フレンチブルドッグ的に言わせてもらえば。。。

フレンチブルドッグのキューピー(パイド♀)とプリン(ブリンドル♀)と飼い主のはつん(やや色白♂)からなる3MC日記。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

隣の席の話 2

イメージ 1

どちらかというとシニアの需要が多い、ほのぼのとしたチェーン店のコーヒー屋さん。

DV話と店のギャップ。

そして、90年代美人と裕次郎。

何これ、めちゃくちゃ面白いじゃん、隣に座る僕は聞き耳を立ててしまいました。


裕次郎は言います。

マジ最悪じゃん、何がいいのそんな奴の? 意味わかんね、マジうぜー

僕は思います。

外見と口調が全然あってないじゃん、全然じゃん、超面白いじゃん、何これ、最高かよ

90年代美人は言います。

いやわかってるよそんなの、でもわかってるけど好きだからしょうがないじゃん

僕は思います。

そうだね、しょうがないんだね、もう聞く耳もたないよね、好きだもんね、

裕次郎は言います。

女を殴ったり、ティッシュ投げたりとかクソ野郎じゃん

僕は思います。

いや、殴ったとは言ってないし、さっきからティッシュってさ、箱を投げてるんでしょ? 一回つっこんでよ気持ち悪いから

90年代美人は言います。

私に手は出さないよ、急にキレて怒鳴ったり、壁を殴ったり、リモコン投げたり、

僕は思います。

あらあら、それ大丈夫? 手を出されるの時間の問題じゃない?

裕次郎は言います。

うぜー、それでなんでお前は我慢すんだよ、

僕は思います。

いや、好きだから

90年代美人は言います。

その後はちゃんと冷静になるの、その時は普段以上に優しいの・・・だから

僕は思います。

マニュアル通りのDVだね、

裕次郎は言います。

なんかのドラマじゃねーんだからよー

僕は思います。

おお!「おいらはドラマー♪」歌うチャンスだよ裕次郎!!今だよ!!

90年代美人は言います。

そのときに愛されてるって、この人には私が必要だって思うの、私の存在価値を感じるの、もしかしたら私、普通の人じゃダメなのかも。。。

僕は思います。

なんかのドラマじゃないんだから、

裕次郎は言います。

はあ? 結局のろけじゃねーか、相談じゃなくてのろけ話じゃん、バカじゃねーの?

僕は思います。

おお、正解だよ、やるじゃん裕次郎、そのまま告白しちゃえよ、どーせ美人のこと好きなんだろ?

「俺だったらお前につらい思いなんてさせないで、お前に存在価値と愛を感じさせるよ」

顔が裕次郎だからセリフも浮かないって、今だよ、チャンスだよ、

裕次郎は言います。

あーあ、マジうぜー、で、どうする? とりあえずカラオケいく?

90年代美人は言います。

うん! 行く!

僕は思います。

はあ?そんなことある?

この流れからとりあえずカラオケ行くかね普通!?

「俺らがおこれば 嵐を呼ぶぜー♪」

歌うの? ねえ歌うの?

おわり


はつん





この記事に

開く コメント(0)

隣の席の話 1

イメージ 1

簡単に言うと、

彼氏が軽いDVの気があるのだと。

付き合ってそろそろ半年、最初にDVかもって思った瞬間は、

キレてテッシュを投げつけられたときだと。

それで怖くなって、この人もしかしてやばいかも?

と思ったけど、キレたあとの彼は別人のように優しくて甘えてくると。

彼女も彼女で、そんな彼の行動を何度も繰り返し見ていたら、

怖いんだけど、それが、私、愛されるって思うようになってきたと。

そして、この人は私がいないとダメなんじゃないか?って思うようになってきたと。


隣の席に座っていた、

20代後半くらい、色白、細身、黒髪ロング、清楚、90年代なら美人、な女性が話していました。

その向かいの座って話を聞くのは、

30代半ばくらい、誠実そうな太い眉、無造作でパサついた短髪、ジャンパーとしか表現できない上着、

若き頃の石原裕次郎がぽっちゃりした感じ、こちらは80年代の男前です。


どちらかというとシニアの需要が多い、ほのぼのとしたチェーン店のコーヒー屋さん。

DV話と店のギャップ。

そして、90年代美人と裕次郎。

何これ、めちゃくちゃ面白いじゃん、隣に座る僕は聞き耳を立ててしまいました。

つづく


はつん










この記事に

開く コメント(0)

優しさが

イメージ 1

誕生日の今日、

仕事先での初見の方に言われました。

「なんか、はつんさんて、優しさがにじみ出てますね〜」

上から下までなめるように僕を見たあと、じっと僕の目を見つめ言われました。

そーか、そーか、42歳にもなると、優しさがにじみ出ちゃうんですね。

今までの人生で、優しそうですね、は何度か言われたことがあります。

そして、優しそうですね、を言われたことがある人は、100人中80人くらいだと思います。

しかし、です。

優しさがにじみ出てますね〜

これは、100人中、30人くらいなんじゃないでしょか?

だって、にじんじゃってるわけですから。

きっと、僕の二の腕の内側の柔らかいとこあたりを強めにつまんだら、

優し汁が出ちゃうと思います。


鹿児島のさつま汁

神奈川のけんちん汁、

はつんの優し汁、

地元静岡の郷土料理として、


または、

富士宮やきそば、

つけナポリタン、

はつんの優し汁、

ご当地グルメB1グランプリの町おこしとして、

いやいや、悪くないですね〜

42歳になってブログの内容も、グッと大人っぽくなりましたね。

今日もフレンチブルドッグは元気です。



はつん















この記事に

開く コメント(0)

人生の微調整

イメージ 1


なんだか東名高速の中井サービスエリアの話ばかりしていますが、

一昨日、東名高速の大井松田〜裾野の区間が雪で通行止めになりましたが、

はい、そうです、僕は見事にこの通行止めにハマりました。

日中、子犬ちゃんを羽田空港にお迎えに行き、

お客様にお引き渡し完了したあと、東京の友人と横浜で合流してご飯を食べ

さあ帰りましょうと横浜青葉から東名に乗り、

少し眠かったので海老名サービスエリアで1時間仮眠をとり、

再度走り出した中井サービスエリアの手前くらいの掲示板に、

「大井松田〜裾野 雪 通行止め」 の赤表示が。。。

仕方なく様子をみようと中井サービスエリアに入ったのが深夜2時

通行止めが解除されて、さあ静岡に帰りましょうと運転を始めたのが翌日15時

ん? 深夜2時〜翌日15時?

ん? 長くない? 13時間じゃない?

そうです、中井サービスエリアに13時間いました。

ごはんは3食たべました。

なんなんだこの13時間は!

と考える時間が13時間あったので色々考えましたが、

全部書くと13時間かかるので、結論だけにします。


まあ、よくありがちな結論ですが、

きっと人生の微調整です。

来週42歳になる僕ですから、

今まで、そしてこれから、の人生のために、

13時間くらいのズレがあったのでしょう。


その13時間で自分の今までの人生を振り返った、とか、

その13時間で今後の生き方、目標を決めた、とか、

その13時間で運命を変える出会いがあった、とか、

そういうの、全くありません。

その13時間、ひたすらにダラダラだらだらしておりました。

だって人生の微調整ですから。

普段ならこのいつ解除されるかわからない時間を

どれだけ無駄なく、この待ち時間を今後の何かしらの充実のために使いたがりなはずです。

間違いなくそうするタイプです僕。

でもこのときの僕の結論は、人生の微調整ですから。

ひたすらにダラダラだらだらしておりました。


中井パーキングに道路公団の黄色いランクルが入ってきてスピーカーでアナウンスしました。

「通行止めは解除されました、通行止めは解除されました、通行止めは解除されました」

ふう、やっと調整終了だ、おトイレして、チョコレートでも食べて、お家に帰りますかー

大きめの独り言を車内に響かせ、のんびり調整後の僕は帰りました。


はつん

















この記事に

開く コメント(0)

小学生

イメージ 1


子犬ちゃんの写真を撮っていたら、下校中の小学生が3人近づいてきました。

まあ、子犬ちゃんが可愛いのでよくありがちなことです。

わー、これ産まれてどれくらい?

わー、これブルドッグ?

わー、オス?メス?

などなど撮影しているのは無視して聞いてきます。

まあ、ありがちなことです。

ただ今回はやたらカメラに興味を示して、写りたがる子がいました。

写っちゃうからダメだよー

ブリーダーさんが優しく言います。

小学生は完全に無視して写りこむのに必死です。

僕は何も言わず、気にもせず、写らないタイミングだけシャッターをきっていました。

家に帰ってきて、写真を整理していたら1枚だけ、がっつり小学生が写っていました。

かなりひつこく写りこもうとしていたので1枚だけだったのは良いほうなのですが、

それでも僕は1枚もないつもりだったので笑ってしました。

しかもまあまあいい笑顔だし。


はつん

















この記事に

開く コメント(0)

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事