ここから本文です

サークル[NEW]

サークルとはヘルプ

カテゴリ内の記事を人気のキーワードごとに集めました

同じ興味をもったユーザーや記事に出会える場です

カテゴリ

121298件の登録された記事があります。そのうち1〜20件を表示しています。

全6065ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]

  • 短歌に登録されている記事
  • RSS ヘルプ
  • 萬葉集の「久木」はキササゲかも
    8月17日 18:16
    キササゲ、それは『萬葉集』で「楸」「久木」と詠まれたものかもしれない。『万葉集』で、ひさぎ(原文は久木。歴木と表記)と詠まれている植物に、アカメガシワを当てる説 ...
    萬葉集の「久木」はキササゲかも
  • 昭和萬葉集(巻八)(30)(昭和二十三年〜二十四...
    8月17日 17:51
    8月17日(木)昭和萬葉集(巻八)(30)(昭和二十三年〜二十四年の作品 )講談社発行(昭和55年)機複械亜棒衫里里弔鼎中で(30)共産党(4 ...
  • 今日の一言・・・2483
    8月17日 17:45
    「喜寿(きじゅ)の二字草書(にじそうしょ)にくずしキスとよむ 唇(くちびる)さむし秋深(あきふか)くして」(新村出[しんむら・いずる]の一首[いっしゅ])
  • 教会短歌集
    8月17日 17:41
    秋耕集私評石川巨彦(短歌雑誌えにしだ・昭和26年12月号29ページ前半)僕がこんなことを言うのは少しおかしいが、僕は本誌でこの欄が一番覇気があると思っている。失 ...
  • 花no火
    8月17日 13:06
    数秒の点滅を待つ細き糸 我が命をも紅く灯らせ すうびょうのてんめつをまつほそきいと わが ...
    花no火
  • こぬ人をうらみもはてじ
    8月17日 10:59
    今回も超訳versionでまいります。新院位におはしましし時、雖契不来恋といふことをよませ給けるによみ侍けるこぬ人をうらみもはてじ契りをきしその言の葉もなさけな ...
  • オハヨゴザイマス(^^♪
    8月17日 09:50
    おはようだきょうのかんさいげりらてきあめふるみたいあららのらぁや?
    オハヨゴザイマス(^^♪
  • 後藤人徳の短歌(1079)8月17日(木)旧作の...
    8月17日 08:59
    後藤人徳の短歌(1079) 8月17日(木)旧作の備忘記録25年12月10日(火)金持ちになると植えたるもちの木に今赤赤と実がしげりおり年金で暮しの維持 ...
  • トランプ氏北は「賢い決断」
    8月17日 08:52
    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が米領グアム周辺への弾道ミサイル発射を保留したことを受け、トランプ米大統領は16日、ツイッターで「非常に賢く、理にかなった決断をし ...
  • 8/17(木)百人一首大伴家持かささぎの
    8月17日 08:00
    「書道かな百人一首を書く(上)」(村上 翠亭/日本放送出版協会)大伴家持かささぎのわたせるはしにおくしものしろきをみればよぞふけにける〈めも〉天気は朝から晴れた ...
    8/17(木)百人一首大伴家持かささぎの
  • ・最上川瀬々の岩波せきとめよよらでぞ通る 白糸の滝
    8月17日 07:00
    奥入瀬の白糸の滝最上川瀬々の岩波せきとめよよらでぞ通る白糸の滝詠み人知らず(もがみがわせぜのいわなみせきとめよよらでぞとおるしらいとのたき)意味・・最上川よ、瀬 ...
    ・最上川瀬々の岩波せきとめよよらでぞ通る 白糸の滝
  • 名歌鑑賞・3760人買い舟は沖を漕ぐとても売らる...
    8月17日 07:00
    ****************名歌鑑賞**************人買い舟は沖を漕ぐとても売らるる身をただ静かに漕げよ船頭殿(ひとがいふねはおきをこぐとてもう ...
  • 朽ちつる身以て…
    8月17日 05:37
    目の翳み足の吊り様日増しなば 最後の干支の巡りなるやも
  • 野分かな落果一面鬼胡桃
    8月17日 05:05
    自然と伴にことば始めにありき*感情の表「ひょう」裏は同一好悪も非文明の生活幸福な顔*描いていた自分のイマージュそのままが生き様となるかえりみすれば*夏の雨早くも ...
  • 泥に咲く花
    8月17日 01:08
    寂しさがあればこそ書くコメントと知りてつい書くこの情けなさグダグダと吐く川柳の情けなさ泥となるなら咲かせよ華を
    泥に咲く花
  • よられつる野もせの草の 西行法師新古今和歌集夏歌...
    8月16日 23:18
    よられつる野もせの草のかげろひてすずしく曇る夕立の空新古今和歌集夏歌 (263)西行法師夏の日は暮れてゆく、季節の風吹く中、かなた、山々の見えるこの野辺に長い道 ...
    よられつる野もせの草の 西行法師新古今和歌集夏歌...
  • フォト短歌
    8月16日 21:50
    フォト短歌
  • 今日の一葉170816
    8月16日 21:37
    干してあるシャツやパンツは諦めて雨の音聞く夜中に覚めて
  • 『塔』2017年6月号花山多佳子選歌欄評
    8月16日 21:16
    『塔』2017年6月号花山多佳子選歌欄(作品2)の約600首から、次の15首を選び、評をしました(『塔』8月号180〜181頁に掲載)。評のご感想等を、ご連絡く ...
  • 21491〜93
    8月16日 19:57
    かわいくもはなからねがいとなえるもみんなかなわずかたをおとしたああおもいふかめていざというときによゆうなくなり路頭に迷うとつぜんでだんまりになりこたえてたりかい ...

全6065ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]