ここから本文です
板原村のだんじり会館
安土桃山時代以前から栄える泉州板原村。その中心に位置する中小路から発信しています。

コメントブログプロフィール

ブログ情報

ブログタイトル 板原村のだんじり会館
一言メッセージ
安土桃山時代以前から栄える泉州板原村。その中心に位置する中小路から発信しています。
検索キーワード だんじり,祭,板原
名前アイコン 名前アイコン
ブログバナー ブログバナー

ブログ紹介文

板原村のだんじり会館

大阪・泉州の泉大津市板原町から独自の視点でだんじり談議を公開していきます。

その前にまずは、我が「板原村」のご紹介です・・・。
 ★泉大津市の南端部 槙尾川とその支流牛滝川の右岸に位置する街「板原」
  その名の歴史は古く安土桃山時代に「板原村」の文字が確認されている
  鎮守は「板原菅原神社」と称され古来より篤く信仰されてきたが
  明治四十一年十一月十二日和泉國  二之宮の泉穴師神社に合祀された 
  その本殿と狛犬一対は穴師神社本殿横に奉られているが 
  旧菅公社石碑だけが残る板原の跡地こそ「板原の宮さん」と親しまれている

  明治八年の板原村の戸数は103戸 同九年の人口474人 

  今でも中小路・四ノ原・小寺池など小字にあたる呼び名や 住吉講・念仏申・板原行者講などの
  伝統行事も残され その歴史を感じさせる

  地車は平成十八年に新調された現在のものが三代目と思われるが 
  それ以前にも存在していたか否かは現在のところ不明である 

  しかしただ一つ言えることは 板原の御先祖の心意気を 我々が絶えることなく 
  今もなお引き継いでいるということは間違いない・・・

板原村の館長さんのプロフィール

名前非公開
年齢46歳性別男性
誕生日非公開血液型B

自己紹介

紫色の某高校・野球部出身。
同じく同大学の体育学部卒。

野球部引退後は各地の「だんじり」を求めて活動中。

彫物、大工仕事、鳴物、化粧・・・あらゆる角度から泉州のだんじりを中心にお届けします。。。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事