、きっとこれがうちの旦那さんで言う、外では立ててほしい、と言う気持ちなんでしょうね。特に立てているという気持ちはないのですが、旦那さんに直接言えなくても、他の人にだったらいつもの感謝の気持ちとかは話しやすいですよね。そこで何かを得ているのかも・・なんだかんだうちは出来ているのかな?

この記事に

開く コメント(2)

そうか

子供って母親の心境の変化に敏感と言う風に言いますよね。単純にそれは一緒にいるから、と言う風に思っていたのですが・・でも、普通に考えて、こどもって生まれた時から母親だけを集中して観察しているんですよね。大人になったら、と言うか、学校にでも行けば色んな人を見て、と言うが日常になって来ますが・・でも、1歳とか2歳とかの子供とべったりの時期と言うのは子供は親しか見ていない状態・・・。だから、その変化と言うのにも気づく、という事なんですね。その話を先日友人にされた時になる程・・と言う風に感じてしまいました・・・。
だから気を付けないといけない、と言う風に言われているのが、ダブルバインド。これは日本語にすると二重拘束という意味になるらしいのですが、簡単に言うと板挟み状態のような状態の事らしいです。本当は怒りたいけど、人前だから怒らないとか。そんな矛盾の事。大人になったら色んな場面があるので、この矛盾と言うのにも対応できるし、普通、と言う風にもかんじるのですが、これが出来ないのが子供。なので、この親の変化に不安を覚えてしまうのだとか・・・。確かに、そういわれたらそういった場面と言うのは必ず来るのだろうな、と言う風に思うのです。
子供だから分からない、と言う風に思っていても、実はこどもだから分かるという事は沢山あるのかもしれないですね・・・。だからいつでも本音で向き合わないといけない・・・。でも、人前で・・とかって感じた時にはシンプルにびしっと叱るというのがいいのかな、と言う風に思うのです。わざと優しくしようとすると違和感を感じるし、きっと怒られているのか何なのか分からない、と思うので、怒ることは怒る、でも、びしっと1点集中!みたいな怒り方にする。それが本当に正しいのかは分かりませんが・・今私が思いつくのはここまで・・・(笑)その時になったらまたいい方法と言うのが出てくるのかな?子育てと一緒に親も成長しないとですね!

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事