全体表示

[ リスト ]

放射能を玄米で

イメージ 1
 
 
   放射能は玄米で排出しましょう。
 
昨日、折りよく山形の「星の会」の田中さんが東城百合子先生の健康講座を山形市で開催してくれました。
 
  地震、大津波、放射能事故等で東日本は交通事情もままならない状況の中を東城先生は急きょ新幹線から飛行機に切替えて山形まで来てくれました。
 
 私たちが今一番心配しているのは、被災者の方たちの健康や食べ物、今後の暮らしの問題です。そして原発から漏れ飛散している放射能です。先生の講演を固唾を飲んで聴いていると 「この放射能は何も心配することはありませんよ」
 
「 玄米と味噌汁と梅干だけ食べていれば何んの心配することありません」 この言葉をいくども繰返し、秋月博士の原爆体験などもおりまぜて説明してくれました。
 
 私も有機農業を始めた26年前に「現代の健康管理は栄養摂取より、とりすぎた栄養物を如何に早く体外に排出するか」 と医師から指導された覚えがあり、体内に取り込まれた危険物質はビタミンやミネラル、汗などで体外に排出させることです。
 
 東城先生が推奨しているのは「玄米食」です。玄米の中には「毒素や重金属、ダイオキシン、ミネラル」等を排出する働きを持つ「フィチン酸やイノシトール、ガンマーオリザノール」等の成分があるので、心配な人は「玄米食、味噌汁、梅干」を毎日食べること。
 
 玄米では、食べにくいという人は七分米か五分米にしてはどうだろうか。
 
 一日も早い原子炉の収束を祈ります。
  
  
 
 
 
 
 
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事