日本文学館との契約を巡る法廷闘争顛末記

2015年4月21日、提訴しました。判決言い渡しは、2015年10月29日(木)です。

全体表示

[ リスト ]


事の真相 その1   ← 全文です。

私がブログで出版社との交渉を「著者」として公開しているのは、私が契約上の「著者」であるからです。「本当」の著者は、雲助さんが「暴露」した通りです。しかし、「本当」の著者が誰であろうと、私が著者として出版社と契約した訳ですので、私が著者として契約について疑問に思うことを出版社に問いただし、その過程をブログで公開することは何ら問題はありません。それは、契約を結んだ私に認められた権利です。

私が出版社名や著者名(ペンネーム)を明らかにした上で出版社と争っているのなら、雲助さんが著者として快く思わないのは当然です。しかし、私は、どの出版社から何という本を出版したのかということは何ら明らかにしていません。雲助さんはとんでもない勘違いをしています。

本を書いたのは雲助さんであっても、出版の契約をしたのは私なのです。契約を巡るトラブルの責任は、すべて私にあります。ですので、私は、なぜこういうこと(トラブル)になったのかというその原因を究明し、その解決に向けた交渉の過程をブログに公開しているのです。

私は、出版社がその解釈の正当性を明確に説明しさえすれば支払いに応じると何度も表明しています。これに対して、出版社は、請求金額を変更したことを理由にして私が求めている「根拠」の開示を拒んでいます。

これは、出版社が合理的な説明ができないということを認めたということです。認めたからこそ、その事実を隠ぺいするために屁理屈をこねているのです。出版社にとって、その解釈に誤りがあったということになれば、新たに別の問題が生じるのです。だからこそ、出版社は、その事実を隠ぺいせざるを得ないのです。

    イメージ 1        にほんブログ村

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私が支払いを拒否していることをなぜ出版社は裁判で争おうとしないのか。それは、そうすることが「墓穴を掘る」ことになるからです。訴えたくても訴えられないのです。

2015/3/30(月) 午前 10:48 [ zih*s*uppan* ] 返信する

おはようございます(^^)。

今日も笑顔で素敵な一日を過ごしましょう!

2015/3/30(月) 午後 0:57 mamamiyuki 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事