どうもです。

土日にかけて阿寒へ遠征してきました。

その釣行は後にしまして、週刊モーニングで釣りを題材にした漫画が連載されています。

まんが 新白河原人 ウーパ!で現在5巻まで発売されていますね。

今年になってワカサギ釣りを題材に話は進んでいますが、これがなかなか深い話で面白いです。

主人公のオッサン二人組がクリスティア2刀やホンデックスの魚探を駆使する少年と対決すののですが、日中活性が下がり・・・少年の爺さんが、「私の好きな時間だ、こんなときが一番面白いんだ」と手繰り始めるのですが

今週号のやりとりです
イメージ 2


イメージ 1

イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5


と釣れた孫に問いかける爺さん

イメージ 6

と、ここで再び活性が上がり

イメージ 7
※注 主人公です(笑)

イメージ 8

さて少年はどんな答えに辿り付くのでしょうかね?

いかがでしょうか?
北海道のワカサギ釣りって、主人公タイプが九分九厘ですよね。かくゆう私この限りです。

特に誘わなくても仕掛けを落とせば勝手に乗ってワカサギ釣れるフィールドの多いこと。そうなると何で競うかと言えば数しかないんですよね。

でも本当に活性がなくなった時、諦めてはい撤収!なんてことありますよね。

私の大沼釣行がまさにそれでした。

前回の阿寒釣行の時、鯉ワカさんに、そんな時は「泣いてでも竿を振れ」と言われましたよ。

まぁこの爺さんの心境に至るのはいつになるやらですが・・・釣れない時でも釣れる釣りができるように丁寧にワカサギと向き合いたいものです。

別に数釣りを否定しているつもりもないですし・・・釣れれば楽しいですからね。あくまでも個人的な考えってことで。

ウーパの掲載と阿寒、チミケップでのほとんどが碌でもない話で終わった釣行や、ほぉすけさん宅での前夜祭などの話から、見えてきた私の道しるべでした。

おしまい。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3月18日(土)〜20(月祝)に掛けて道東遠征をして来ました。

貧果&コラボした皆さんと只々ワーキャーやっていただけなので、何をしていたのか記憶がなく・・・

ざっくりと書きますというか書けません(爆)

18日は阿寒硫黄山川側での釣行です。

現地には自宅から夕張まで下道で、そこから足寄経由の阿寒湖まで。4時頃に到着しますと、既にテントから明かりが・・・
イメージ 1
皆さんやる気なのですね(-_-;)

それを尻目に私は寝袋を準備して1時間仮眠しましたよ。

5時30分頃、目を覚ますと鯉ワカさんが登場。当日は日中、風速10mの風が吹くとのことで早々にアプローチをしてテントを設置します。

噂には聞いていました、ある意味猛者なテントもありましたよ(笑)クオリティー高すぎです!
イメージ 2

オートLを設置をしていたらルンルンなメガオさんも登場!相変わらずのテンションでしたね〜

開始は何時か分からん(-_-;)

メガオさん、鯉ワカさんとワーキャーとやっておりました。

鯉ワカさんの支援物資や・・・
イメージ 3

メガオさんが買い出ししたローソンのホルモン鍋を食べたり・・・
イメージ 4

釣りをしていた記憶がなく・・
そうこうしているとメガオさんが所用で撤収し、入れ替りで群馬のARさんが来訪して釣りを開始。

ARさんから頂いたお菓子を食べつつ・・・

ARさんからはこんなのも頂きました。全長3mの赤城仕掛
イメージ 5
ここまでしないと釣れない赤城・・・恐るべしですね。

そうそう、リカちゃんが1台だけ間に合わせて作ってくれた鯉ワカさんのTUMAMIを少し弄らせてもらいました。
イメージ 6

因みに私のミニターボ捨て錘4号、本錘2.5号とTUMAMI、捨て錘3号+錘をスピコンの速度を同じにして同時に巻き上げましたら、TUMAMIの方が速かったです。

号クラスの錘を巻き上げるスピードや本体の軽さは素晴らしいですね。不満があるとしたらスプールが平坦で突起がないため人差し指のワンアクションでスプールフリーに出来ないことかな・・・

実は私もポチってしまったので来期が楽しみです。一刀でワカサギとの対話をするのであればこれ以上のリールはないのではないでしょうか。

それはさておき・・・本日140匹で終了した模様です。
イメージ 7

釣り終了後、鯉ワカさんの車にARさんと同乗し、私は後ろで爆睡していましたが・・・豚丼のぶた福に行きまして。

調べたら阿寒湖から60キロもあるんですね・・・
イメージ 8イメージ 9

豚になって来ました。

注文したのはこちらの豚丼、肉大盛り+ミニカレー丼のセット。
イメージ 10イメージ 11

まぁ量の多いこと・・・でもこれで1,200円位です。フードバトルよろしく一気食いで何とか完食しましたよ。

炭火焼きで美味いお店でした。機会があれば阿寒湖の帰りに行って、阿寒インターから高速乗るのも有りかと思いますよ。

その後、再び阿寒湖まで戻り、ARさんはホテルに、鯉ワカさんは自宅に、私はマリモ湯でのんびり風呂に浸かってから明日の釣行地チミケップに向かいました。

到着は22時頃ですかね。車が6台ほど駐車されており、テントから明かりが・・・

それを見つつ爆睡しまして4時30分に起床しました。

起きて車内のライトを付けているとメガオさんが登場してご挨拶・・・今日もルンルンですね〜(笑)

横の駐車スペースにはどうみんさんもいらしていました。

外に出て・・・

車に戻ると・・・

ん???

車の鍵が開かない・・・・

まさかのインキー????

私の車、軽自動車なのにスマートキーなんですよね・・・確か車の中に鍵が(-_-;)、財布も携帯も中だ・・・

そもそも圏外だし・・・・完全に詰みました。

メガオさんに事情をお話したら、後で携帯の繋がるところに連れて行ってあげるとのこと。同時に鯉ワ
カさん、ARさんもいらしたので、外にデポしていたテントだけ預けますわ、と伝えて車に戻ると

何故か鍵開いていました。

はぁ〜良かった〜九死に一生でしたよ。

因みにこのインキーは前科がありまして、以前茨戸で同様のことを仕出かして、深夜タクシーも捕まらず、自宅まで歩いてスペアキーを取りに戻った経験があります(-_-;)

釣りはというと・・・レッドスターさんが当日来ていましたのでご挨拶をさせて頂き、私のテントに鯉ワカさん、ARさん、どうみんさんの4人のコラボ、お隣にはメガオさんがGF、近くにレッドスターさんが布陣していました。

開始直後は魚探が真っ赤でARさんが「ひでえ」と一言・・・本州の繊細な釣り場とはかけ離れた状況にドン引きしていたのが印象的でした。

かく言う私もこの魚探画像には引きますね・・・
イメージ 12

しかし我々のポイントが中心から外れていたようで、この画像をして活性がなく、カウンターで79匹となっておりました(笑)
イメージ 15

やる気はありませんでしたとも・・・でもこの釣果はある意味「ひでえ」です。

だって釣りの写真って、どうみんさんの釣行前とテント村しかないんですもの(-_-;)
イメージ 13イメージ 14


その後、チミケップを後にしてクマヤキを目指すも直前で閉店・・・阿寒のPAN de PANでおっさん4人で1時間以上話し込んで
イメージ 16

仙客で塩ラーメンと皆でザンギを食べつつ・・・まりも湯に浸かり、硫黄山川の駐車場で車中泊となりました。

イメージ 17イメージ 18

最終日・・・
本日も爆睡して5時30分に行動開始です。

たけてるさんのデリカが停まっていて、オートSが1張りしかないのでご挨拶を。今季十勝に行っていないので、たかてるさんとは今季お初でした。

少し向こうにはどさん鯉さんのテンティビがありましたので、これまたご挨拶。既に開始しており、順調に釣っておりましたね。

YASUさんもお仲間と来ておりました。さすが3連休最終日、ブロガーの皆さん集結していますね。
こちらはというと本日も鯉ワカさん、ARさん、どうみんさんとの4人コラボです。

開始は7時で・・・

10時過ぎにARさんが撤収し、荷物をホテルから送ってりまして

我々3人も中抜けして奈辺久で合流。

私は上天丼。ってこれワカサギ入っていませんね。ワカサギの入っている普通の天丼で良かったですね。
イメージ 19

鯉ワカさん、ARさんは天丼+そばと食い過ぎなご様子でした(-_-;)

食後にARさんとはお別れに。また来期お待ちしております♪

で・・・その後13時30分までやりまして1束も釣っておりません・・・
イメージ 20

バッカンに入っているワカサギがほとんどARさんが釣ったやつで・・・偽装が施されています(笑)

そんな感じで・・・14時に札幌方面に向けて帰宅となりました。

釣果は度返しに楽しんだ釣行でしたので、今シーズン終了でも満足なのですが・・・あまりの貧果。
真面目にやっていないのは勿論ですが、どうしてもオートLに4人が入って密集状態で落とし錘をガン
ガン落している状況ではワカサギは釣れませんね。

低活性時にはワカサギの奪い合いもあったかと思われます。

まぁ単なる言い訳なんですが、あまりにあまりなので、年休を消化して延長戦を考えています。

残り少ないシーズン安全かつ有意義なワカサギ釣りをしたいものです。

おしまい。

この記事に

開く コメント(32)[NEW]

開く トラックバック(0)

ホンデックス(HONDEX) 魚群探知機 PS-611CN〈5型ワイドカラー ポータブルGPS内蔵プロッター魚探〉
が4月に発売のようですね〜

イメージ 1

もうシーズン終わってしまうので今ポチることはないですが、かなり欲しいです(笑)

でもこれ買うと501にGPS登録しているポイントの移行が大変なんだよな〜。

GPSポイントは自分の財産ですからね〜

魚探をお持ちででない方はぜひとも人柱に(爆)

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

どうもです。

3月12日は大沼に遠征に行きました。

0時30分に出発します。

今回は吹雪いてもいないし、路面もアスファルトが出ていましたので下道を走ります。

家からですと札幌を経由の中山峠よりも337から5号線を走ったほうが楽なような気がしますね。

ルートは自宅→朝里→赤井川393号→倶知安→黒松内、長万部→大沼となり240㎞ですかね。
ほとんど車が走っておらず、5時前には到着です。走行時間は4時間30分程度でしょうか。

1時間ほど仮眠した後アプローチします。

岸際は水が浮いていますね。スノコが有りがたいです。
イメージ 1


駒ヶ岳もばっちりですね〜。
イメージ 2

何か所かサーチしてガンケに陣を取りました。ミニターボの2刀で挑みます。

魚探の反応が・・・大沼?って感じです(-_-;)
イメージ 3

この後2m位に浮いたワカサギの反応が常時でていました。

とりあえず底で当たりを取っていましたが、全く芳しくなく最初に1時間で時速70(-_-;
イメージ 4

1号の錘で宙釣りしたり、底から捨て糸1メーター取って、穂先を色々変更して試行錯誤しましたが2時間目140匹
イメージ 5

最後は魚探真っ白で大沼なのに2刀で対応できなくなり、3時間ちょっとで心が折れて274匹で11時には撤収しました。
イメージ 6

引越しも検討すれば良かったのですが、そもそも、もっと入念にサーチする必要がありましたね。

爆釣時の非常食で買った魚肉ソーセージが思いの他、胃に負担を掛け、美味しい物を食べる気力も
なく、大沼から黒松内まで高速に乗り。そこから下道で15時過ぎには帰宅しまして、ふて寝しました。

その前の25戦といい、釣れないとなると自分の不甲斐なさが浮き彫りになりますね。

正直大沼で撃沈はかなやまで坊主よりもショックでしたよ。恥ずかしいやら情けないやら・・ブログ更新もしたくはありませんでした。

釣れない時にどうやって数を稼ぐのかが今後の課題となりました。けど・・・残りも僅かですね。

残りの釣行は自分が納得する釣りをしたいものです。

おしまい。

この記事に

開く コメント(28)

開く トラックバック(0)

3月7日は近場釣行です。

7時30分いつものポイントへ向かって坂を下りますが、途中が渓谷のようになっており近づけません。糠平の5の沢状態で、坂を登り引き返します。

で・・・急坂に向かいます・・・息も絶え絶えで、まだ春遠からじなのにエアコン全開です(-_-;)

少し体力を回復しつつ、急坂にアプローチして、沢筋の水深15mラインにテントを張り開始したのが

9時30分頃ですかね。

インパクトが戻ってこないので、ミニターボの2刀です。
イメージ 1

土曜日の前夜祭でのほぉすけさんとのふかせ釣り云々の話をヒントに脈釣りで当たりを出せたらと考案したのがこちら。

3段錘です。4号の捨て錘で落下させ、真ん中の2gで底を取り、0.5gの錘をバランスにして当たりを取る。
イメージ 3

まぁ机上の空論なんで、どんな感じかテストです。

しかし魚がいないと、テストのしようもなく3時間経過後45匹で終了と撃沈でした。
イメージ 2

錘のシステムは触れ当たりが結構ありましたので、まずまずの結果でしたが、底2gだけと本当に違うのか?は分かりませんでした(笑)

引き続き検証が必要ですね。

釣れないし時間もあるので、大沼で食べなかった、ひこま豚食堂が清田にもあるので撤収して向かうことにします。

って帰るには激坂が待ち構えているんですがね。本日2本目の坂は死にますね(-_-;)

ひこま豚が食べたい一心で頑張りましたとも(笑)

で・・・行ってきましたよ。ひこま豚食堂・・・

はい定休日でした(-_-;)
なんでも明日水曜日が食堂1周年記念とかでお休み頂きますとのこと。

坂で体力を、ひこま豚では気力がなくなり・・・南インターから北インターまで高速使って帰ります。

ならばと代替案がありまして、手打ちそばを打つほぉすけさんがおススメした蕎麦屋が石狩市の緑苑台のイオン近くにあるそうなのでそこを目指します!

が・・・はいまたしても定休日でした(笑)

結局、車で1分走り、きちりんでミソラーメンとミニ豚丼のセットを頼みましたとさ。
イメージ 4
苦労してありついた飯はいつもの3倍は美味かったです。

釣りも飯も全てが噛みあわない、そんな休日でした。

ひこま豚食堂は高速からすぐだし、またリベンジだな。

おしまい。

この記事に

開く コメント(26)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事