日本文学館との契約を巡る法廷闘争顛末記

2015年4月21日、提訴しました。判決言い渡しは、2015年10月29日(木)です。

全体表示

[ リスト ]

 
 
もしかしたらzih*auppan*氏は、ここまで事実が暴かれてしまったにも関わらずkum*suk*2*14氏の言っていることが事実かどうか確認できないから「説得力がない」といって否定し、開き直るつもりなのだろうか?
 
zih*auppan*氏のブログ読者の方たちは相変わらずこんなデタラメの詐欺師のブログを訪問して「ナイス」を押している。ろくに記事本文やコメントを読んでいないか、完全に騙されているかのどちらかだろう。この期に及んで騙されていることに気づかないとは、お気の毒なことだ。
 
アクセス数を増やすために相互訪問して「ナイス」を押しあうという、不純な動機による訪問ごっこをしているから、見抜けないのである。
 
なお、zih*auppan*氏は私のこのブログもチェックしているだろうから、最後に一言いっておきたい。私に対する批判記事は名誉毀損であるから削除をしていただきたい。また、zih*auppan*氏は他にも複数のブログを書いているが、そちらにも名誉毀損ならびに著作権侵害の記事があるので、削除をしていただきたい。
 
 
松田まゆみさんは、「ここまで事実が暴かれてしまったにも関わらず」と言っています。しかし、何をもって「事実」であると言うのでしょうか。雲助さんが「本当」の著者であることは間違いありません。しかし、「本当」の著者が言っているのだから「真実」であるとは限りません。雲助さんにとって不都合な事実があるとすれば、それを隠そうとしてもおかしくありません。さらには、雲助さんが事実を誤認(錯覚)している場合だってあります。
 
実際、雲助さんは、私が雲助さんと約束したことを守らなかったと言っています。その約束がどんなものであったのかについて、私と雲助さんの認識は食い違っています。すなわち、私は、雲助さんとはそういう「約束」をしていません。口約束ですので、「言った」「言わない」の水掛け論になってしまいます。雲助さんの言っていることは、これまた説得力に欠けます。
 
松田さんは、説得力に欠ける雲助さんの言っていることを全面的に信用しています。それは、「北の論客」とまで言われる松田さんらしくありません。私が思うに、松田さんにとっては、私を批判する上において、雲助さんの情報提供は都合のいいものであったために、松田さんは安易にそれを利用したのです。雲助さんにとっても同じことが言えます。雲助さんも、私を批判する上において、松田さんの存在が「渡りに船」だったのです。

雲助さんがなぜ私を批判しなければいけなかったのか。それは、雲助さんの作家としての名誉を私が侵害していると錯覚したからです。私は、ブログでは雲助さんの個人情報は何も公開していません。ですので、ブログの読者は、何ら具体的な事実(出版社名、著者名、書名)を知ることはできません。

ブログの読者は、雲助さんが告白するまで「本当」の著者は他にいることを知りませんでした。知らなくても何も不都合はありませんでした。むしろ、雲助さんが告白したことによって訳がわからなくなったはずです。実に迷惑な話です。

出版社と揉めているのは、覚書の買取り部数の解釈の妥当性です。ですので、誰が著者であるかということは関係ありません。雲助さんが「自分が著者である」と告白したことは、まったく筋違いというものです。

私を松田さんや雲助さんがどんなに口汚く批判しても構いません。しかし、私を批判するだけでなく、私のブログの訪問者(読者)を愚弄することは、とても容認できません。「この期に及んで騙されていることに気づかないとは、お気の毒なことだ」とか、「不純な動機による訪問ごっこをしている」とか、よくもそういうことが言えるものです。
 
松田さんは、匿名でブログを開設している人に対する見下した差別意識があります。そういう意識があるために、どんなに口汚く批判したとしても、それは名誉毀損には当たらなという訳です。しかし、松田さんが実名でブログやツイッターを活用していることは評価されるとしても、そのことが匿名でブログを活用している人を見下していいということにはなりません。
 
松田さんは、「私に対する批判記事は名誉毀損であるから削除をしていただきたい」と言っています。松田さんのその主張が通用するのは、名誉毀損しているという事実が裁判で認められた場合のみです。松田さんにとっては名誉毀損という認識であっても、批判した人にとってはそうでないとしたら、松田さんの言っていることは身勝手この上ないとしか言いようがありません。

批判された側の多くは、その批判が筋違いのものであると反論します。意見の相違が生じるのは、相手の主張していることを正確にとらえていないことに起因します。認識の相違があればそこから違う結論(意見)が導く出されるのは当然です。

批判が不当なものであるとして、その批判の削除を求めるのは自由な議論を封じるものです。批判が間違っているのなら、その間違いを指摘すればいいはずです。どちらの主張が正しいかは、第三者に判断を委ねればいいはずです。

松田さんの批判はとんでもないと言わざるを得ません。しかし、私は、私を批判する記事の削除は求めません。それは、記事を削除して済むことではないからです。私は、その記事はそのまま残した上でその訂正と謝罪を求めます。
 
松田さんは、「zih*auppan*氏は他にも複数のブログを書いているが、そちらにも名誉毀損ならびに著作権侵害の記事があるので、削除をしていただきたい」と言っています。しかし、これでは説得力はありません。それに説得力を持たせるには、どの記事がそうなのかということを具体的に指摘すべきです。
 
松田さんは、私のブログに初めてコメントした時、コメントした記事を削除しないように要求しました。それは、記事を削除すればコメントも削除されてしまうからです。松田さんの言っていることがどこまで本気なのか理解に苦しみます。


                                           にほんブログ村

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんにちは

おかしな方向に向かってるように見えます。
ナイス&ぽち

2015/3/30(月) 午後 4:05 [ 杉原 ] 返信する

顔アイコン

おかしいことこの上ありません!!

2015/3/30(月) 午後 4:06 [ zih*s*uppan* ] 返信する

顔アイコン

そうですね。
そろそろ桜も開花し始めましたからね(笑)

>私を批判するだけでなく、私のブログの訪問者(読者)を愚弄することは、とても容認できません

う〜ん、その前に「著者です」と、このブログの読者を欺いたあなたが、まずは謝罪するのがスジってもんですよ (笑)
その件は、どうしたんですか?

2015/4/1(水) 午後 11:00 [ kum*suk*2*14 ] 返信する

顔アイコン

>それにしてもまだ揉めてるのかい(笑)

金の問題ではありません。出版社のいい加減な姿勢を糾弾することで私と同じような間違いをする人が出ないことを願っています。

ネットにそういう出版社の悪質ぶりを記録として残すことに意味があると私は思っています。

私が躓いた石をそのままにしていたら、他の人が私と同じように躓くことになりかねません。ですので、私は、その石を片付けようとしているのです。

2015/4/1(水) 午後 11:17 [ zih*s*uppan* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事