♪在日、反日、韓国のお勉強♪

歴史を直視して、日本人に対し謝罪・賠償しなければ、在日の未来はない。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1

■井筒和幸監督(朝鮮総連と癒着している殺人映画監督)

1991年9月、井筒和幸は、監督として撮影中の映画「東方見聞録」で、
鎧を着たJAC俳優を滝つぼに落とすという無意味な演出により溺死させた。
重量8kgの鎧を装着し手を縛られた状態の武者が、
高さ10m・幅50m・水深2mの人工滝に流されるシーンの撮影において、
井筒氏は人工滝(静岡県小山町のロケ現場に造られた滝壺のセット)に
流す水量をリハーサル時よりもかなり多くするよう指示
その結果、武者を演じたエキストラの林健太郎さん(当時21歳)が撮影直後に突然セットの水中に沈んだ。
周囲のスタッフは単なる転倒と思い込み、迅速な救助が行われず、林氏は溺死
林氏の遺族が井筒氏を業務上過失致死罪で刑事告訴したため、井筒氏は書類送検された。

遺族から告訴された井筒は、裁判において
「林が自分の言うことを聞かず、勝手な行動を取ったため事故が起こった」と発言し、被害者感情を著しく損ねた。
遺族への賠償と事故により公開は中止、製作会社のディレクターズ・カンパニーは事故の翌年に倒産。

このとき多額の慰謝料債務を背負い、映画監督としての道をも閉ざされかけていた井筒に手を差し伸べ
全額立て替えたのが、シネカノン代表の李鳳宇(リ・ボンウ)である。
そして、李鳳宇の父親は朝鮮総連幹部であるため、
これを契機に井筒と朝鮮総連との間に深い関わりが生まれた
と言われる。慰謝料の支払を条件に示談扱いとして、告訴は取り下げられた。


---------------------------------------------------------------------------------------------

井筒監督へ一言言いたい。
在日に守られている人殺しの分際で、
のうのうとメディアに顔を出さないでくださいね。厚顔無恥も甚だしいですよ。
自分の指示で人が死んだのに、死んだ人に責任転嫁
ですか。どこまで人間が腐っているんですか?

殺人まで犯して撮影された「東方見聞録」は、その事故のせいで、ビデオのみの発売に。
設楽りさ子さんの銀幕デビュー作品だったのに、迷惑極まりないですね。

映画の評価はというと、面白くない、駄作、見ない方がよいと散々であったようです。
林健太郎さん、無駄死にですか・・本当にやりきれませんね。
彼は今日も元気に、在日の広告塔として反日活動中です。
朝鮮総連のサイトにニュースが乗っています。

在日に魂を売った反日監督の井筒さん。
あなたに他人や作品を酷評する権利は全くありません。
朝鮮半島に行って、人種差別を受けてきてください。
殺人犯には、それがお似合いです。

---------------------------------------------------------------------------------------------

■在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)
 http://www.chongryon.com/

■大阪・八尾 井筒和幸監督トークショー 「在日描けば日本が見える」
 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/01/0701j0702-00001.htm
 ↑彼はいい死に方しないでしょうね。

この記事に

開く コメント(31) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(3) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事