ここから本文です

カテゴリ

トップ>  カテゴリトップ>  芸術と人文>  文学>  

ノンフィクション、エッセイ

201515件の登録された記事があります。そのうち1〜20件を表示しています。

全10076ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]

  • ノンフィクション、エッセイに登録されている記事
  • RSS ヘルプ
  • 【どんな未来も受け入れなさい】
    7月21日 15:52
    『母娘練習曲』中井じゅん(ハルキ文庫2001/1/18)郷田七海、30歳、子持ち、バツイチ。男やもめの指揮者黛俊作との交際も順調だが、俊作の娘真琴は亡き母への思 ...
    【どんな未来も受け入れなさい】
  • お笑いタレントの処罰と日本の未来
    7月21日 15:39
    嘘は確かに良くはないが、嘘をついたことがない人間など一人もいない。いわゆる闇営業、反社との交流問題で記者会見をしたタレントの宮迫と田村亮の姿を見た率直な感想であ ...
  • 【死んじゃいたいと思っているのに】
    7月21日 11:49
    『最後の晩ごはん 師匠と弟子のオムライス』椹野道流(角川文庫2015/12/25)兵庫県芦屋市にある夜だけ営業の定食屋『ばんめし屋』に元イケメン俳 ...
    【死んじゃいたいと思っているのに】
  • 曇っています。
    7月21日 11:13
    相変わらずの梅雨空です。日曜日です。もう夏休みです。
    曇っています。
  • 【年をとっても、今だからこそできることがある】
    7月21日 10:01
    『花ひいらぎの街角 紅雲町珈琲屋こよみΑ抖髪米遽(文春文庫2019/6/10)秋のある日、草のもとに旧友の初之輔から小包が届く。中身は彼の書いた短 ...
    【年をとっても、今だからこそできることがある】
  • 判断と決断
    7月21日 09:16
    「正しい判断力が身に付いて、初めてよりよい決断ができる」決断と判断は違います。決断とは正解がありません。それまで得た知識、経験だけでは正しい答えが見つからない ...
  • 【嫌だなってことを】
    7月21日 09:04
    『ガール・ミーツ・ガール』誉田哲也(光文社2009/4/25)『疾風ガール』の続編柏木夏美はデビュー間近の事務所期待のミュージシャン。けれどもビジネスモードな大 ...
    【嫌だなってことを】
  • 新潟へ
    7月21日 08:22
    身内の不幸で新潟に来ています。今日一日葬で終わらせる予定。新潟はどんよりとした天候、札幌より少し気温は高いようで、湿気が多い。葬儀は今日の午後からだが、昨日は1 ...
  • よわい子グラスのバラバラ事件。
    7月21日 07:07
    おはよう!くもり。どんどん天だ。いやぁ、、、そういう事があるとは知ってはいたけど。。。それは突然にバクハツしたのさ割れにくいのを理由に使っているデュラレックスの ...
    よわい子グラスのバラバラ事件。
  • 【人として本来すべきこと】
    7月21日 06:39
    『幸せの条件』誉田哲也(中央公論新社2012/8/25) 新燃料・バイオエタノール用にコメを作れる農家を探してこい!」突然の社長命令を受け、片山製作所・伝票整理 ...
    【人として本来すべきこと】
  • 雨上がりの森の風景−深夜に降った大雨▼
    7月21日 02:32
    森の中の、舗装されていない路面には、昨夜の大雨の痕跡が残っている。土が柔らかいのだろう、水流にえぐられた跡が路面を横切っている。そうして、えぐられて溝になった中 ...
    雨上がりの森の風景−深夜に降った大雨▼
  • 思惑。
    7月21日 00:43
    7月の暑い日、偶然にも同じビルの中の会社で働いていた元カレ(←これから“OK”と呼びますね。昔っから誰が何を言っても『あ。OK!』って言うのが癖だから(笑))か ...
  • やくざの息子には
    7月21日 00:34
    高校時分、同じクラスにやくざの組長の息子Mがおった。おとなしい奴で、風吹いただけで横に持っていかれそうな細い身体。ふつうなら、いじめの対象になってる。どう見ても ...
  • 能登の旅
    7月21日 00:32
    今年も7月がきた。月末に、家族で恒例の能登の旅をする。我が子が4歳のときにキャンプ始めたから、30年は経つか。いまは孫もおらんからキャンプはでけんにしても、能登 ...
  • 『オマエ』と呼ぶオトコ。
    7月21日 00:19
    続きですm(_ _)mお気付きかもしれませんが…この元カレ、あたしのことを《オマエ呼ばわり》します。実の父でさえ、あたしを《オマエ》と呼ぶ事はあまり無いのですが ...
  • 友だち(高校生時代)
    7月20日 23:33
    わたしは、むかしからあまり特定の友人に限定せず、たくさんの仲間と付き合うことが多い。ただ、高校生時代だけは、決まった数人の友だちと過ごす時間が大半であった。中学 ...
  • 私ね
    7月20日 22:54
    奄美大島のトトロの世界のようなところで育った私が、 どうしてなのか、10代の終わり頃から洋楽が好きになりました。 歌詞の意味など全く解らないのに、 ...
    私ね
  • 世間知らずな蝉
    7月20日 20:59
    何年もの間土の中にいた蝉は温もり以外の何も知らない今、蝉たちは早送りで人生の授業を受けているんだビービービージージージーあの鳴き声は初めて悲哀を知った蝉の悲鳴だ ...
    世間知らずな蝉
  • グローバルな地層
    7月20日 18:42
    地域に於ける約40年の歳月を観察してみると、新しい集合団地が造成されて交通機関と大型スーパー経済中心の時代になったが、これで完成ではなく中間領域である。農業分野 ...
  • ヴァージニア・ウルフ二冊の評伝――黄昏のロンドン...
    7月20日 16:22
    一冊は歴史と時間を隔てたアメリカの研究者の手になる客観的な本、もう一冊は、当事者たちの子供の世代が書いた、回想の書である。私は、先に初めてヴァージニア・ウルフの ...
    ヴァージニア・ウルフ二冊の評伝――黄昏のロンドン...

全10076ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]