バイクのお医者さん 道楽屋のブログ

お蔭様で、訪問者数20000を超えることが出来ました。皆様どうもありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

以前アップロードしました
Windows10から復元したWindows7が
起動しなくなるエラーに関しまして

tmel.sysが壊れてます? (2016/2/2)
http://blogs.yahoo.co.jp/zx900a3_uk/49135374.html

aさんから
貴重な情報を頂きましたので
その具体的な対応方法を
説明したいと思います

本件に関しましては
前もってお断りしておきたいのですが

トラブルが発生する環境が
再現できていませんので

この対応方法により
起動できるようになるかどうかの
実際の検証は出来ていません

また、無責任な話ではありますが
時間の都合で作業の画像しか撮れてなく
作業を実施した結果は確認できていません

なので最悪の場合は
OSが起動しなくなる可能性もあることを
ご承知おき、ご理解ください
※実施する前に必ず各種のバックアップを取ってください

また詳細な説明や 解説とか
実施の実行結果、実施した場合の問題点などは

後日時間が取れ次第
また報告させて頂きます

それと今週は外出中のため
確認するべきテスト機も手元にも無く

ご質問に関しても回答が遅れますこと
悪しからずご理解ください

それでは
前置きが長くなってしまいましたが
具体的な解説を始めさせて頂きます

aさんからの情報内に記載されています

>WinPEでtrendmicro関連のレジストリを消すことで起動できました。

このWinPEとは
正式名称を「WinPe-tch Direct」と言って
「魔法のキキ」さんが開発したアプリで

魔法のキキv3
http://kiki2.suppa.jp/

最新版はVectorからダウンロードできます


イメージ 2

今回は時間の都合でこのソフトは使用せず
Windows7の修復ディスクを使って説明します

Windows7の修復ディスクの作成方法は
下記の記事を参照ください

Windows7バックアップの作成(2016/4/28)
http://blogs.yahoo.co.jp/zx900a3_uk/49270040.html

先ず
Windows7の修復ディスクから起動します

イメージ 3

キーボード入力方式を選択する画面で
「Microsoft IME」が選択されていることが
確認できたら「次へ」ボタンを押します

イメージ 4

イメージ 5

修復するオペレーションシステムに
Windous7が選択されていることが確認できたら
「次へ」ボタンを押します

イメージ 6

システムの回復オプションの選択画面では
「コマンド プロンプト」を選択します

イメージ 7

コマンドプロンプトが表示したら
(X:\windows\system32>)

キーボードから「regedit」と入力して
「Enter」キーを押します

イメージ 8

イメージ 9

>レジストリは以下のファイルから読みだす必要があります
>C:\Windows\System32\Config\SOFTWARE
>C:\Windows\System32\Config\SYSTEM

この具体的な実施方法は

レジストリ エディターが起動したら
「HKEY_LOCAL_MACHINE」を選択し

イメージ 10

上のメニューバーの「ファイル」から
「ハイブの読み込み」を選択します

イメージ 11

この時
「HKEY_LOCAL_MACHINE」が選択できていないと
「ハイブの読み込み」はグレーになって
選択できませんのでご注意ください

イメージ 12

読み込む「ハイブ」を探す画面で
最初に表示されているのは
修復ディスクのSystem32なので

左の枠内の「コンピューター」をクリック

イメージ 13

次の画面で
修復すべき領域をダブルクリックします
※ドライブ名は変動するためサイズなどで判断

イメージ 14

修復すべき領域(ドライブ)が開いたら
「Windows」をダブルクリック

イメージ 15

続いて画面を下にスクロールさせて
「system32」をダブルクリック

イメージ 16

次に開いた画面で
「config」を探してダブルクリック

イメージ 17

「SOFTWARE」を選択して
「開く」ボタンを押します

イメージ 18

読み込むキーには
任意の名前を付ける必要があるので
後で判別しやすい名前を付けて
「OK」ボタンを押します
※ここでは「Offline-SOFTWARE」

イメージ 19

次にもう一度
「ハイブの読み込み」を選択して
今度は「SYSTEM」を選択して開きます

イメージ 20

ここでも任意の名前を付けて
「OK」ボタンを押します
※ここでは「Offline-SYSTEM」

>レジストリ上は「trend m」と「trendm」で検索して該当先を削除。

これに関しては以下の作業を実施します

イメージ 21

上で作った「Offline-SOFTWARE」
これを右クリックして「検索」を選択します

イメージ 22

検索のダイアログボックスには
「trend m」と入力し
「次を検索」ボタンを押します

イメージ 23

該当する「キー」が検索され表示されたら

イメージ 24

画面の左側の欄の「キー」を選択して
右クリックで削除します

イメージ 25

確認ボックスが表示されるので
「はい」ボタンを押します

イメージ 26

次の「キー」を検索するために
「F3]キーを押します

次に検索され表示された「キー」も
上記と同様の方法で削除します

イメージ 27

「レジストリーを全て検索しました」
このメッセージボックスが表示されたら
「OK」ボタンを押します

続いてもう一度「Offline-SOFTWARE」
これを右クリックして「検索」を選択します

イメージ 28

検索のダイアログボックスには
「trendm」と入力し
「次を検索」ボタンを押します

該当する「キー」が検索され表示されたら
上記と同じ方法で削除し次を検索します
※上記同様「F3」キーを押す

イメージ 29

「レジストリーを全て検索しました」
このメッセージボックスが表示されたら
「OK」ボタンを押します

以上で合計45から55個程の
「キー」を削除することになります
※数が多くて大変ですが必ず実行してください

中には「アンインストール」内の情報や

IEなどのブラウザーに表示される
「トレンドマイクロ ツールバー」の
表示のON、OFFなどの情報とか

OSの起動には
全く関係の無い項目も含まれるのですが

この要、不要の判別もまだできていないので
全て削除することにします

イメージ 30

続いて削除した「キー」の状態を反映するため
上で作った「Offline-SOFTWARE」を選択して

イメージ 31

上のメニューバーの「ファイル」から
「ハイブのアンロード」を選択します
※意味としては変更内容の保存

通常のレジストリーの変更とは異なり

この作業を実施しないと
「ハイブでの読み込み」で外部接続した

削除や変更した内容は保存されないので
確実に実施するようにしてください

また、
「Offline-SOFTWARE」が選択できていないと
「ハイブのアンロード」はグレーになって
選択できませんのでご注意ください

イメージ 32

確認のメッセージが表示されたら
「はい」ボタンを押します

イメージ 33

続いて同様に
「Offline-SYSTEM」を選択して
「ハイブのアンロード」を実施します

イメージ 34

二つのハイブのアンロード(保存)が終わったら
「Offline-SOFTWARE」、「Offline-SYSTEM」
両方の表示がなくなります

イメージ 35

ここまでの作業が終わったら
レジストリ エディターを終了させます

イメージ 36

コマンドプロンプトの画面に戻ったら
「exit」と入力して「Enter」キーを押します

イメージ 37

システムの回復オプションの画面に戻ったら
「再起動」ボタンを押します

これで無事Windows7が再起動できれば
当面の問題は解決ですので

NTTセキュリティツールをアンインストールして
再度インストールし直してください
※できれば最新版をインストールしてください

このトラブルでお困りの皆様のPCが
無事修復されることをお祈りいたします

それで
今回の内容が検証できましたら
また次回報告いたします

また上記「WinPe-tch Direct」の作成方法と
使用方法も後日解説しようと思っています

※最終的な解決方法をアップしました
tmel.sysが壊れてます? (解決方法のまとめ)2016/6/10
http://blogs.yahoo.co.jp/zx900a3_uk/49336473.html

※こちらは不具合の現象を再現した結果です
tmel.sysが壊れてます(再現できました)2016/6/9
http://blogs.yahoo.co.jp/zx900a3_uk/49336156.html

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

FMV Bibloにて同じ状況に陥りました。
他の方法にてtmel.sys問題を回避して通常の状態へ戻すことが出来ました。(この方法を見つける前だったので)

NTT西日本関連のソフトは削除、スタートアップ(Run)に入るので削除。
なぜかWindowsUpdateが通らなかったのでKB3153199にてアップデート。
解決ナビが入ってると必ずループに陥るのは確認したので消しました。

同条件ですと必ずこのパターンに入るようです。

2016/6/7(火) 午後 11:17 [k] 返信する

> [k]さん
コメントどうもありがとうございます
かなりご苦労なされたようですね
お気持ちお察しします

他にもかなり多くの方が同じトラブルを抱えられているようです

今回 a さんからの情報を元に
レジストリ構造を調べていて

やっとこのエラーを再現させることができたので、また原因と対策をアップしようと思ってます

2016/6/8(水) 午前 2:14 [ 道楽屋 店主 ] 返信する

顔アイコン

情報ありがとうございます。
私の場合はSYSTEMのみtrendで検索し20箇所くらいの削除で起動できました。とりあえず起動だけならSYSTEMのみでいけそうです。 削除

2016/6/9(木) 午後 1:21 [ おおむかい ] 返信する

> おおむかいさん
コメントどうもありがとうございます

仰るとおりです
起動だけであればSYSTEMだけのハイブで解決出来そうですね

再現した環境では「tmel.sys」の検索で1件の削除で起動しました

その辺りも含めて、最終の対処方法を今夜アップロードする予定にしています
(^ ^)

2016/6/9(木) 午後 3:09 [ 道楽屋 店主 ] 返信する

顔アイコン

NEC Mateで同じ現象に陥りまして、途方にくれていましたが、当サイトを作成して下さってたお陰で、無事修復できました!!
本当にありがとうございましたm(__)m
感謝!感謝です(T_T) 削除

2016/6/16(木) 午後 9:53 [ おこめ ] 返信する

> おこめさん
お役に立てて何よりです

私が最初にこのトラブルと遭遇した時に
諦めてなければ、もう少し多くの方の力になれたのですが
と、少し後悔しています

それと
まとめの本文にも書きましたが
皆様からの多くの情報がなければ
対応方法にもたどり着けなかったと思っています

なので
私の方こそ、皆様に感謝しています

本当にありがとうございます

2016/6/16(木) 午後 10:37 [ 道楽屋 店主 ] 返信する

顔アイコン

話題の時期遅れの投稿で申し訳ありません。
当時のWindows10Updateトラブルの時に仕事の都合で別のPCを使用し、
6ヵ月間放置していましたが、再インストールする前にと思い、
紹介くださったレジストリ削除を試しました。
当方はNTTセキュリティツールを使用していませんが、
見事にきれいに復活することができ、驚き、感激しています。
一言お礼が言いたく、コメントさせていただきました。
ありがとうございました。

2016/12/3(土) 午後 1:18 [ ogi*ara** ] 返信する

> ogi*ara**さん
コメント頂きまして
どうもありがとうございます

お役に立ててとても嬉しいです
また、お礼の言葉まで頂いて
大変恐縮しています

こちらこそ
どうもありがとうございました

今後とも、宜しくです

2016/12/3(土) 午後 4:38 [ 道楽屋 店主 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事