歌って踊れるエンジニア

毎日だらだらギター弾きまくり!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Sagoギターのお味

練習でSagoギターを使ってみた。
正直驚きました!なかなか凄い。音のバリエーションが広く、音に癖が無いので出音がスッとして痛くない。
基本的にはブリリアントで特性はギブソンのSGに良く似ている印象。
シングルのセンターハーフトーンはかなり美しく鳴り、シングルフロントでのアコースティックシミュレーションは
昔のオベーション的な印象(まあ一昔前のエレアコって事かな?)。
結構まとまった感じである。
嫌なところはノイズが多いこと。手持ちのギターの中ではワースト1かな?
ノイズにはこだわっているので。

取りあえずポットはBカーブに交換したい。

その他は特にないけど、まだ本体は鳴っていないの弾き倒す!

うちのギター達のNo3になりました。

因みにNo1=GibsonES335、No2=DonGroshストラト

基本的にはPRSの仕様でSagoが作ったハンドメイドなので、体に馴染みやすい形状で出来も良い。
レギュラー品ではないので、同じ物はこの世に無い?だったらうれしいけどねー...
今のところネット上では見たことはないです。

この記事に

開く コメント(0)

Sago Custom Guitar to PRS

またまたギターを購入!
我ながら懲りないのは体にフィットするギターになかなか巡り会わないため(と言っておきましょう)...
昨年買ったPRS CEは体にフィットしましたが如何せん音に問題が!と言うよりはギター自体の作りが悪く
鳴りが変。

そこでまともなPRSのCustom24を物色していたが、お店で弾いてみてもイマイチ感動がない。
そこでT'sギターとかSugi とか見ていて似た仕様のものがないかネット販売品を物色していたところ、
Sago New Material Guitar というカスタムショップ製のまんまPRSギターを中古で発見。
イメージ 1
イメージ 2

そっくり具合はPRS CEを並べるとより分かる。

イメージ 3
本日さんざん弾き倒したが、なかなか良いサウンドだ!
シングルのハーフトーンがなかなか使える音には感激した!オールマホながら構造的な要因?で
割とストラトっぽい音を出すため、結構シングルっぽい音が出せる。ZOOMでデラックスリバーブ等の
アンプシミュレートをかましてあげれば結構ブリブリになるし、アコースティックシミュレーションも
フロントのシングルで良い感じに掛かる。
ハムバッカーの歪みサウンドもマイルドな感じながら空ピッキングでのエッジもちゃんと出るので
合格です。

ダメだったらリンディにフル交換と考えてましたが暫くこれでいきます。

反面結構雑なところもある。トレモロのスプリングの並びが平行でない(要はウイルキンソンのスプリング
取り付け穴のと反対側の取り付け板のフックピッチがあっていない)、トレモロの金属にGND線が
繋がっていない、キャピティ内部の削りが粗く1部精度が怪しい、導電塗料の塗りが雑、キャビティカバー
のカタチが1部残念。同じくカバーの裏側に張るアルミシールが雑な上に足して貼ってあるシール同士の
導電がなされていない等がある。エンジニアとしては見逃せられないところだ。

あとボリュームは総てBカーブに変更したい。コンデンサーはビタミンQだったか?付いていたので
ラッキー!基本はDongrosh(=ビンテージレスポール)と同じにする予定。

来週の練習でシェイクダウンです。

この記事に

開く コメント(2)

DON_GROSH ノイズ対策

DON_GROSH のノイズがイマイチ収まらない!
改めてノイズ対策をチェック、修正をした。
修正点としてはピックガードに0.1mmの銅板を追加し、ボディ側の導電塗料を増し塗りした。
元々塗布されていた塗料の抵抗値を測定してみると約数kΩあった。増し塗りで約数百Ωに下がった。
イメージ 1

結果としては大分下がったものの、元々のノイズほどには下がらなかった...
後はピックアップの蝋付けしかないな....

しかし交換したリンディーピックアップは予想以上に素晴らしい。
ハムバッカーとしては比較的にはマイルドであるが、シングルの音が大変素晴らしくので
タップの切り替えにより色々なサウンドが作れる!
まあギター自体が良いのもあるのか?...後はウデだけだが....

PRSにも付けたいところだが、どうしようかなー


この記事に

開く コメント(0)

ZOOM G5n

ネットでエフェクターを見ていたらZOOMから1月末に新エフェクターが発売!

イメージ 1
以前ZOOM G3を購入したが、自分にとっては意に反した仕様だった。
で、今回は?
正確には分かりませんが同じ仕様がその方向で進化したようだ....
残念!
何で1踏みでドッカンドッカン変わる発想に行かないのかなぁ...
各SWにPS1〜4って書いてあるけど、1踏みで変わるのが1個のエフェクターって
PS(プリセット?)って大げさじゃないでしょうか?
やはりBOSSかLINE6か?....軽ければね。





この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ドローンの自動航行の実験をしてきました。
ドローンはDJIのF550。ソフトはGRAND STATION。
イメージ 1
最初のパソコンの設定に結構まごまごしましたが、慣れちゃえば割と簡単。
構えていた航行プログラミングもこんなに簡単なんだ?という感じ。
手順は
①パソコンをネットが繋がる状態にしてソフトを立ち上げる。
②HomeをクリックするとGoogleMAPが開かれ、自分の位置が表示。ここでもうネット環境は不要となる。
③航空プログラミングを作る。移動ポイントをCont+クリックで作る。位置の微調は地図上に設けられた
 ポイントをドラッグドロップで行う。
④各ポイントのプロパティ(高度、スピード、向き、スピード等)を設定。
⑤設定をドローン機にアップロードする。
⑥"GO"をクリックする。あと自動的に飛んでくれます。

その他細かな設定がありますが、概ねこんな感じで見事飛んでくれます。
最初は設定不足が多々発生し、何度も手動で緊急GO HOMEをしたが、慣れれば簡単!

今度はファントムで試してきます!




この記事に

開く コメント(0)

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事