ここから本文です

カテゴリ

463468件の登録された記事があります。そのうち1〜20件を表示しています。

全23174ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]

  • 詩に登録されている記事
  • RSS ヘルプ
  • 好きだから…。
    5月25日 10:24
    そんなのキミが好きだからに決まってるからじゃない。そうでなきゃ、アタシ、キミと一緒に言ったりや帰ったりとかなんかしないわよ。うん。マジなんだからアタシ。それとも ...
  • 心地よい昼寝に
    5月25日 10:03
    真夏の陽気だけどまだ本番ではないカラリ、スッキリ乾燥した熱が心地よい初夏の昼日中眠り足りない体に扇風機の風を当てて少しだけおやすみ輝く夢を見られるだろう子供に帰 ...
    心地よい昼寝に
  • 表と裏
    5月25日 08:46
    トランプ大統領の来日により都内では厳戒態勢がとられている3拍4日の予定で主におもてなし外交の色合いが強いゴルフや大相撲観戦などまずはご機嫌取りの度合いが大きい日 ...
  • 2019.5/25唐詩選王昌齢答武陵田太守
    5月25日 08:00
    「墨場必携唐詩選を書く」(日本習字普及協会)より選句、習字王昌齢答武陵田太守( 武陵 ( ) の 田太守 ( ) に 答 ( ) う)仗劒行千里剣に仗(よ)りて ...
    2019.5/25唐詩選王昌齢答武陵田太守
  • 天からトンビ
    5月25日 07:09
    トンビが上空で輪をかいている弁当を広げたら忽ち五六羽近寄ってきた海を見ながら食べようとのんびり構えていた突如後頭を翼がかすったトンビが目前を舞い上がり頭上で旋回 ...
  • 三河湾の風
    5月25日 07:01
    形原の漁船係留港を跨ぐ橋に立ち尽くして海風に吹かれるのはいい渥美半島がグーっと手を伸ばし抱きかかえた三河湾いくつかの島が浮かぶ大潮のこの日は潮干狩りの人々が磯で ...
  • 今朝の詩(4422)。地蔵考。守鬼。
    5月25日 06:25
    今朝の詩(4422)万葉集を写し書いて、毎日1句書いて12年目に入ります。詩は通産57年になります。ブログへは7年前からです。残りはあと150日ほどで、万葉集は ...
    今朝の詩(4422)。地蔵考。守鬼。
  • 書く
    5月25日 06:12
    書くことは生きるのと同様必然性がないだが当人にとって命は絶対であるように書くこともまた生きることになりむやみに放り出したり投げ捨てられるものではない書くなぜどう ...
  • ソネット「あたりまえ」
    5月25日 06:03
    過去の夫との破局をふり返り「『あたりまえ』と思っていたこともちょっとした油断であっけなく崩れる幸福は日々の繕いがあってかろうじてもつ」フランスの歌手ジェーン・パ ...
    ソネット「あたりまえ」
  • らしさ
    5月25日 06:00
    こみあげてくる悲しい想いが止められなくて助けもかりられなくて立ち止まっているこんなに落ちたのは初めてだから誰に聞いても分かりはしない自分で決着つけなきゃ優しい絵 ...
  • 今日は未来のためにある
    5月25日 06:00
    飾らずに生きようきどらずに生きようそして自分らしく今日を生きて行こう何事にも恐れずに何事にも迷わずに自分というものを信じて今日を生きて行こうすべての出来事は未来 ...
  • ソネット『あたりまえ』
    5月25日 06:00
    ソネット『あたりまえ』
  • 泣きながら目覚める
    5月25日 05:53
    あとどれくらい泣きながら目覚める夜を過ごさなければならないのかあとどれくらい泣きながら目覚める朝を迎えなければならないのかぽっかり空いた穴はいつか埋まるのか別の ...
  • 試練
    5月24日 21:45
    *避けてしまった試練はまた姿を変えてやってくる今度は乗り越えられるでしょと神様は試練をお盆に乗せてどこからかやってくるありがとうと試練を受け取る乗り越えた先のす ...
  • 上書き保存
    5月24日 21:20
    楽しい思い出で悲しい過去を上書きしていく嬉しい出来事で悔しい記憶を上書きしていくそうすればいつか嫌な事は消えてなくなる
  • 今日の詩・その405
    5月24日 19:04
    長かった5日間がようやく終わりお休みがやって来ますさらに今日は暑さも加わりまして季節先取りの陽気でした明日はお休みですゆっくりぼちぼちと行くことにいたしますビー ...
  • 行春やくいまるさんの目に泪
    5月24日 18:09
    千住大橋の上で空を見上げるどんよりとして今にも雨がふりそうだ芭蕉さんはどんなおもいでここから旅立ったのだろうとてもはげしく車がゆきかっている無計画に街並みは開発 ...
    行春やくいまるさんの目に泪
  • 詩誌 「霧笛」 第129号
    5月24日 18:06
    5月24日(金)◆本日の受贈書誌詩誌 「霧笛」 第129号霧笛の会/発行2019年3月20日B6・34ページ会員では、及川良子氏、日野修氏、小野寺正典氏、西城健 ...
  • ラフさんへ
    5月24日 16:50
    トロッケンベーレンアウスレーゼ買ってみました?ラフさんの言ってたの、これでしょうか?えらく安いな〜 と、思ったら187mlの小瓶で ...
    ラフさんへ
  • 風まかせ
    5月24日 13:58
    歩くという療養は続いているどこに行こうかと悩むこともなくどこだっていい歩いていさえすれば天気がいいから遠出しようかぼくは棒を倒すように方角を選んだ皇居のお濠を一 ...
    風まかせ

全23174ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]