ゆうぜんの日々是旅人(ひびこれタビビト)

いつもカメラ片手に一人旅。風景写真(桜・滝・紅葉・登山・山スキー・ダイビング)を徒然にUPしてます。

登山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

引き続き9月のシルバーウィークに訪れた北海道ツアーのレビュー,今回でラスト。第14回目は「知床 羅臼岳山頂からの展望 後編」です。


イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11



というわけで,「知床 羅臼岳山頂からの展望 後編」でした。

この記事に

開く コメント(2)

引き続き9月のシルバーウィークに訪れた北海道ツアーのレビュー。第13回目は「知床 羅臼岳山頂からの展望 前編」です。

この日は晴天に恵まれ,山頂から硫黄岳のほか,北方領土の択捉島,国後島まではっきり見ることができました。

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12



というわけで,「知床 羅臼岳山頂からの展望 前編」でした。

この記事に

開く コメント(2)

まだまだ過去ネタ。2/14〜2/16の3日間は鳥取県の大山登山&撮影ツアーに出かけて来ました。これから何回か連続シリーズでそのレビューが続きますが、今回はその第3弾、2/14(木)に訪れた「厳冬期の伯耆大山登山 後編」です。

伯耆大山は、鳥取県にある標高1,729mの火山。一般的には大山(だいせん)と呼ばれていますが、鳥取県西部の旧国名・伯耆国の名称を冠して伯耆大山(ほうきだいせん)とも呼ばれます。今回の鳥取ツアーは厳冬期の伯耆大山の登山がメインではありましたが、登山開始前に御机を訪れ朝日に染まる大山南壁を撮影。その際の様子は以下のリンクのとおりです。

 伯耆大山 御机からの南壁遠望  http://blogs.yahoo.co.jp/yuuzen50/40448792.html

御机での撮影を終えた後は、大山寺方面へ車を走らせ、夏山登山道の登山口である下山キャンプ場付近へ。この日は早朝から雲ひとつない晴天に恵まれ、登山開始前から山頂までくっきりその全容を見渡すことができる状態で、期待が膨らませつつ、12本爪アイゼンを装着し早速歩程をスタート。

前回記事の「前編」では登山口から7合目付近の尾根に至るまでの間に見かけた霧氷林やパノラマ展望をお送りしましたが、今回の「後編」では尾根から山頂までの様子と、山頂からの展望をお送りします。ちなみに前回の「前編」の様子は以下のリンクのとおりです。

 厳冬期の伯耆大山登山 前編  http://blogs.yahoo.co.jp/yuuzen50/40450826.html

尾根から弥山山頂に至っても、ちょっとガスが出たくらいで雲ひとつない状況。弥山山頂からは境港や中海、日本海の海岸線、最高峰剣が峰へと続く尾根道などなど、非常に贅沢な展望をん楽しむことができました。そのせいか山頂で2時間くらい粘ってしまい、すっかり雪焼けしてしまいましたけど。

前置きが長くなりましたが早速画像を。

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19



イメージ 20



イメージ 21



イメージ 22



イメージ 23


というわけで、「厳冬期の伯耆大山登山 後編」でした。

この記事に

開く コメント(2)

まだまだ過去ネタ。2/14〜2/16の3日間は鳥取県の大山登山&撮影ツアーに出かけて来ました。これから何回か連続シリーズでそのレビューが続きますが、今回はその第2弾、2/14(木)に訪れた「厳冬期の伯耆大山登山 前編」です。

伯耆大山は、鳥取県にある標高1,729mの火山。一般的には大山(だいせん)と呼ばれていますが、鳥取県西部の旧国名・伯耆国の名称を冠して伯耆大山(ほうきだいせん)とも呼ばれます。今回の鳥取ツアーは厳冬期の伯耆大山の登山がメインではありましたが、登山開始前に御机を訪れ朝日に染まる大山南壁を撮影。その際の様子は以下のリンクのとおりです。

 伯耆大山 御机からの南壁遠望  http://blogs.yahoo.co.jp/yuuzen50/40448792.html

御机での撮影を終えた後は、大山寺方面へ車を走らせ、夏山登山道の登山口である下山キャンプ場付近へ。この日は早朝から雲ひとつない晴天に恵まれ、登山開始前から山頂までくっきりその全容を見渡すことができる状態で、期待が膨らませつつ、12本爪アイゼンを装着し早速歩程をスタート。

結果、今回の大山登山はなかなかアタリ。そのため、夢中でシャッターを切ってしまい画像が多数になりましたので、複数回に分けてレビューしますが、今回記事はその前編。登山口から7合目付近の尾根に至るまでの間に見かけた霧氷林やパノラマ展望をお送りします。

てなわけで早速画像を。

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18


というわけで、「厳冬期の伯耆大山登山 前編」でした。

この記事に

開く コメント(2)

ここのところ過去ネタばかり続いていましたが、今回は久々にリアルタイムネタ。2/14(木)に訪れた「番外編 厳冬期の伯耆大山登山」のレビューです。

タイトルを番外編としているのは、)寨荳2鵑倭芦鵝∩亜慌鵑紡海福島の山スキー&裏磐梯撮影ツアーの第三段をのせる順番であること、∈2鵐好泪曚濃1討靴寝菫を取り急ぎ載せますが、後日別途一眼デジの画像でレビューし直す予定、のため。

昨日はちょっと思い立って伯耆大山の冬季登山へ行ってきました。先月石鎚山の冬季登山をこなした流れもあって、行けるうちに行っておこうかと思いまして。

大山は、鳥取県大山町にある標高1729mの火山で、日本百名山の1つ。伯耆の国にあることから、伯耆大山とも呼ばれます。この山には冬に一度登ってみたかったんですが、たまたま天気も良さそうだったので、行けるとこまで行こうとぶらりと出掛けてきました。

結果は雲ひとつない晴天に恵まれ、山頂から360度の大パノラマを満喫することができました。その詳細なレビューは後日一眼デジの画像とともにお送りしますが、今回は取り急ぎスマホで撮影した画像をいくつかアップします。

てなわけで、早速画像を。弥山から最高峰剣ヶ峰方面の展望を2つと、登山道の尾根越しに湾曲した境港と中海方面を。

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3


というわけで、「番外編 厳冬期の伯耆大山登山」でした。

この記事に

開く コメント(4)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事