ここから本文です

カテゴリ

トップ>  カテゴリトップ>  芸術と人文>  文学>  

SF・ファンタジー

5127件の登録された記事があります。そのうち1〜20件を表示しています。

全257ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]

  • SF・ファンタジーに登録されている記事
  • RSS ヘルプ
  • 第29話青年に何が起こったのか〜最強のヒューマシ...
    6月24日 22:55
    第29話青年に何が起こったのか〜最強のヒューマシンSeason2~私はプロフェッサージル。世界を思いの通り操る資格を持つ存在。上級人類に値する存在だ!今、ベルワ ...
    第29話青年に何が起こったのか〜最強のヒューマシ...
  • (166)ブルー人
    6月24日 17:45
    オーは久しぶりに視力のある人間を確認した。しかも、二人も。これまでに、確認されている視力のある人間の生き残りは、地球全体で僅かに22人、彼らを合わせて24人だっ ...
  • 死にかけの宇宙
    6月23日 22:05
    「まじか・・・」窓の外を見て思わずつぶやく自分の目が信じられない。地上から雲へと細長く伸びる渦巻山と田んぼに囲まれた何もない町、台風は珍しいものではないが、竜巻 ...
  • 4.第10章見取り図4-4
    6月23日 02:03
    ファンタジー編惑星神話シバルバ第4部キチェ族の草原第10章見取り図4-4コアトルとマックは立ち上がり、サーベルタイガーの隊長に一礼した。「ガルル、村のみんなが騒 ...
  • クルウウ
    6月20日 10:08
    連続する明るい朝。雨の日はどこへいったの?と、天気予報を見ると北や東の方は大変なことになっている。そんな同じ空の下、哀しみを抱えひっそり耐える人たちがいると思え ...
  • 番外編 ヘロンアイ 塗装中
    6月19日 22:27
    ナレーター(政宗一成氏をイメージして)西暦1974年(翔和49年)、世界は異星人の脅威と共存が入り乱れる中、混沌とした状態が続いていた。西欧の技術大国ベルワーク ...
    番外編 ヘロンアイ 塗装中
  • 第28話心の声〜最強のヒューマシンSeason2〜
    6月17日 23:07
    第28話心の声〜最強のヒューマシンSeason2〜ワシは、リビラン国の前大統領のVだ!ワシの国を独り占めしやがったエクレノめ、アイツが叩きのめされるのを目撃する ...
    第28話心の声〜最強のヒューマシンSeason2〜
  • のび太という生き方
    6月17日 18:41
    https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784776208501最近、この本を読みました。のび太は、単なるぐうたらではあり ...
    のび太という生き方
  • (165)ブルー人
    6月14日 17:40
    二日酔いで頭がスッキリしなかったが、カールはブルーの瞳の美しい目をしっかり自分に合わせたその初老の男から異様な空気を感じた。"はじめまして。カールです ...
  • 二枚鏡
    6月13日 13:39
    直角に合わせた、真ん中に、本当の君がいる。それが動き出す前に、鏡を伏せなければ、合わせ目から、本当の君が出てくる。それ以来、僕の視界の端に、時々姿を現す。半透明 ...
    二枚鏡
  • 4.第10章見取り図3
    6月13日 11:44
    ファンタジー編惑星神話シバルバ第4部キチェ族の草原第10章見取り図3「ガオガオ、ゴ族が襲って来る前に、迎え撃つ準備をしなければならないんだ。」コアトルが答えた。 ...
    4.第10章見取り図3
  • 『百兆世紀のバルカニアン』(どうにも止まれない)
    6月11日 16:30
    キャンさんは焦っていた。こんな事になるとは思っていなかった!。巨大タツノオトシゴ・・・のようなドラゴンから依頼されたのは、″消えた卵″を探す事。遺跡の中にある″ ...
    『百兆世紀のバルカニアン』(どうにも止まれない)
  • 『重機甲女教師FOWGE』(地下ルートの秘密)
    6月11日 16:21
    上空からフワリと舞い降りた″鉄の兎″。フリゲートライナー″キルサイバー″に乗り込んだ流幻 躍兎(るげん やくと)は、迫撃モード″フォーム・トルーパー″に変形させ ...
    『重機甲女教師FOWGE』(地下ルートの秘密)
  • (164)ブルー人
    6月10日 22:36
    カールはストーンの問いに答えた。"我々はほとんどの人間がなぜ目が見えなくなったのか知らないのです。旧人類が闇雲に科学文明を進化した結果、自然環境破壊し ...
  • 本日のお買い物ジェイムズ・P・ホーガン著「星を継...
    6月10日 21:09
    本日のお買い物「ガニメデの優しい巨人」と「巨人たちの星」です。ジェイムズ・P・ホーガンの古典的SF小説3部作の第2巻と第3巻になります。恥ずかしながら漫画版「星 ...
    本日のお買い物ジェイムズ・P・ホーガン著「星を継...
  • 死にかけの宇宙
    6月8日 23:47
    「助けて」日本語ではない、地球上のどの言語とも違う。しかしなぜか分かる。助けを求める声その声に引かれ、思念体として惑星の大気圏上空にいる私は、惑星に向かって降り ...
  • 死にかけの宇宙
    6月8日 03:06
    無数にある宇宙の一つ。その宇宙は終わりかけていたビッグリップ。宇宙が膨張を続けた結果の結末。膨らみ続けた風船が破裂するように、その宇宙も限界を迎えつつあった何も ...
  • 『重機甲女教師FOWGE』(限界はそこに有る)
    6月4日 17:25
    事件現場を後にしようとした鍾轟 神鶴は、足元に落ちている妙なゴミに気づいた。「・・・魚肉ソーセージのビニール?。」細長い特徴的なビニール片である。事件と関係が有 ...
    『重機甲女教師FOWGE』(限界はそこに有る)
  • 『対岸の扉』(ホバーカーと地下迷宮)
    6月2日 20:53
    私は万脳 多利娜(まのう たりな)。ある発明家の遺産を継ぐハメになったばっかりに、世界規模の犯罪結社から狙われる事になった、世にも不運な女である。私は普段、溜め ...
    『対岸の扉』(ホバーカーと地下迷宮)
  • 『迷走のサテライニョン』
    6月2日 14:35
    しまった見つかった!。一瞬の隙を突かれた私は、またしてもこの家の猫に姿を見られてしまった!。前に、白猫にチラッ見られた時は何とかごまかしたが、あの白黒パンダのヤ ...
    『迷走のサテライニョン』

全257ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]