ジャがバタぁ(別館)

人間は皆ガンダムなんだよ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
























勇ましき太陽






GNAEUイナクト。
今回は、HG00シリーズからソルブレイヴスが駆る機体「HGブレイヴ一般用試験機」をレビュー。










イメージ 2





















前からと後ろから。全体的なシルエットは以前レビューしているグラハム機と変わりません。
しかしそこは一般機と指揮官機で、各部の形状が違います。
カラーリングがイナクトっぽいのはわざとでしょうね。デザイン担当にAEUの人を起用したとか?








イメージ 4
























可動範囲に関しても基本は変わらず。
マスラオやスサノオの時は少し素立ちさせ難かったですが、今回は改善。
足で着地しているシーンなど無いものの、これはなかなかいい改善点かと思います。








イメージ 5
























頭部。グラハム機では長さが揃っていた両側のツノが、フラッグのように左右非対称に。
頭部カメラの処理は本当にフラッグ系と同じで、クリアパーツを嵌める前にシルバーを塗るorシールを貼らなければならないという仕様も変わりません。
ちなみに、グラハム機の頭部クリアパーツには特徴的な「目」が刻まれています。









イメージ 6
























背部コーンスラスター。一般機はここにGNドライヴを搭載します。
理由は、グラハム機がツインドライヴ仕様のために両バインダー内にドライヴを内蔵する必要があったのに対し、一般機はあくまでシングルドライヴ機なのでこういったことになっているとか。
しかしドライヴの搭載数を統一するか否かは結論が出ておらず、これからにかかっているらしいです。
その割に全機が大破したような気がしますが。








イメージ 7























変形。
これまたグラハム機の時は書き忘れていましたが、大型のGNコンデンサが付属します。
設定上は付けたままではMS形態に変形しない、とありますがキットでは変形が可能です。










イメージ 8
























シード系台座が付属。
いや、付属してくれる事自体は素直に嬉しいんですけど・・・。
できればアクションベースを付属してくれれば言うことはありません。









イメージ 9
























「全機、フルブラスト!」
グラハム機と。殆ど色が変わっただけ、というのも久々な気がしますね。
フラッグ→グラハムフラッグは各部の形状がかなり違っていたので、それだけブレイヴの完成度は高いということなのでしょう。ちなみに、ブレイヴはそれぞれ全ての機体がトランザムを使用できます。










イメージ 10
























逆さ撃ち。ELSとの初接触戦闘でのワンシーンです。
ここでは、巡航形態でハルートに迫る性能を見せつけてくれました。
とりあえず、需要はないでしょうがここでソルブレイヴス隊の隊員の名前を書いておこうと思います。
イェーガン・クロウ、ヴィクトル・レオーノフ、ルドルフ・シュライバー、アキラ・タケイ、ネフェル・ナギーブです。










イメージ 3
























というわけでブレイヴ一般用試験機でした。
これは指揮官機にも言えることですが、各部にフラッグやイナクトなど、旧ユニオン旧AEUのMSを匂わせるパーツ配置には思わずニヤリとさせられます。
特に足はおそらくイナクト、上半身はフラッグ、そして背面はオリジナルと、三つの技術が融合しているかのようなその様は圧巻です。
で、あえて此処で書いておきますが私は一般機を残り四機全て作らねばならないので、これからを思うと・・・。
まあ、残すは四体目のみなのですが・・・。
そこまで買ってもダダ余りな在庫。さあ貴方も、棚の上でレッツソルブレイヴス!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事