ここから本文です

カテゴリ

523321件の登録された記事があります。そのうち1〜20件を表示しています。

全26167ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]

  • 読書に登録されている記事
  • RSS ヘルプ
  • 叶いませんの語源、希望の実現が困難である、夢、願...
    6月18日 14:54
    希望、目標など出来る事なら実現させたいと人間は努力します。 しかしその願い、夢が実現不可能な時には「ka n-ai=叶い」ませんと言います。強い敵と戦う時にも ...
  • 無いの語源、ヒエログリフとアッカド語由来の言葉
    6月18日 14:31
    「n-ai=無い」無い尽しと言う表現があります。ヒエログリフ辞典とアッカド語辞典を調べてみるとこの言葉は二つの言語の合成語だと分かります。ヒエログリフとアッカド ...
  • どちらにも・・・投稿
    6月18日 13:11
    実は、最後までは続けるつもりです。”雑学”については、どこに行っても続けれますからね?齢をとれば、物忘れもでてきますけど・・・・?そればかりではないんですy。意 ...
    どちらにも・・・投稿
  • 姑獲鳥の夏
    6月18日 13:07
    ★大英雄が無色で何が悪い 02十文字青オーバーラップ文庫★賢者の孫6〜7吉岡剛ファミ通文庫★姑獲鳥の夏京極夏彦講談社文庫★異世界魔導古書店暁中麦茶 ...
  • 嗜みの語源、二人以上いる時の良い行動
    6月18日 09:40
    一人でいる時には「嗜み」は必要ないでしょう。付き合う相手が、「ミーヌ・メーヌ=目に前の」目の前に居る時には「ta-shina=タシナ」「ミ=身」、「嗜み」が ...
  • よしなにの語源、相手に言う言葉、貴方の次、二番目...
    6月18日 09:31
    「良しなに」と言う表現にも、「shina=二つ、二番目」が含まれています。貴方にお願いします。貴方自身の事、を最初に考え、「次に」我の事も考えて下さい ...
  • 「帰還」堂場瞬一
    6月18日 09:09
    2019年4月5日第1刷発行発行所文藝春秋著者1963年茨城県生まれ。表紙に使用されているのは日本の工場夜景で一番美しいと言われている四日市コンビナート。今から ...
    「帰還」堂場瞬一
  • 品物の語源、売る為の物、お家での食用ではない、買...
    6月18日 08:27
    なぜ「売る為の生産物=商品」を「shina=品」物と言うか理由が分かりました。自分のお家で食べる物は「品物、商品」ではない事が分かります。買手を探して「売る」生 ...
  • タンチャ・メーヌ浜の語源、海の側のミーヌ・メーヌ浜
    6月18日 08:13
    「タンチ」と同じ音を含む言葉が二番目ではない海の直ぐ側の浜を表す沖縄で有名な歌がある浜「t-ant-ia=タンチャ」「メーヌ=m-enu」浜です。ヒエログリフの ...
  • タンチの語源、二番目は嫌だ、今直ぐやる、逸る気を...
    6月18日 08:05
    「t-ant=tant-i=タンチ」は逸る気持を抑えきれずに今直ぐ自分がやりたいと言い出す、「短気」の人だと分かります。「短気」の元々の表現は「t-ant=二番 ...
  • アンチ・スンの語源、物を美しく仕上げる方法を教え...
    6月18日 07:09
    「このようにするんだ」と初心者に手ほどきする、教える言葉が名護方言の「ant=anti=アンチ」スンです。今帰仁方言辞典にも載っています。 アンチ・「ル=如 ...
  • 御中の語源、神を表す三柱、ハトホルの関連用語
    6月18日 06:53
    古事記を読むと「ant=anwt=三柱=三中=御中」の神が出て来ます。この名前もヒエログリフと関係があるようです。ヒエログリフのアルファベット表記は次の通りです ...
  • アヌチュウの語源、美人を見た時に発する言葉、あの人
    6月18日 06:42
    「あの人」の沖縄方言は「anwt=anwtyw=アヌチュウ」です。この表現は「ant=anta=アンタ」と同じように美人、美しい容姿、優雅さなどを表す言葉と推測 ...
  • アンタの語源、我が話し掛ける相手、貴方、君
    6月18日 06:33
    自分の「ミーヌ」「メーニ」に居て話し掛ける相手を「ant=anta=アンタ」と言う言葉はヒエログリフ由来の言葉だと言うと、「アンタ」はビックリするでしょう。「ア ...
  • 今昔丑語(仮)天竺
    6月18日 05:57
    あやおそも めのむちりしそ はりきのお おつひまかすに まはしあへあち ほしはまち にはまにまあに まうとつあ きのちきはひみ そにぬちとしはのとなむ
  • 「そばや今昔」
    6月18日 05:24
    堀田 平七郎「そばや今昔」中公新書*177頁*発行 昭和53年*カバー文その枯淡なる、その自由なる、その民衆的なる点において、そばほど、大衆に親しまれ、愛されて ...
    「そばや今昔」
  • からっぽ。
    6月18日 04:59
    <からっぽ。>コトバのじぐそーぱずるでどうしても埋まらなかった空隙がわたし―だ。言えなかったこと言わなかったことの量に比例した空隙の広がりだけわたしは空っぽだこ ...
    からっぽ。
  • 「なきむし姫」重松清
    6月18日 04:50
    主人公は二児の母親なのに、すぐ泣くなきむし。その泣き虫を置いて、幼馴染でもある旦那さんは遠方に単身赴任です。ところがそこに現れたのは、夫婦ふたりとの幼馴染の健。 ...
    「なきむし姫」重松清
  • キシヌの語源 3、旗幟の、敵か味方か鮮明にする態度
    6月18日 03:15
    「旗幟鮮明」と言う表現があります。日本語の音読みでは、「シキ=識=織=幟」と読む漢字を「シ」と読ます理由は、当て字だからでしょう。敵か味方かハッキリさせる態度が ...
  • キシヌの語源 2、起死回生の、起きる、生きている...
    6月18日 03:09
    起死回生のは「起死の=キシヌ」に「回生=生き返る」を足した言葉と推測されます。二分法による表現だと分かります。ヒエログリフ、アッカド語のアルファベット表記は次の ...

全26167ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]