ジャがバタぁ(別館)

人間は皆ガンダムなんだよ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
























未来への水先案内人






GNフラッグ は ブレイヴ に しんか した !
今日はHG00シリーズから、ブレイヴ指揮官用試験機をご紹介。











イメージ 2





















前からと後ろから。相変わらず、背面カバーにユニオンマークをあしらうのは忘れられてません。
フラッグ、マスラオ、スサノオと受け継がれてきた細身のスタイルは、ここに来て大成したように思えます。
特に、各部にリング上のパーツを配することで摩耗による劣化を防いでいる点はかなり評価できます。









イメージ 4























可動範囲はかなり良好。思い通りの動きをしてくれます。
もともとフラッグ系は、ポリレスの弊害で摩耗が激しいというのが唯一の欠点でした。
それが改善されたブレイヴでは、『摩耗を気にしなければここまでいける』というのを表しているかのようです。











イメージ 5
























専用ライフル『ドレイクハウリング』。グラハム機なので左手持ち。
前方の銃身は差し替えでショートバレル、収納状態の両形態を再現できます。
威力は高いもののチャージが必要で連射が利かないらしく、両バインダー内蔵のGNキャノンでその間断を補います。








イメージ 6
























キャノンとドレイクハウリングの同時併用でトライパニッシャー。
スサノオで試験搭載された時はビームボール系でしたが、ブレイヴで運用されたものは完全なビーム。
劇中では、グラハムスペシャルからのELS迎撃のシーンが一番インパクトが高かったように記憶しています。









イメージ 7
























GNビームサーベル。
クリアパーツではなく、完全に白一色で成形されています。
無色でも良かったからクリアにして欲しかったところですが、これで値段上がられても困るのでまあ許容。
画像のものは、クリアオレンジでさっと塗ってあります。








イメージ 8
























巡航形態(クルーズポジション)。フラッグよろしく、簡単変形です。
『腕が収納されるのが進歩の証』だと語られますが、足の間に挟まってるだけで実際そのままです。
サイドバインダーのウイングは展開するときとしない時があります。








イメージ 9
























一般機と。
緑色のイカしたアイツはまた後日レビュー。







イメージ 10
























半変形でトライパニッシャー。
バカスカとELSを叩き落としていく様が印象的です。
この状態で放っていたのが一番多かったかな、という感じ。









イメージ 11
























「生きるために戦えと言ったのは、君のはずだ!」
クアンタと。
頑なに戦いを拒み続ける刹那に対し、グラハムからの叱責が飛びます。
細かいことは映画本編レビューででも。








イメージ 3
























「これは死ではない!人類が生きるための…!」
というわけで、HGブレイヴ指揮官用試験機でしたー。
劇中でかなり印象的な活躍をしていたので、劇場版を見たらすぐに欲しくなると思います。
特にハム機に関しては、ELSを単騎で何百体も破壊したり、挙句の果てには特攻を敢行したりと至れり尽くせりな活躍をさせてもらっています。
在庫はダダ余りなので、せめてここらで買ってあげてください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事