ここから本文です

サークル[NEW]

サークルとはヘルプ

カテゴリ内の記事を人気のキーワードごとに集めました

同じ興味をもったユーザーや記事に出会える場です

カテゴリ

トップ>  カテゴリトップ>  芸術と人文>  文学>  

SF・ファンタジー

3716件の登録された記事があります。そのうち1〜20件を表示しています。

全186ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]

  • SF・ファンタジーに登録されている記事
  • RSS ヘルプ
  • 助けてマルタ星!102
    5月28日 06:00
    生暖かい風が時折強くなっていた。夜が明けて、だんだんと近づいてくる気配だった。梨絵は一人で何の対策もしていないし、強い風なので隣の茂子の玄関にさえいけない。午前 ...
  • イヅコの魔女第6話「氷と炎」その2
    5月28日 00:01
    「気づかれたな・・・近いうちに顔を合わせることになるかもしれない」鬼瓦に通されたのは、キリール達の休む部屋から廊下を挟んですぐ向かいの和室だった。広さは先程の ...
    イヅコの魔女第6話「氷と炎」その2
  • イヅコの魔女第6話「氷と炎」その1
    5月27日 23:52
    月明りに照らされた鬼瓦邸―。四方はツゲの生垣で囲まれており、木造の日本家屋の両脇を丁寧に手入れされた植物が彩る。畑があるのは屋敷の裏側のようで、鬼瓦に案内されて ...
    イヅコの魔女第6話「氷と炎」その1
  • 助けてマルタ星!101
    5月27日 06:07
    「ちょっと、奥さん、大変」いきなり茂子はかけこんできた。「どうしたの?何が大変なの?」「台風がきてるんだって。しかも大型台風っていっているし、コースがまたあやし ...
  • 河の流れ
    5月26日 23:54
    昼間の喧騒を忘れて、ぽつねんと夜の中にいる。ここは夕暮れの慌ただしさもなく、人の足音や話し声ひとつ届かない、夜の中。この中に立てこもったままでいると、逆に過ぎ去 ...
  • 丘の家のおゆうさん13
    5月26日 16:07
    ●わっしょいわっしょい2「さあて、今日こそ《とき蕎麦》にいかなくっちゃ」おゆうさんは小ぎれをつないで作ったかわいい巾着を持つと、家をでました。坂を下って、ふ ...
    丘の家のおゆうさん13
  • ダークプレデター
    5月26日 09:30
    衛星間シャトルが乗っ取られた。逆噴射は何の効果ももたらさない。何かがシャトルを加速させている。土星の軌道がずれているぞ。ソーラーシステムが崩壊する。ボイスレコー ...
    ダークプレデター
  • 蒼髪
    5月26日 07:02
    死神が追いついてくる。青い鬼のように青いサタン煙草をふかしながら自分はここだと叫び、吠えながら「そんなに殺されるのが怖いか?」魂たちは狂いだす泣きながら「身体を ...
  • 助けてマルタ星!100
    5月26日 06:56
    18大型台風朝夕が多少涼しくなって、ツクツクボウシがなくようになって、季節は少しづつ進んでいる。あいかわらず、梨絵はパートの仕事にいそがしい日々をおくっていた。 ...
  • 『バルカニアン』#60(川魚の恐怖!)
    5月25日 20:54
    高名なる考古学者アン・ハロルディア・ロストマン博士は、大河の上流に急に存在しているヒョッコリ村に残って、月面の遺跡で回収した太古の超技術について解析を進めていた ...
    『バルカニアン』#60(川魚の恐怖!)
  • 丘の家のおゆうさん12
    5月25日 11:19
    ●わっしょいわっしょい1おゆうさんの家がある丘に上ってくる道は、途中ふたまたにわかれていて、その一方は銀の月神社へと続いています。おゆうさんが住む丘のほうは、 ...
    丘の家のおゆうさん12
  • 助けてマルタ星!99
    5月25日 06:40
    梨絵は(この人どうしてしっているの?)と思いながらも茂子を招き入れました。「警察が話をききたいというからね。でもどうしてしっているの?今日職場で私が電話で呼び出 ...
  • 助けてマルタ星!98
    5月24日 05:43
    失われたお金が戻る、と言われても、梨絵はそんなにうれしくもなかった。財産は一応もとに近くなるなるけれども、変更したことは数かぎりなくあるし、それはもう戻すことは ...
  • 助けてマルタ星!97
    5月23日 06:33
    警察官は続けた。「中野被疑者を調べたら、当然製茶会社がわかりましてね。しかもこの会社はすでに倒産している。被疑者は関与を認めているが、使い込みの肝心の金について ...
  • 一足飛びに
    5月22日 23:38
    一昨日、耳元でささやいた風は春をささやいていった。昨日、耳元でささやいた風は新緑を告げていった。今日、私のふところに飛び込んできた風は、初夏を語りかけていた。も ...
  • ダイスケ第一章4.脱出
    5月22日 22:49
    西暦六四一三年四月二十六日午前二時十二分外界への興味を持ったジュンイチがバカな行動を起こさねば良いがと心配してきたが、四ヶ月が過ぎ、何事も無かったかのように平穏 ...
  • 遠い星104
    5月22日 02:38
    夕食の後、「勇太、頭痛い、」とマリモが言った。「どうした。」「ペイラス通信出来たのはいいけど、毎日のように新人間たちから訴えがあるの。」「どんな訴えだ。」「ほと ...
  • 『対岸の扉新説』#2(ライバルはそこに居る)
    5月21日 20:39
    参った。よもや小金川教授の技術レベルがこれ程とは。私は先日発見した潜水艦”スーパーマーレラ”の構造を調べるうちに、とんでもない装置に気がついたのだ。試しに助手の ...
    『対岸の扉新説』#2(ライバルはそこに居る)
  • 助けてマルタ星!95
    5月21日 06:49
    梨絵は一人の夕食をすませると、新聞を読んでいて、ふとある記事が目にとまった。最近はなぜかメガネをかけないと小さい字も読みづらくなっていた。見たことのある名前、だ ...
  • 家に迫りくる溶岩流
    5月20日 17:45
    君はどこまで私の心に食い入ってくるのだろうか。心を侵食してくる巨大な溶岩の流れ。もう森や畑を飲みつくした。もうすぐ私の家の前に流れている川を飛び越えて、家にまで ...

全186ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]