ここから本文です

書庫全体表示

 
イメージ 1
 
 
あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
原題『3idiots 〜3人のアホさんの大学時代と10年後の物語。
 
 
★☆★ランチョー    :父親は資産家“らしい“?、成績優秀、卒後音信不通
    ★ファルハーン     :本当は写真家になりたいが、親の期待で工科系の大学へ
    ★ラージュー       :極貧家庭、工学が好きだけど成績は最下位orz
 
 
名門工科大学の寮で、同室になった3人の、笑いと涙の友情物語なのですが……
とても評判が良いのと、「きっと、うまくいく」なんて前向きな邦題に、ひかれました☆
 
 絶賛の嵐なので、詳細は省きますが…^^;
 
 3時間弱の長丁場。
おバカありの友情物語に歌とダンスあり……などとまとめてしまいたくない、超エンタメ作品でした。
名作と言ってもいいと思いますが、そういう、お行儀の良さの中にも、いれたくないのがニクイ…..^^;
 
 
 背景には、インドの複雑な社会と価値観が、あるようです……
それは、おそらく、日本の厳しさの比ではない。
「勉強だけが人生じゃないよ」はもちろんですが、成果なくしては評価もない。
 
 「3バカさん」の物語ですが、“コメディ”ではなく、“人間ドラマ”です!(キッパリ☆)
日本的ゆとりでは、あの破壊的爆発力は生まれにくいかもな〜という、力強さでした☆
観て良かった〜☆
 
 結末はボカして、内容にふれて雑感です。
 
 
▼▼▼
  
★☆★1.ランチョ―こと アーミル・カーン♪
  
主役のランチョ―の立ち位置が、とても、素晴らしい!!!!\(^o^)
 
 ふつうの作品なら、「ダメ生徒ががんばりました」と言う流れなのでしょうが
ランチョ―は、成績トップで素晴らしいのです!
                               ……なんだ、ふつうじゃん…..と思ってはいけない!
 
卒業後、忽然と姿を消したランチョ―に逢いたくて
親友2人は、成績2番のガリ勉くんの情報をもとに、
19年後の再会を夢見て、捜しはじめます。
 
 10年後の現在と学生時代が、交錯していくのが、とてもイイ☆
あの、すばらしくいいヤツ・ランチョ―は、今、どうしているのかな。
どうして、親友の前からも消えたのかな、好きな人からも……(←知りたいでしょ?^^;
 
 ランチョ―のような、本当にその学問が好きで、結果として、成績優秀な方っていますよね。
ムリしてないの^^;
学問や結果のほうが、ついてくる。
ムリしてないから、学業上でも、へんにガツガツしてなくて、余裕というか
成績不振の親友のことも、思ってあげられる……
 
 締切に間に合わなくて、絶望していた級友のために
自分も、作品の試作してあげようとしたり……
イイ人だな〜ランチョ―♪
(↑でも、このシーンの顛末には、胸が痛みます…orz.
 
 ランチョーには、“育ち“と言う過去がありました………。(インド背景か)
だから、ほかのものを得られなくてもいいくらいに、勉強できる環境を望んでいました。
 
 そんなランチョ―の姿勢には、“本質“ということを、考えさせられます。
私たちは、ともすると、そのときだけお茶を濁して、帳尻合わせして、うまく
取り繕って泳いでいけば、生き方上手なのではないか……という誤解をしますよね……
 
 でも、ランチョ―は成績のためでなく、好きだから学ぶ☆
 
 演じるアーミル・カーンの爽やかさが、とてもイイ☆(←40歳過ぎてたらしい^^;
All  is  well  (アールイーズウエールと言っている)の乱舞のときは
思い切り、はじけているのも、最高☆
 
 苦労を苦労とせず、乗り越えてきた、彼のおまじないは、最高にききますよ♪
 
 2、あえて、ナン(←パンのようなのでない^^;)ありのを擁護すると
 
 喜怒哀楽あり、生老病死ありの、てんこもり作品におきまして
PTA的に、問題視することもあると思われるので
あえて、ふれておきます。(余計なことかも……
 
 
     冒頭の離陸後のUターン(>_<)
 
多分、冒頭から、自己都合で、飛行機を引き返させるようなことになるのは
好ましくない、とお怒りの方もいらっしゃいましょう……
(離陸時の飛行機は、燃料いっぱいで、すぐに着陸できないのに。)
 
      試験問題を盗む
 
 これも、いくら親友の及第のためとはいえ、けしからん!とのお叱りあるかも。
 
確かに、不適切ですが、殺人ミステリーなら殺人という、とんでもない行動を見せるわけですし
これらはこれらで、あとで反省の弁もつけて収めているし
そこまでやってしまうほど、親友が大切という演出ということで、赦してあげてください。
 
学長室の鍵を、2つ手にしたシーンなんて、絶妙よ♪(^_-)-
 
     ゴーカンの連呼(滝汗)
 
 悪ノリだめだよ〜おバ〇の域越えてるよ〜と思いつつ
コメディ枠で、流させていただきました……
意味を知らないで丸暗記はダメよ、という、教訓でお願いします。
 
 
3、工学系が生かされる♪
 
 ここが、文学部でも音楽学部でもなく、工科大というのが、ミソ。
 
 将来が約束されているコースというほかに
手作り工作の“妙技”を、
ココゾというピンチに、ランチョ―が見せてくれます♪
 
 「きっとうまくいく」と言うタイトル」とはいえ
ハラハラドキドキさせてくれました。
 
 
▼▼▼
 
 終盤、きっと、優秀なランチョ―は、成功をおさめたんだろうな、と思っていた私。
その成功を、邸宅の大きさで、感じようとしていた私。
 (たぶん、大方はそうかも…^^;
 
けれど、ランチョ―にとっての成功や幸せは、そんなもんじゃなかったんですね!!\(^o^)
 
自分の好きなことを極めて、結果が、ついてくること☆☆☆
なかなか、そういう生き方は、凡人にはできかねますが^^;
All  is  well〜のメロディが、頭から離れないので(笑)
私も、その線で、やっていくといいかな〜と思えました☆
 
最高の逸品です!!!

この記事に

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事