コンサート情報

クラシックを中心としたコンサートのご案内です

Arpeggioneアルペジョネ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

Arpeggione 2 type

イメージ 11


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
イメージ 12

イメージ 13

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

新しくアントン・ミッタイスのアルペジョーネ モデルを作りました。

I made the Anton Mitteis model of the Arpeggione in Jan. 2010.

For Sale:
Arpeggione, Anton Mitteis model (Cello Guitar) US Dollar for$25,000.-


Total L.: 1212 mm
String Length.667mm
Body Lenght637mm
Widths: LB. MAX380mm
Body Height98mm


* Top front and Center at sound post - Spruce
* Back and Side flanks - Maple
* Hammer head, Back design - sculpture with an arabesque
* Sound hole - arranged C
* Guitar curves
* Inside 2 Block woods
* Fingerboard with 24 Frets black
* 6 Gut strings (D,A,E,C,G,D) for the Bass(Tenor)-Viola Da Gamba, "Pirastro" - 1 set
* Tailpiece original, with 6 string Adjusters, “Wittner” L type for Violncello
* Pegs - 4/4 size for Bass(Tenor)-Viola Da Gamba – 7 piece (but I do not use 7th now)
* Pitch; Modern A-440 Hz, (but sometimes controlled 410 for the baroque music ensemble)

この記事に

Now, I play “Song of the Birds” by my OK-model Arpeggione.
You can see this on YouTube.



注:
このアルペジョーネという楽器製作については、登録商標、著作権、肖像権、製作図面、特許などを 世界で申請しています。

よって許可なく複製、使用、掲載、転載、コピー販売を禁じます!

Copyright (C) for my arpeggione
Copy right(C) for my Arpeggione model making, sales, photos, publicity:
All rights reserved. Reproduction of any part of this document is strictly prohibited without the prior consent of the authors and publisher.



この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

東京交響楽団首席チェリストのボーマン・ベアンテ氏が、
レクチャーコンサートでアルペジョーネ・ソナタを試奏くださいました。

5月2日、朝日カルチャセンター湘南)



Mr.Berndt Bohman plays OK-model at the lecture concert,
Asahi culture center,Shonan,
He is a swedish principal cellist of the Tokyo Symphony Orchestra.

May 2.2009.


Berndt Bohman ベアンテ・ボーマン(チェロ)

 12才からチェロを始める。スウェーデンのストックホルムの王立音楽大学 を卒業。、
続いて西ドイツ、エッセン市の国立フォルクヴァンク音楽大学でP.トゥルトリエ教授に3年間師事、
最終的にフィンランドのヘルシンキ、シベリウスアカデミーにてアルト・ノラス教授に4年間師事した。
1980年からは東京交響楽団の首席チェロ奏者として演奏している。

参考までに、ボーマン・ベアンテ先生と奥様のルリ子先生がCDをリリースされている。
Classical Cello Praise III , EMCD2007

Classical Cello Praise
EMCD9711

======

Mr. Berndt Bohman’s performance and CD(Classical Cello Praise III , EMCD2007) is so fantastic !

His profile as follows;

West Germany, at the National University of Essen, Paul Tortelier Music to study under Professor Paul Tortelier 3 years http://www.youtube.com/watch?v=uOZDlRPv78k&feature=related

Helsinki, Finland in the final, a professor at Arto Noras SHIBERIUS ACADEMY four years studies.
http://www.youtube.com/watch?v=yhEt1Kcxy_g&feature=PlayList&p=9F81A3580FB335C8&playnext=1&playnext_from=PL&index=54

Violincello started from the age of 12. Graduated from the Royal College of Music in Stockholm, Sweden. ,

From 1980 to have played the chief of the Tokyo Symphony Orchestra cellist.
http://www.tokyosymphony.com/top-E.html

この記事に

開く コメント(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事