ここから本文です

サークル[NEW]

サークルとはヘルプ

カテゴリ内の記事を人気のキーワードごとに集めました

同じ興味をもったユーザーや記事に出会える場です

カテゴリ

131413件の登録された記事があります。そのうち1〜20件を表示しています。

全6571ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]

  • 短歌に登録されている記事
  • RSS ヘルプ
  • 冬だより(3) 2018年冬
    12月16日 11:26
    レオノティス レオヌルス(通称 ライオンズイヤ=ライオンの耳 和名 カエンキセワタ 南アフリカ原産)田を植ゑて猪垣を結へり宇陀の峡 水原秋櫻子 朔日は二十四季の ...
    冬だより(3) 2018年冬
  • 月廼屋兎遊/一枝も折らでめずれば・・・
    12月16日 10:57
    【一枝も折らでめずれば美しさ心の花と花や思わん】作者:月廼屋兎遊〔近世・江戸時代後期文化文政〕建立:背景:当時この寺には島内随一の桜の名木があった。解説等:月廼 ...
    月廼屋兎遊/一枝も折らでめずれば・・・
  • 凍てつく夜は月も透き通る…
    12月16日 10:47
    霜降りの夜が長くて凍てついた花の香りも感じぬほどにそんなことはないですよ…
    凍てつく夜は月も透き通る…
  • 植物(短歌)
    12月16日 09:53
    夕せまり 君はもう葉を 閉じている シロツメクサにも われにも眠りをありふれた 中でひときわ 孤絶感 白いあじさい 君はなにもの現実を もて余している 重い自我 ...
  • 溜池
    12月16日 09:48
    歳晩の溜池はゆったり佇んで過ぐ一年の農を労う 我家は兼業農家でした。(現在は廃業) ...
  • 『清水寺』AI音声朗読Vol.9詠み歌集No-94
    12月16日 09:34
    『写真・散文・俳句・短歌・詠み歌の盛り合わせ+音声変換ソフト朗読』◎五条坂から茶わん坂を上り清水寺へ。京都駅から(206系統の)市営バスに乗り五条坂で降ります。 ...
  • ため息
    12月16日 09:09
    七色の吐息枯れ果て色気無し身動きできず吐く息は白ため息 歌詞http://www.kasi-time.com/item-16044.html 最近ため息ば ...
  • 明石海人歌集 白描(128)第二部翳(2)
    12月16日 08:19
    12月16日(日)明石海人歌集白描(128)岩波文庫より(注)明石海人(本名野田勝太郎)は、大正7年沼津町立沼津商業学校(現:県立沼津商業高等学校)卒業で、私の ...
  • 後藤早苗の歌拾遺(273) 透析と私(6)
    12月16日 08:16
    後藤早苗の歌拾遺(273)12月16日(日)(注)製作年不明(20年くらい前か)透析と私(6)透析の管につながれ伏すわれに「よい歌作って」看護師が言う血圧を朝夕 ...
  • 古今和歌集巻第十七(31) 雑歌上(31)
    12月16日 08:14
    12月16日(日)古今和歌集(457)岩波文庫より 校注:佐伯梅友古今和歌集巻第十七(31)雑歌上(31)布引の滝のもとにて、人々あつまりて歌よみけ ...
  • 短歌本質成立の時代(41) 十家集と撰集と(3)
    12月16日 08:12
    12月16日(日)折口信夫全集第一巻古代研究(国語学扁) 中央公論社:昭和51年6月10日短歌本質成立の時代(41)万葉集以後の歌風の見わ ...
  • 新古今和歌集第三(45) 夏歌(45)
    12月16日 08:10
    12月16日(日)新古今集(134)佐佐木信綱校訂新古今和歌集第三(45)夏歌(45)題しらず西行法師二百六十三よられつる野もせの草のかげろひてすずしく曇る ...
  • 昭和萬葉集(巻九)(113)(昭和二十五年〜二十...
    12月16日 08:08
    12月16日(日) 昭和萬葉集(巻九)(113)(昭和二十五年〜二 ...
  • 12/16(日)新古今和歌集殷富門院大輔秋深き
    12月16日 08:00
    「書道お手本古今・新古今和歌集」(古野辰哉著・大竹深翠書/金園社)殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ)秋深き寝覚めにいかが思い出づるはかなく見えし春の夜の夢春 ...
    12/16(日)新古今和歌集殷富門院大輔秋深き
  • 後藤瑞義の短歌(247) 平成七年四月
    12月16日 07:59
    12月16日(日)後藤瑞義の短歌(247)「賀茂短歌」第39巻第2号(平成七年四月発行)友の死(1)コックスに鍛えし声に校庭に授業放棄を君は諌めし三十年の空白あ ...
  • 名歌鑑賞・4246物おもへどかからぬ人もあるもの...
    12月16日 07:00
    ***************名歌鑑賞****************物おもへどかからぬ人もあるものをあはれなりける身の契りかな円位法師(ものおもえどかからぬひ ...
  • ・みよしのの山の白雪つもるらし故里さむく なりま...
    12月16日 07:00
    川瀬巴水画みよしのの山の白雪つもるらし故里さむくなりまさるなり坂上是則(みよしののやまのしらゆきつもるらしふるさとさむくなりまさるなり)意味・・今夜は吉野の山に ...
    ・みよしのの山の白雪つもるらし故里さむく なりま...
  • 実を結ぶこすもす畑に風すさぶ
    12月16日 05:39
    *のぼりきて富士眺むれば青にゆきけぶり白き炎と空に消え*影長し日暮れは早し暦「けよみ」にはまもなく冬至これからさきは*おおけやきうれしさまじる散り残るただ幹の太 ...
  • 短歌1560いい男
    12月16日 05:27
    ○いい男ユーモアあふれる言葉にて笑いを運ぶ幸せの時○いい男正義感あふれ勇気ある明るくさわやかまどろみてみる
  • 歌日記780トルコから戻って
    12月16日 05:01
    徒然庵の俳句日記ではお世話になっております。夫婦で毎日歌を詠みあっています。今日もまた御笑覧ください。12月16日歌日記「家内」わが背との心も弾むトルコ旅娘のお ...

全6571ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]