ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
 
 
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
 
 
20年前に、エイリアンの地球侵略を阻止した続編です。
20年前の前作→コチラ
20年経ったら、倍返しでやって来た!(>_<)
 

予告編での、“空を覆う物体”の大きさに、ド肝を抜かれ
鑑賞意欲が高まりました☆
被害のスケールアップの他、雑感ポチポチあります。
 

▼〜▼ 以下、雑感です。
 
▼▼▼
 
1.共通の敵だと味方
 

地球外の敵に対抗するため、この20年間
各国が一丸となったので、世界平和が保たれた――らしい。
平和は良いことですが
敵がいないと、味方同士になれないという現実ョ……(涙)
(外国の敵を想定して国内をまとめると言うやり方もあり
 

今回の強大な侵略に抵抗するには、やはり味方が大事。
 

すると、“白い球体”(=白丸さん:以下)登場☆
はじめ、敵だかナンだかわからないのですが(汗)
白丸さんは、巨大エイリアンに滅ぼされた星の1つから来たらしい。
その白丸さんを、巨大エイリアンが追っているらしく
エイリアンをおびき出して、攻撃するためにも
人類と白丸さんは、共闘する。
 

2.インデペンデントな元大統領
 

20年ぶりに、眠りから覚めたり、現場復帰したりする旧仲間たち。
元大統領は、はじめは、杖をついているのですが
段々、カクシャクとして、ついには、杖無しに!
↑まさに、インデペンデント☆!を象徴するよう
 

20年経ったら、戦い方は、危険や犠牲の少ないモノにしたいけれど
やはり、ココゾと言う作戦には、特攻的犠牲感が漂う……
ココゾで、志願する元大統領。
援護する娘も凛々しい☆ 成功させて生還してほしい!
 
 
3.スクールバスのこと    
 

宇宙船からの攻撃で、壊滅していく地球……orz
デヴィッド長官の父も、航行中に被害に!(>_<)    
 
――と思ったら、避難中の子供たちの車に助けられる。(*^_^*)   
↑犠牲の多い中でのラッキー☆嬉しい(*^_^*)
 

やがて、ガス欠になりそうなとき
運転手が失踪したスクールバスで、途方に暮れている子供たちに出逢う。
 

デヴィッド父は、スクールバスを運転することにして
子供たち丸ごと一緒に、避難走行します。
ガス欠しそうな、デヴィッド父と子どもたちには、スクールバスは渡りに船。
運転手が見つかった、スクールバスの子供たちも、ラッキー☆
持ちつ持たれつで、支え合うの好きです。(*^_^*)
 

4.人類が滅びないと会えない?^^;
 

そんなこんなで、たまたま、デヴィッドとデヴィッド父が出逢います。
お互い、生きてて良かった!
父いわく「人類が滅びないと会えないのか?」
現役世代だと、多忙を理由に、実家と疎遠になってしまうことも…orz
(私も身に覚えが
人類の存亡に関係なく、家族は、連絡取り合わないとですね。^^;
 

▼▼▼
 
 
20年前の皆さんの活躍も、懐かしい“いぶし銀“の一方で
若人の活躍も、キラキラ☆
主演のリアム・ヘムズワース
爽やかな血の気の多さは、他でも、観たい(^_-)-


 



 

この記事に

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事