日本文学館との契約を巡る法廷闘争顛末記

2015年4月21日、提訴しました。判決言い渡しは、2015年10月29日(木)です。

全体表示

[ リスト ]

私は、松田まゆみさんから2か月前にコメントを頂きました。しかし、それに返信していませんでした。そこで、現在、それに返信するという形で記事にしています。
 
今日も松田さんからコメントがありました。しかし、そのコメントは事実認識に誤りがありました。その誤った事実認識に基づいて、私や私のブログにコメントした人を批判していました。
 
>ここのブログにコメントなさる方は、陰口を言う方とブログランキングしか関心のない方が大半のようですね。辟易とします。
 
「北の論客」とまで言われる松田さんの発言とはとても思えません。どんな見解であっても批判があるのは当然です。公に見解を表明するということは批判を甘んじて受け入れなければなりません。批判されたからと言ってそれを「陰口」としか受け取れないのでは議論になりません。

松田さんが「辟易」しようとしまいと私にとってはどうでもいいのですが、「辟易」という言い方は、
松田さんがそのブログで「感情だけの批判コメントは承認しません」と言っているのと対比すると違和感を覚えます。確かに、コメントを承認するかしないかはブログの管理者の権限です。しかし、その権限を強く主張するという姿勢にも私は違和感を覚えます。 あくまでも私個人の感想です。
 
松田さんは、私が「自分の利益のために他者を利用」していると批判しています。とんでもない事実誤認です。私は、自分が躓いた石に他の人が躓かないようにするためにその石を取り除こうとしています。「泣き寝入りしたくない人のための本人裁判のススメ」の著者の眤写聖劼気鵑眛韻犬海箸鮓世辰討い泙后7茲靴銅分の利益のためではありません。ブログがランキング1位になったからと言って何らの特典もありません。
 
また、「ブログランキングしか関心がない」も甚だしく事実を誤認しています。他のことには関心がないなどとどうして言えるのでしょうか。その主張の根拠は極めて薄弱です。そういう薄弱な根拠でもって批判してもそれは説得力に欠けます。事情に疎い人の中には「なるほど」と思う人がいるとしても、批判されている当事者からすれば「何言ってんだ」となります。

ブログのランキングを上げることは、ブログを一人でも多くの人に知って貰うための一つの手段です。私は、ランキングを上げるための協力を訪問者の方々にお願いしています。私の呼びかけに快く応えて頂いている方々に対して、松田さんの発言は無礼この上ありません。
 
松田さんは、毎日ハッピーさんに対して、コメントが不適切だったとして謝罪をしました。そして、そのコメントを削除しました。松田さんは、かつて私に対しても誤った指摘をしました。私の反論に対してすぐに謝罪しました。しかし、今回、私のブログに賛同して頂いている方々に対しては謝罪していません。松田さんに謝罪をお願いしたいと思います。 
 
 
 
イメージ 1
    

この記事に

閉じる コメント(32)

顔アイコン

>人の落ち度をあげつらう人に限って自分の落ち度には無頓着ということでしょうかね。

やや短絡的な見解じゃないですかね。
松田さんと「心に生きる」さんの応酬について、私見を述べさせていただきます。
どちらの味方というわけではなく、あくまで事実、おおげさに言えば、その裏に存在する真実といったものについてです。
こうした感情の縺れというのは、実は、些細な行き違いが、その端緒となっている場合が極めて多いものです。
今回の応酬の大元は、2014/10/24(金) 午前 0:00 に作成された「コメントへの御礼 20」という記事におけるお二人のコメントです。
http://blogs.yahoo.co.jp/zihisyuppann/67515803.html
<つづく>

2015/1/17(土) 午前 0:48 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

この記事における<心に生きる>さんの次のコメントが端緒になりました。
◎◎◎
一人で戦うことの過酷さは身に染みて理解できます。
妥協出来るものと、妥協出来ないものがあります。第三者側から見れば簡単に他人事だから言える話であり、当事者にあっては簡単なものではないことです。日本人は長いものに巻かれろ的な生き方が普通とされているようで、事実を明白にすること、する人をバカにする傾向がありますが
それが日本独特の「なあなあ社会」です。これでは「悪党のやったもん勝ち」で終わるだけの理不尽容認社会なだけです。それで安心安全を求めても絵に描いた餅でしかないのに真理を求める生き方を侮蔑するのが日本のようです。
2014/10/24(金) 午前 9:46 [ 心に生きる ]
◎◎◎

2015/1/17(土) 午前 0:53 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

このコメントは、ブログ主さんの記事本文『皆様から頂くコメントには手厳しいものがあるのですが、そういうコメントを頂くことでさらに考えを深めることができます。』に応じたものと考えるのが妥当です。
また、【第三者側から見れば簡単に他人事だから言える話であり、】の「第三者」というのが記事本文中の「手厳しいコメントを寄せる人」であることは明白でしょう。
つまり、『「手厳しいコメント」を寄せる人』は第三者的立場で簡単に妥協しろと言う、という主張から始まっているわけです。
<つづく>

2015/1/17(土) 午前 0:56 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

続けて【日本人は長いものに巻かれろ的な生き方が普通とされているようで、事実を明白にすること、する人をバカにする傾向がありますが、それが日本独特の「なあなあ社会」です。】とおっしゃっています。
この「日本人」が前述の「第三者」を意味すること(または含めていること)は文脈から明らかですから、「日本人」というのが『「手厳しいコメント」を寄せる人』を指している(または含めている)こともまた明らかです。
つまり、『「手厳しいコメント」を寄せる人』は、長いものには巻かれろと主張しつつ出版社の肩を持つことで、事実を明白にする人(=ブログ主)をバカにしている(傾向がある)と言っていることになるわけです。
<つづく>

2015/1/17(土) 午前 0:57 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

一般論の形はとっていますが、そうした意図が無ければ、こうしたコメントは成立しません。
要するに、このコメントは、論理的に見て『「手厳しいコメント」を寄せる人』に対する批判になっているわけです。
この時点で『「手厳しいコメント」を寄せる人』は、わたしか松田さんぐらいしかいなかったはずですから、<心に生きる>さんは、わたしか松田さんのコメントを見て、このコメントを書いたことは間違いないことになります。
批判(非難)していない、というコメントも寄せておられますが、仮にそうであるなら、出版社の肩を持つ(という部分もある)論を展開している松田さんやわたしの見解に同意していることになりますから、これは自己矛盾でしょう。
<つづく>

2015/1/17(土) 午前 0:59 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

むしろ、堂々と批判する立場を取られるのが正解だったようにわたしは思います。
少なくともわたしはそのほうがスッキリします。論理的批判があればそれに対応して論を進めることができ、そこから建設的な考えや気づきなども生まれ得るからです。
しかし、反論を許さない形で一般論だと言い張りつつの批判はフェアではない。
松田さんがおっしゃりたかったのは、こういうことではないでしょうか。
<心に生きる>さんが本当に一般論として、それまで見ていたコメントとは一切関係のない内容をコメントされたというのであれば、そのほうがむしろ奇異と言うべきでしょう。
<つづく>

2015/1/17(土) 午前 1:01 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

くれぐれも申し上げておきますが、今回のコメントは、<心に生きる>さんへの批判ではなく(そうであれば、当時にしています)、お二人の解釈に生じている食い違いを是正したいという考えからです。
<心に生きる>さんには、最低限、あのタイミングで、あの構文では勘違いされても止むを得ない、ということをわかっていただきたいのです。
そして、批判したこと自体ではなく、批判と見えない形で批判しようとしたことに反論されたのだとお考えいただければ幸いです。
つまり、大いに議論して良い状況ではないのですか、ということを言いたかっただけで他意はまったくありませんので、どうかご了承ください。

2015/1/17(土) 午前 1:11 [ itoshiki_Yan ] 返信する

> itoshiki_Yanさんへ
私は一切お二人を意識して発言はしていません。お二人の発言を否定するのであれば必ず〜さんへとお名前を表示して発言します。
私は、あくまでzihさんにコメントしたまでです。
私はそんな卑怯な人間ではありません。
実名で答えている者と匿名で答えている者の違いです。
相手を特定して避難するのでしたら実名で堂々としてください。
私の友人が出版者の無慈悲な扱いを受け利用され悔しさの日々をおくっています。弁護士に相談してもこうした出版関係の紛争に詳しい弁護士がいないこと、ブログで実際に受けた理不尽を知らせる手段もなく悔しさの日々をおくってしまった友人を知っているからです。
出版をする人は社会でもそう多くはいないと思います。こうした現実を訴えているこちらのブログ主さんの行動に驚いたことです。

2015/1/17(土) 午前 11:54 [ 告発の行方 社会正義を求めて ] 返信する

ブログ主さんが、現在調停中とのこと。
調停も時間がかかる作業です。その結果もブログで報告すると言われています。納得いくまで出来るまで行動するというブログ主zihさん
一つ小石を投げれば大なり小なりさまざまな波紋の中に立たされます。私は支持する側支持しない側の中で、ブログ主さんが承知であらゆる角度で示して行こうとしているのが理解できたことで、最後まで納得するまでやってみてください。それをブログ主さんに伝えていただけです。ご本人も実名で本当はしたいがと言われている伝えられない事情は当事者の弱い立場でもあります。私はその立場を理解しています。

2015/1/17(土) 午後 0:10 [ 告発の行方 社会正義を求めて ] 返信する

顔アイコン

<心に生きる>さんへ。

>私は一切お二人を意識して発言はしていません。

前回申し上げましたように、『あのタイミングで、あの構文では勘違いされても止むを得ない、ということをわかっていただきたい』ということをぜひ確認していただければ、と思います。
つまり、「非難していると受け取られても仕方ないな」という認識をお持ちいただくのが妥当ですよ、ということなんです。
そうすれば、松田さんは、<心に生きるさん>に悪意があってわざわざ反論のコメントをしたわけではない、ということもおわかりになると思うのです。
要するに、松田さんとしては、反論に対する反論のつもりですから、<心に生きる>さんに対する悪意でないことは明白ですよね。
<つづく>

2015/1/17(土) 午後 2:17 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

それを、「わたしは非難しているのではないから、非難に対する反論ではない」と認識してしまうと、結果的に、「わたしに対する全く理不尽な個人攻撃だ」という考えになってしまうわけです。
これが食い違いであり、すれ違いの原因でしょう、ということを申し上げています。
お二人とも社会的に有意義な活動をなさっておられるわけですから、こういう方々がつまらない誤解のために無駄なエネルギーを費やすのは残念に思うゆえの発言と捉えていただければ有り難いと思います。
<つづく>

2015/1/17(土) 午後 2:18 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

国会中継などで閣僚や法制局長官などが良く言う言葉に、「私の立場上、具体的な個別の事案について発言することは不適切と考え控えさせていただきますが・・・」というのがあります。
そして、その後、(個別の事案の)当事者に対して不利になるような、あるいは法律違反に当たるような解釈を延々と展開します。
むろん、「あなたのことを言ったわけではありませんよ。個別の事案には関与しないと冒頭申し上げたでしょ」という言い訳を用意しているつもりなのです。
しかし、こんな理屈は通りませんよね?
たとえば「法律違反」という解釈を述べたなら、その発言者にすれば、その個別の事案の該当者は法律違反だと思っていることに違いはないはずだからです。
少なくとも、結果的にはそう言っていることになります。
<つづく>

2015/1/17(土) 午後 2:32 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

国会の場ならいざ知らず、ここでの議論においては、「特別あなたへの批判を目的としたわけではありませんが、結果的に、あなたへの批判になっていますね」とお認めになるほうが妥当ではないかな、と思います。
そうすれば、その内容に関して建設的な議論が進む可能性だってあるわけです。
すくなくとも、感情的な個人攻撃でなかったことは相手に伝わるでしょう。

2015/1/17(土) 午後 2:33 [ itoshiki_Yan ] 返信する

顔アイコン

木を見て、森を見ず。
たいていの議論の行き違いは、こんなところから生じます。

また、人の話を半分しか聞かない人も、よくトラブルを起こします。
熱くなっていると、人の話を最後まで、聞いていません。

なので、そんな人たちに何を言っても、もはや通じません。
言えば言うほど、もつれてしまいます。
(以上は一般論です)

松田さんもちゃんと言えばわかる人です。
ただ、熱くなってしまうと、それ以外は、見えなくなる傾向があるので、わかるように話してあげるのが、とても大変です。

心に生きるさんは今、どんなケースでトラブッているのか詳細は、わかりません。また、私のような部外者が口をはさむものではありせんが、問題になっている例のコメントを見る限りでは、私は、これは、一般論だと思います。特定の方への批判ではないと思いました。

つづく…

2015/1/17(土) 午後 6:07 [ 毎日ハッピー ] 返信する

顔アイコン

> itoshiki_Yanさんへ、
◎◎◎
一人で戦うことの過酷さは身に染みて理解できます。
妥協出来るものと、妥協出来ないものがあります。第三者側から見れば簡単に他人事だから言える話であり、当事者にあっては簡単なものではないことです。日本人は長いものに巻かれろ的な生き方が普通とされているようで、事実を明白にすること、する人をバカにする傾向がありますが
それが日本独特の「なあなあ社会」です。これでは「悪党のやったもん勝ち」で終わるだけの理不尽容認社会なだけです。それで安心安全を求めても絵に描いた餅でしかないのに真理を求める生き方を侮蔑するのが日本のようです。
2014/10/24(金) 午前 9:46 [ 心に生きる ]
◎◎◎

この、心に生きるさんのコメントは、このブログへの訪問者の一人である私から見て、一般論だと受け取りました。
当事者以外は、私と同じように一般論だと受けて止めていると思って差支えないとい思いますよ。
ただ、心当たりがある方は、自分のことを言われているのではないかと、心が乱れます。

つづく・・・

2015/1/17(土) 午後 6:18 [ 毎日ハッピー ] 返信する

顔アイコン

つづき…

このように、人のコメントを見て、自分のことではないか、と思われる方は、実は、どんなことでも、自分のことのように考え、反省できる人なのです。
他人が注意されたら、自分も気をつけよう! とする模範的な社会生活ができる方がこのタイプだと思います。

私は、思うに、松田さんもzihさんも心に生きるさんも、itoshiki_Yanさんも、そういうタイプの人間だと思います。
だから、そんなつもりはなかったのに…
という行き違いが生じて、トラブルが起きています。

松田さんとのトラブルの発端もそうだと思います。

みな社会的にご活躍されていらっしゃる方なので、誤解した後誤解された後は、自分の名誉をかけて、戦おうとします。
しかし、自分の納得のいく回答が得られないので、ますます泥沼化していく… この悪循環です。

今、松田さんとzihさんの戦いがそうです。
心が生きるさんのそのコメントは、一般論です。心が生きるさんのために、一人の訪問客として証言します。

2015/1/17(土) 午後 6:26 [ 毎日ハッピー ] 返信する

顔アイコン

> zih*s*uppan*さんへ
シロサギさんの
「ブログ主は詐欺ばかりでなく、他人の文章の一部を勝手に盗用するという、窃盗癖まであるようだな」というコメントがありましたね。

正直、私は、あなたのこのようなやり方は好きではありません。
なぜなら、シロサギさんのように解釈できるからです。

zihさんは、松田さんやシロサギさんのような方に、誤解を与える行動をお取りになっていらっしゃることを認識してください。

つづく…

2015/1/17(土) 午後 6:55 [ 毎日ハッピー ] 返信する

顔アイコン

> zih*s*uppan*さんへ

(つづき)

ただ、そんなやり方をするzihさんでも、私はあらゆる批判から、あなたを守ります。守りたいと思います。
なぜなら、この世で、果敢に悪質な出版社と対等に戦っているのは、zihさんだけだからです。
泣き寝入りしている弱い者の代わりに戦っているのです。

でも、やり方はまずい! それだけは、ちゃんと認識してください。

全部ではありません。
人のコメントを勝手に登用するのは、まずいと言っているのです。
事前にこんな内容で投稿しますが、いかがですか?
と打診する、そんな誠意くらいは必要だと思います。
そのひと手間を省いたがために、行き違いが生じていると思います。

とにかく、自重してください。
正義のために戦っているのはわかります。

松田まゆみさんにも迷惑をかけていることを自覚してください。

以上、お友達だから、厳しいことも言わせていただきました。
今後のご活躍、ますます期待しております

2015/1/17(土) 午後 6:59 [ 毎日ハッピー ] 返信する

顔アイコン

ご支援ありがとうございます。

2015/1/20(火) 午前 6:58 [ zih*s*uppan* ] 返信する

顔アイコン

>事実を正しく認識することの大切さ (←修正加筆しました)

松田まゆみ著?矛盾しとるやんけ〜。わからん人じゃのう。 削除

2015/1/22(木) 午前 9:23 [ 匿名 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事