ジャがバタぁ(別館)

人間は皆ガンダムなんだよ!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 8























大空を振り切る第三のアクセル






ふーみんも納得の強さ。
今日は、全フォームコンプリートにリーチがかかった仮面ライダーWシリーズから、アクセルの新たな姿「仮面ライダーアクセルブースター」をご紹介。









イメージ 1





















前からと後ろから。通常のアクセルと比べ、ブースターユニットのお陰でゴツめのラインができています。
イエローシグナルを示す全身の黄色い塗装も発色が綺麗であり、限定品の名に恥じません。
かつ、頭部は新規造形となっており劇中に近い形状になっています。最初からこうしとけ。










イメージ 2
























可動範囲はそこそこ。
通常のアクセルと比べて、首の可動を阻害する部品がないことと、肩の可動を阻害する部品が無いので上半身はだいぶ大きく動かすことができます。
反面、腰のメモリ増強アダプタが邪魔で前屈ができないという弊害もありますが、それはそれ。









イメージ 3
























通常のアクセル用の差し替え頭部も付属。
かなり劇中に近く、最初からこれにしとけよと言わんばかりの出来です。
ここまでくると、エクストリームの頭部にも何かしらの救済が欲しいところ。








イメージ 4
























エンジンブレードも付属。
ブースターにとっては、劇中使用した唯一の武器なので必要不可欠なファクターであると思います。
また、首の可動域が広いので飛行ポーズがかなり決まります。これはいい。










イメージ 5
























赤、青、黄色。3つのアクセルを並べるともうまるで信号ですね。
ところで、トライアルの頭部への救済は無いんでしょうか。エフェクトパーツとかに同梱してくれませんか?










イメージ 6
























vsエターナル。Vシネつながりで。
ところで、エターナルRFは注文済みですが、正直レビューするかどうか微妙なのでよろしくお願いします。













イメージ 7
























「振り切るぜ!!」
というわけでアクセルブースターでした。
造形レベルは非常に高く、塗装にもアラが無かったので¥4500の価値は充分あると思います。
前回のアクセルフォームもさることながら、これほどの商品なら限定にする必要はないと思うのですが。
それにしてもMOVIE大戦MEGAMAXではダブルが出るそうですが、それならアクセルにも登場の目が・・・
無いですね。すいません。

この記事に

開く コメント(3)

イメージ 1
























The people with no name





どうも。ファイズ3フォームの中でほぼ限定販売される奴こと、アクセルフォームです。
今日は、仮面ライダーファイズシリーズから、主人公ファイズの中間形態・高速のアクセルフォームをレビュー。










イメージ 2





















アクセルフォームです。もはや金型流用されまくりで語ることがない。
胸のブラッディコアを始めとする内部メカ部分ですが、緻密な造形で忠実に再現されています。
更に黒部分はつや消しブラックで塗装されており、ナイスな質感になっています。
限定販売で黒を使うとツヤ消しにしないといけない、っていう決まりがあるんでしょうか?







イメージ 3
























ノーマルファイズから比べて、増えた付属品の数。
わずか二個(厳密に言えばアクセル起動時のファイズアクセルを含めた三個)。
まあ特別な武装を使用する形態ではないから構わないけど、フォンブラスターはもういらん。






イメージ 4
























フルメタルラングは開閉可能。開閉と言うか、BJ接続なのでただ回せるだけっぽいですね。
単純に劇中再現と考えても良い判断です。たまたまと言えなくもないですが、素直に喜んどきましょう。







イメージ 5
























初使用時。
初めての使用でキックを使わなかったライダーも珍しいと思いますが、ライダーパンチなのでまだ許せる。かも。
アクセルフォームの固有性というのは高速移動にあるので、一発の派手さではないんです。
え?カブト?知らんそんなの。









イメージ 6
























多少塗装が綺麗になった感じのファイズエッジ。
エッジ自体は大好きですし、ニ三本あっていいのですが、それよりもなによりも左の持ち手がいい加減に欲しい。
いつまで気を使ってファイズを弄らないといけないんだ・・・。








イメージ 7
























アクセルフォームといえばこのアクロバティックな動きでしょう。
高速で移動しながら、物理法則も何もかも完全に無視して移動するその様は圧巻の一言。
重力すら無視するのですから、アクセルフォームは本当に凄いです。
最近相対性理論が崩れたそうですので、アクセルフォームの動きもあながち嘘ではなくなったのかな〜。








イメージ 8
























三形態揃い踏み(内一体は限定)。
どうしてアクセルフォームだけいつも限定になるんでしょうね。
一瞬だけしか出てこないからでしょうか?それにしても結構出ているとは思うんですが・・・。
画にインパクトが足りないのかな。まるで色が変わって胸が少し変わっただけだし。












イメージ 9
























「俺はもう迷わない。迷っている間に人が死ぬなら、戦うことが罪なら、俺が背負ってやる!」
アクセルフォームでしたー。
やはり黒地に銀のスタイルはものすごくかっこいいですね。ライダーの中で一二を争うくらい好きなフォームです。
可動範囲も申し分なく、頭部の大きさもブラスターに準拠していますが悪くない。
どうしてこれが限定かと言われると・・・、やはり昔の玩具のトラウマからかな〜。放送中でも売れ残っていたし。
それでもマニア人気は高いので、出せば買う人が必ずいるんですが(私とか)。
うーん、限定は非常にもったいない!何かしらの形で再販を求めたいレベルですね。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
























EGO〜Eyes Grazing Over〜





「どけ。俺の歩く道だ」
今回は、多少どころかかなり時間が経ったものの、「SHフィギュアーツ ファイズ」シリーズから主人公ファイズの最終形態にして最強の姿「ブラスターフォーム」をご紹介。







イメージ 2
前からと後ろから。可動範囲はもういいですね。リンク貼るのも面倒なのでもう自分でたどってください。
各部造形もしっかりしており、関節の色も赤一色で統一されています。
更にノーマルのファイズに比べて頭部のサイズが一回りほど小さくなり、首の可動範囲が増加しています。
キックポーズなどでは重宝しますが、素立ちや他のポーズだと微かに違和感があります。











イメージ 5
























最強武器・ファイズブラスターも当然付属。
アタッシュケースモード、ブラスターモード、ブレードモードいずれも完全に再現しており好印象。
ただし持ち手の具合が少し悪いですね。もともと持つ予定はなかったっぽいのでまあ仕方ないか。
本編でも三回とも全部無理矢理出したようなもんだし。








イメージ 6
























ブレードモード。ブレイドモードと言うと、次の年の仮面ライダーになるのでやめときましょう。
これはブラスターモードの銃身と刃の差し替えで再現しています。
まああれを完全再現しろってのは無理とかそんなレベルじゃないので、差し替えにして非常に英断。
ちなみに、ファイズブラスターの仕様はTV版準拠です。








イメージ 7
























エクシードチャージ時の再現用にエフェクトパーツが付属。
カッコイイといえばカッコイイんですが、正直これはいらないからスタンドとかをつけて欲しかったなあ。
画像は片手で保持していますが、実際やろうとするとかなり厳しいです。







イメージ 8
























ブラッディキャノン展開時のパーツも付属。
放送中の玩具では、コレのために非展開時の再現を放棄するというトンデモ仕様でしたが、今回はちゃんと再現。ていうかこれで出来てなかったらダメでしたね。
当時はアレでもだいぶ出来いいと思ってたんだけどなあ・・・。時代か・・・。








イメージ 9
























「Faiz Blaster Take Off!!」
飛行ポーズもお手の物。
SIC・SAGAにおいてはフライトユニットを展開して飛行している描写がありましたが、個人的にあれはないなと思うので、劇中準拠の飛ばし方で。
だってあれは完全にガンダムじゃんか。仮面ライダーなんだよファイズは。








イメージ 10
























当然ノーマルファイズも、ブラスターを保持することが可能です。
しかしながら、ファイズの持ち手でブラスターを長時間持っていると広がってしまい、他の武器の保持が困難になるため推奨しません。二個買いした上でなら構わないと思いますが・・・。







イメージ 11
























そんなノーマルファイズと。
彩色パターンが完全に真逆ですね。さしずめシャア専用とガルマ専用の差とでも言おうか。
よく見ると頭部アルティメットファインダーもver2になっていますね。細かいながらいい配慮です。







イメージ 12
























「木場!・・・うああああ!!」




イメージ 3
























「うあああああああ!!」
最終回、オルフェノクの王=アークオルフェノクへの超強化クリムゾンスマッシュ。
どうでもいいですけど、あのクリスマの被害ってどんなだったんでしょうね。
劇場版だとドームがボロボロでしたし、地下でやったら大変なことになったんじゃ・・・。










イメージ 4
























「世界中の洗濯物が真っ白になるみたいに、皆が、幸せになりますように」
ファイズブラスターフォームでしたー。
出来は約束されたようなもんでしたが、顔の大きさがやはり気になりますね。
首の可動範囲が広がるのはどんとこいなんですが・・・、プロポーションを崩すのはどうかと・・・。
しかしそれ以外は全くの良品ですね。特に本編を見ながらグリグリ動かせるのは楽しいです。
と言っても、本編に出てきたのは劇場版含めて僅か4回弱なんですけど・・・。
カイザが発売されたものの、全くアナウンスの無いデルタの方も期待しておきたいです。

この記事に

開く コメント(0)

こんにちは。管理人のジャがです。
最近はまともに玩具レビューすらせず、のらりくらりとページだけがあるという不思議な状態だった本ブログですが、そんなこのブログに朗報が入りました。



イメージ 1




そう。新作ガンダムです。(強調)
前作のダブルオー開始時、ただその出来に文句を言いたいがために立ち上げた当ブログの本領はガンダムレビューにこそあるのです(その割に最近は仮面ライダーに現を抜かしているけど)。
なんでも今回は子供向けのガンダムだそうで、子供向けの番組(ニチアサキッズ)ばかりを見ている私にとっては余裕で受け入れられることでしょう。では早速第一話、レビュー開始します。


一応、ネタバレ注意とだけ書いておきます。














イメージ 2

AGEの始まり

「あなたの未来を・・・ガンダムに」
全ての始まりは7年前、主人公フリット=アスノが僅か7歳だったころ。
UE(=アンノウン・エネミー。後述)の攻撃に巻き込まれた彼らアスノ家は炎に巻かれ、彼だけが生き残り、AGEシステムとそれに内蔵されたガンダムの設計データを我が子に託し、フリットの母は亡くなります。
どうでもいいですが、ガンダムシリーズの始まりって何でいつもこんなシーンからなんですか?戦争の悲惨さを感じさせるのは良いですけど・・・たまには平和なとこから始まって欲しいです。無理か。





OP「明日へ」

歌手さんはガリレオ・ガリレイの皆さん。あの花のOPの人たちですね。
歌そのものは悪くないです。ヴィジュアルも綺麗だし、歌詞がついているのは子供向けとして許せます。
しかし最大の問題は、ガンダムのOPぽくないことです。
あの花もガリレオ・ガリレイも好きなんだけど、ガンダムのOPといわれると微妙な顔になります。





スペースコロニー・ノーラ

それから7年後。ノーラというスペースコロニーにフリットは暮らしていました。
どうなってここに住むことになったかは語られていませんが、別に語るほどのことでもないでしょう。
ついでに部屋でハロが確認され、今回のハロはゴム製だと思われます。
変に小さくしなかったのはよかったけど、けど、なあ・・・。





スペースシップ襲撃事件

フリット君の部屋で流れていた事件。どうやらUEは確かに無差別に人間を襲っているようですね。
まだ分かりませんが、軍部の高官が乗っていたとかいうことも無いっぽいですし。
あったらどうしよう。とりあえず、「ぽい」と書いて予防線を張っておきます。








イメージ 7

UE

そのUEですが、基本はガフランと呼ばれるエウレカセブンに出てきそうな外見のMSを使用しています。その行動原理はほとんど不明。人間を襲うということだけは確かで、かつ正体不明・無差別攻撃という行動が散見されるために、軍部は彼らをエイリアンと断定して処理しています。
初めて確認された14年前から一度も撃退できていないという話ですが、なにせ彼らには人間側の兵器が何一つ通じないのですから、そりゃあ手間がかかるというもんです。
どうでもいいですが、SEがとても個性的でかっこよかったです。








イメージ 4

救世主伝説

「ガンダムは特別なんだよ。僕にとって」
アスノ家に代々語り継がれるガンダム伝説です。
アスノはもともと、古い戦争時代にはMSをいくつも開発しており、その中でもガンダムを生み出して時代の救世主になったということらしいです。
それはともかく、どうして油絵だったんでしょう?時代に逆行しているような・・・





穏やかな日常

フリット君はまだ14歳の少年です。
もちろん学校にも行きますし、学校に行く途中で軍部の偉いさんと会って軽く挨拶したり、自分が作っているガンダムの腕を勝手に試験されて怒ったり、過去のことを思い出してセンチメンタルな気分になることも当然あります。自分でUEの攻撃パターンを算出することなんてお手の物です。何だこの子供。
こんな子供が近所にいたら確かに面倒ですね。先生が怒る気持ちも分からなくはないです。








イメージ 3

フリット・アスノ

唐突にキャラ紹介に入ります。
とにかく容姿はこんな感じ。イナズマイレブンとかにいそうな感じですね。
同じ会社だから仕方ないといえば仕方ないですが。
とりあえず、当ブログではどんなシリアスなときでも彼には君付けで接します。






星空の下で

なんだかんだあって、フリット君は幼馴染のエミリー・ダイソンに誘われてコロニー内臓のプラネタリウムっぽいイベントに駆り出されました。
ガンダムシリーズの一話目においてこういう状況になると、たいていの場合敵が来るもんですが、UEもそこらへん分かっているのかちゃんと空気を読んで出てきてくれました。もしかして人が乗ってるのか?








イメージ 8

ノーラへの襲撃

「UEだ・・・あいつら、本当に襲ってきたんだ!」
突然すぎる襲撃に、軍もてんてこまいです。
そりゃ緊急時の訓練くらいしているでしょうから、今こそ人間の結束力を見せてUEを追い払う時です。
・・・全然無理でした。すいません。
ていうかフリット君、あんだけ自信満々に言っておいて、本当に来るとは思ってなかったのでしょうか。








イメージ 6

焼カレル街

「バルガス、ガンダムを出そう!」
UEのMSガフランの前に、さしもの軍部といえど全く歯が立ちません。
ガンダムのないフリット君は、ただただ逃げ惑っていましたが、あと一歩というところでバルガス・ダイソンの手引きでガンダムの眠るトレーラーを収容したコンテナ内に逃げ込むことができました。
ガンダムを出そうと言うフリットでしたが、バルガスがとてもダメだと否定したことで怒りが頂点に達し、自分で動かそうと突飛な行動に出てしまいます。








イメージ 11

ラーガン・ドレイス

「俺はジェノアスで出る!」
よくいる「本当はガンダムに乗るはずだった男」です。
漫画版ではなんとここで死んでしまったらしいですが、今回は危なげながらなんとか生き延びました。
勢い勇んでジェノアスでガフランを叩こうと出撃しますが、待ち伏せしていたガフランのビームマシンガンでコンテナから出ることなくやられました。かわいそう。
かつてジェリド、イザーク、コーラサワー達が担ってきた伝統のギャグキャラ枠は、今作では彼が担当してくれるようです。当ブログでは、彼を応援していこうと思います(死なない限りは)。








イメージ 5

救世主となるために

「さあ行こうガンダム!僕達が皆を救うんだ!」
なんやかんやあり、フリット君はガンダムに乗り込みます。
どこか某やめてよね氏を髣髴とさせるシークエンスを経て、ガンダムAGE−1がついに起動します。
種を連想する時点でかなり駄作の空気が漂っていますが、それはそれ、これはこれ。



生きるための戦い

「救世主になれ、ガンダムと共に!」
AGEが真っ赤になるのかと思いました。
どうでもいいですけど、「ガフラン」って「ガンプラ」に響きが似てますよね。






イメージ 9

vsガフラン

初陣としての、ガフランとの戦闘。なんとガフランのビームマシンガン(ラーガンのMSを一撃で落としたアレ)を集中砲火されてもまるで無傷です。流石はガンダム。
しかしながらガフランにも、そこらへんに落ちていたビームライフルが効きませんでした。
ただ、ガフランの伝家の宝刀っぽい腹ビーム(仮)もガンダムには通じていませんでした。
もしかしてこの世界のMSはIフィールド標準装備なんでしょうか?フルクロスが泣くぞ。







イメージ 10

救世主たる力

ビームライフルが効かないと判断したフリット君、備え付けられた腰のビームサーベルをダガーモードにしてガフランに立ち向かい、メッタ刺しにして勝利。お前はエヴァか。
やられたガフランも苦しげにビクビクとのけぞってますが、この表現は放送倫理的にいいんでしょうか。
とにもかくにも、これでガンダム伝説に新たな一ページが加わったわけです。
というか本当に種を意識せざるを得ないなあこの展開。








イメージ 12

空を見上げて

「フリット、よかった・・・」
このとき、フリット君の胸に去来するものはなんだったのでしょうか。
勝利したことへの喜びか、あるいはまだ見ぬ新たな敵への恐れか。
どちらにしても、まだ14の子供が背負えるほど軽い感情ではなかったことでしょう。





燃エユク街

そして、大きな爆発と共に軍部が確認したものはなんと14年前、初めてUEが認められたコロニーにおいて使用されたものと同型の武器でした。
それは、このコロニーの崩壊を意味しているのか、それとも救世主の力試しか―。
物言わぬ鋼鉄の異星人たちの思考は、いまだに理解できません。





ED「君の中の英雄」

歌手さんは、その道で有名な栗林みな実さん。最近ではISのOPを歌っていたかな?
こちらも本当に悪くない歌。歌詞もAGEの世界観にマッチしていると思います。
ヴィジュアルの方も、戦いに赴くフリットとそれを見守るエミリーというシリアスな構図で描かれており好印象です。ラストカットのAGE-1を忠実に再現したプラモが欲しいです。





次回「AGEの力」

漫画版だと、ここでとんでもないことになるようです。
ですが今回ラーガンが生き残ったことで、アニメと漫画は僅かな差異があることが分かったのでその限りではないことを祈るばかりです。・・・そうなると、ラーガンがAGEを変えたということに・・・。まあいいか。
とりあえず、なんだかんだ言いつつ次回も楽しみです。







































おまけ

イメージ 11

なんか、上の画像遺影みたいに見えますよね?まだ死んでいないので安心して下さい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


























Nobody's perfect






遙( ■Ξ■)し<まだ完全なスカルではない!?
今回は未だ衰えを見せないフィギュアーツ「仮面ライダーW」シリーズから、「MOVIE大戦CORE」の公開にあわせ魂ウェブ限定で受注販売された「仮面ライダースカルクリスタル」をご紹介。







イメージ 6























前からと後ろから。相も変わらず可動範囲は名探偵の弟子と同様です。
以前発売されたスカルとの違いは、頭部造形の変更、クリスタルヘッドの同梱、ボディカラーのツヤの有無。
いずれも以前のものより大幅にアップグレードされており、正直言って前買った人涙目な内容です。
私は買っていなかったので嬉しかったですが。










イメージ 7


























付属品。
スカル通常ヘッド、帽子、切れ目入り帽子、たなびきマフラー。
帽子には大差ありませんが、マフラーにはグラデ塗装がされておりリアル感が出ています。









イメージ 8

























「さあ、お前の罪を・・・数えろ」
クリスタルだとやることがあまり無いので、早速スカル通常ヘッドに換装して帽子装着。
ボディがツヤ消し仕上げになったことで質感が出ているのがいい。かなりいい。










イメージ 9


























スカルマグマナムも当然付属。
今回もマキシマムモードだけの付属となっていますが、クリスタル時は通常のマグナムモードも使用していたので、出来ればそちらも付属させてくれれば言うことはありませんでした。
でもカッコイイから許す。











イメージ 10

























「半人前に帽子は似合わねえって言ったよな翔太郎」
切れ目入り帽子装着。
この状態は、あえてダミードーパントの変身体と考えるのもありかと思います。
これによってダブルとも絡ませられるようになっているので、付属は英断だったと思います。








イメージ 11


























スカルではありませんが、おやっさんのシーンで一番好きなシーン。
「風を呼ぶB」にて尾藤さんの自首を聞いているシーンです。
何も言わずただ夜の海を見つめているだけのその背中には、凄く言いたいことがあったんだろうな・・・と。
ちなみに座っているコンテナにはダブルの手首が入ってます。







イメージ 2


























「スカル・・・?あ、待ってくれおやっさん!」
弟子と。
ジョーカー、スカルともどもツヤ消し仕上げなので絵になります。
あー、ジョーカー格好良いわー。空白の一年間とかOVAにならないかなー。
ん?A?まあいいやとにかくやってくんねーかなー。







イメージ 3


























そしてお馴染みサイクロンジョーカーと。
スカルボイルダーを買っておくべきだったと今更ながら後悔。
そしてこうみると、ダブルのジョーカーサイドのツヤツヤに違和感を感じざるを得ません。









イメージ 4


























ダブル戦隊。
Vシネ、映画通して自分の名前がタイトルになったことがないのはジョーカーだけですね。
ありうる!ジョーカーVシネありうるでー!







イメージ 5

























「男の仕事は八割が決断。あとはオマケみたいなもんだ」
というわけでおやっさんでしたー。
とりあえず買ってください。そして弄って遊んでください。もうそれしか言えません。
本当にこれは買った人にしか共有できない楽しさがあります。
それが「仮面ライダースカル メッセージforダブル」を見ていた人ならばなおさら。
そしていつか来る「仮面ライダージョーカー」Vシネ化に思いを馳せつつ。
残るはアクセルブースターを残すのみ!レッドフレアは何処〜?

この記事に

開く コメント(0)

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事