ここから本文です
ずくなし
「めんどうくさがりや 」という方言

私的 解禁



まったく何も予定してなくスタート




いつもの思いつき









イメージ 1














やっぱり、蒲田に行きたかった



天気すら調べずに





とーぜん、ベストの中身も確認せず(笑)















イメージ 2









久々に作ったロッドの調子見がてら


















イメージ 8
















ハッチ(シロハラ)はあまりないが、ライズは散見される
写真はフタバでしょうか?

























イメージ 3



















フタバっぽいけどフタバをパイロットはきつい

とりあえずパイロットにシロハラっぽいやつを結ぶ


このサイズで#18 

ティペットは8〜9X























イメージ 4



























このくらいのサイズが飽きないくらい釣れた









実はさすがCR区間か自分が下手なのか、から食いも多かったのも事実

シロハラのハッチもまばらでダン自体も流下があまり見られなかったが、腕が
悪いのかフライの選択が悪いのか(どっちも)見切られることもしばし



推測だがCR区間には成魚放流も多いのだと思われる。

成魚放流の魚は釣られやすいと思いがちだが、成魚放流の魚がセレクティブになると手がつけられない。


実は写真のヤマメのように稚魚放流や発眼卵などで成長した個体のほうが釣りやすいと推測

























イメージ 5

















あまり、やりたくなかったけど、お腹を少し拝見させていただきました。









ポンプはあるもシャーレがないじゃん(笑)






恥ずかしながらほとんどこぼしながらフライボックスのふたに




フタバにマエグロ、シロハラ





確かに風が吹いてたのでマエグロでもいいと思ったけど、似てるフライがありません。


結局はシロハラパターンで通した。



















午後も回ると、風が吹きはじめハッチもほとんどない









プールの下流でたま〜にライズするのみ


ハッチの正体がわかりません。











イメージ 6













意地になって釣ったら・・・・






ニ ジ マ ス じゃん(そうですよね?)










実はヤマメ4匹に1匹はニジマス(ホウライマス?)が釣れてたのも事実

放流しているのでしょうか????




ヤマメはいっぱいいましたがね〜(でかいのは釣れません)











イメージ 7












今度はペットボトルの蓋で



このニジマス?もフタバのイマージャー風(#20)


一番苦手なフライです



でも、久しぶりに楽しかった〜








忘れてた



ロッドのインプレ




狙った通り、少し弱めな感じ





私的にはかなり良い感じ












































この記事に

目的は違うけどどうせならの交換













イメージ 1














セロー号とは違い簡単にフロントアップはできないので

ちゃんとしたスタンドで(笑)







ついでにキャリパーも揉み出し





イメージ 2
















フロントフォークだけを取り出す


















イメージ 3










完全に分解するのではなくバネを取ることが目的(油面調整したいため)
















イメージ 4














オイルを排出して
























イメージ 5














油面調整(A6は117±2mm)しました















イメージ 6










あとは組み付けだけどさすがは重量車


トルクレンチで

























イメージ 7











セローは手ルクレンチだったけど







備忘録







この記事に

またまた、セローネタ










本当はZRX号のフォークオイル交換を企んでフォークオイルを購入したのですが
ついでなのでセロー号も











イメージ 1











本当はちゃんとリフトアップしなければならないけれどビールケースで!
















イメージ 2



















さくっと、タイヤを外しフォークも外す


















イメージ 3

















サクッと分解





シールは大丈夫なのであくまでオイル交換

















イメージ 4




















フォークオイルとインチキ油面調整機


















イメージ 5
 









規定の油面量までオイルを抜いたらあとは組み付けるだけ











5MPの場合オイル量は355ccで油面は 147mmらしい




備忘録

この記事に

悩む〜

イメージ 1





















この時期の病気(笑)

この記事に

ブレーキOH 組み立て編

イメージ 1











そこそこ綺麗にしたパーツ類



以前は綺麗にしただけなので今回はシール類も交換

















イメージ 2

















特にマスターはあっしーで交換



※ アッセンブリーと言ってもピストンパーツのみ















イメージ 3















このスナップリングプライヤーは購入してよかった〜






















イメージ 4




















ピストンもそこそこ綺麗にして



















イメージ 5

















マスターも組み付けて




















イメージ 6

















はじめて使うフルード






















イメージ 7















エアー抜きをして終了










リアもついでにやりました






備忘録








この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事