日本文学館との契約を巡る法廷闘争顛末記

2015年4月21日、提訴しました。判決言い渡しは、2015年10月29日(木)です。

全体表示

[ リスト ]


>私のブログの読者でどれだけの人がkum*suk*2*14 さんと同じ思いを抱いているのでしょうかね
 
これは、ブログという公共媒体を通じ、あなたが私の質問に対して正直に回答してほしい、という趣旨であり、このブログの読者が私と同じ思いである、とは一言も述べておりません。
あくまでも、「証拠」として使用するため、あなたが公共の場で私の質問に答えて頂くことが目的です。
 
従いまして、再度お訊ねいたします。
「著者だというあなた」が執筆した作品の数だけ答えてください。  
 
このブログの読者が私と同じ思いである、とは一言も述べておりません。
 
確かに、「ブログの読者が私と同じ思いである」という文言はありません。しかし、kum*suk*2*14 さんのコメントにはそういう意味が読み取れます。ブログの読者もkum*suk*2*14 さんと同じように思うはずだという、kum*suk*2*14 さん思い込です。それがあるからこそ、「読者の皆さまに対して是非、正直に回答してください」となるのではないのですか。
 
あらためて質問しますが、どうしてここで「読者」が出て来るのですか。kum*suk*2*14 さんが気にするからと言っても、他の人が気にするとは限らないでしょう。それとも、kum*suk*2*14 さんと同様に他の人も気にするはずだと、言うのですか。kum*suk*2*14 さんがそう思うは自由ですが、そういう身勝手な思い込みによる主張に説得力はありません。
 
もしかしたら、私のブログの読者で、声を挙げたくても挙げられない人もいるかもしれません。もし、そうだとしたら、kum*suk*2*14 さんは、そういう読者に変わって声を挙げている(代弁している)ことになります。しかし、そうでなかったとしたら、読者にとっては実に迷惑な話です。
 
kum*suk*2*14 さんのコメントを基にしてこの記事を書いていますが、何かむなしいものを感じてしまいます。建設的な議論をしたいものです。

イメージ 1
    

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

(1)伝え忘れたことがありますので、再度コメントさせて頂きます。
あなたは本件の裁判をするとかっこよくこのブログで述べていましたが、それだけはやめた方がいいです。

昨年、私の親族が巻きこまれた事件で、私が警察や弁護士に相談するなど、その対応に奔走していたことはあなたにも話したとおりですが、まさか、その間にあなたが増刷費用の件でブログ炎上させてまで、このように問題を拗らせてしまうとは思ってもいませんでした。
親族の事件がようやく解決したと思ったら、今度はあなたが事件を起こしてしまい私は愕然としました。

しかし、私の代理人であるあなたが引き起こした本件について、私は著者として責任を重く感じたことから直ぐに出版社に電話して、Tさんに謝罪しました。
「○○さんに上手く騙されてしまいました……」と、Tさんは落ち込んだ様子でこぼしていましたよ。
たしかに、○○出版社は過去に詐欺商法で問題になりました。
しかし、今回のあなたの件とは何ら関係がありません。あなたと共に増刷契約を確認した著者の私が言っているのですから、この事は間違いない事実です。

2015/3/8(日) 午前 6:14 [ kum*suk*2*14 ] 返信する

顔アイコン

(2)悪徳自費出版社を糾弾するという大義名分のもとに、増刷契約違反を繰り返し、覚書の内容を一部改ざんしては出版社を誹謗・中傷するなど、あなたはTさんたちに、なぜこれほど酷い仕打ちをするのですか?

当然、著者の私は、あなたが踏み倒そうとしている増刷費用等については全額、著者の私が弁償しますと伝えたところ、「いや結構ですよ。○○さんと契約したのですから、気にしないでください」とTさんに断わられてしまいました。

Tさんが断った理由について、あなたは分かりますか?
この意味するところは、あなたにとって本当に恐ろしいことなのですよ。

2015/3/8(日) 午前 6:16 [ kum*suk*2*14 ] 返信する

顔アイコン

(3)今年の1月、○○○市であなたと会った際、あなたは私に対し「40万円の半分の20万円なら出版社に払ってやってもいい。俺に無礼を働いた罰だ」と、つい増刷費用の支払いを拒否している本音をもらしました。

今後、あなたが裁判を起こしても、あなたは確実に敗訴します。
そして、あなたが敗訴した場合、「40万円の半分の20万円」では済まなくなるのです。

2015/3/8(日) 午前 6:17 [ kum*suk*2*14 ] 返信する

顔アイコン

(4)拙著700部数すべての買い取り、これまで拙著を保管していた倉庫代金、覚書を故意に改ざんしてあたかも出版社が悪徳商法を行っているというデマを垂れ流し、ブログ炎上させたことによる出版社に対する信用棄損行為及び業務妨害等による損害賠償等、あなたは民事では相当な金額を支払うことになり、また、刑事告発されたならば、あなたの犯行の悪質性からあなたは実刑に処せられてしまう可能性があります。

Tさんが、私の弁償を頑なに断った理由は、おそらく、あなたの反社会的行為について、このまま放置せず、法的に厳しく対処すると捉えられるのです。

2015/3/8(日) 午前 6:18 [ kum*suk*2*14 ] 返信する

顔アイコン

(5)それでも、あなたが裁判を起こすというのであれば、それはあなたの自由です。
しかし、たとえあなたが私の元代理人だとはいえ、裁判ではあなたを弁護できません。
私にも正義感があります。
本件について、全て事実だけを証言します。

それと、クモスケと匿名でコメントしてきた私が、「著者」だとこのブログで素性を明かした理由が分かりますか?

2015/3/8(日) 午前 6:19 [ kum*suk*2*14 ] 返信する

顔アイコン

(6)クモスケであなたを糾弾すればするほど、あなたは「著者」だと詐称し私のペンネームを隠れ蓑にしているから、結果として、私が私を批判してしまうことになるのです。
そのことにより、何も知らない読者や私の支援者の方々が、あたかも私が反社会的行為を繰り返していると誤解してしまうからです。

そのことについてもあなたは計算済みで、わざとこのブログを炎上させていると、ようやく私が気づいたからなのです。

最後に、あなたはこれまで「著者」だと詐称し出版社に圧力をかける目的で利用してきた読者に対し、このブログ上で速やかに謝罪すべきです。

2015/3/8(日) 午前 6:20 [ kum*suk*2*14 ] 返信する

顔アイコン

(7)さらに、今回、松田さんがあなたの不法行為を糾弾したため、本件では何も関係なかった松田さんを逆恨みして、「ストーカーまがいの嫌がらせ記事」を執拗に掲載してきたことに対し、あなたは松田さんにきちんと謝罪してください。
当然、その破廉恥な記事は即刻、あなたのすべてのブログ上から削除してください。

そして、あなたの反社会的行為の一番の被害者である出版社に対し、誠心誠意を持って謝罪し、速やかに増刷契約を支払うべきでしょう。

あなたが人間としての良識を取り戻し、これらのことを実行してくれたならば、私は、あなたの反社会的行為に対する警察の刑事告訴を取り下げます。

2015/3/8(日) 午前 6:21 [ kum*suk*2*14 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事