キキの家のブログ

保護猫一時預かりのシェアハウスできました

あんたは、偉い!

お早うございます。

いよいよ、Uさんが旅行に出かけました。
Uさんは自分の部屋に鍵を掛け、猫ドアは、二人で廊下から見えなくしました。
私は、Uさんを見送り、そのままシェアハウスに泊まりました。

リビングから廊下には行けないように、簡単な鍵を掛けました。
猫達は、今までのシェアハウス何処にも行ける状態から、リビングと猫部屋だけの移動になってしまいました。

さあ、大変!!
クロちゃん 「おかしいにゃ?」 「出られるはずにゃ?」
    廊下に出る扉に爪をたてて開けようとしますが、
    開きません。
        「お姉ちゃん、お姉ちゃん!!」
    何度叫んでも、Uさんは現れません。
キティもやってきました。
キティ      「私もやってみるにゃ」
         「背伸びしてやっているのに、変だにゃ?」
      「開かないにゃ

キティは、諦めましたが、クロちゃんは諦めません。
クロちゃん 「開けてにゃ!開けてにゃ!」
        「お姉ちゃん!!お姉ちゃん!!」
    何度も鳴きます。
仕方がないので、とうとうリビングと廊下の扉を開けることにしました。

クロちゃんは、一目散にリビングから出て行って、Uさんの猫ドアを開けようとします。
クロちゃん 「おかしいにゃ??猫ドアがないにゃ??」
        「そうだ!手で開けよう!」
        「あれ?扉も開かないにゃ!」
        「おかしいにゃ?おかしいにゃ?」
        「お姉ちゃん、開けてよ!!」
何度も何度もやっています。
クロちゃん、パニック!!


私がクロちゃんを抱くこともできません。
階段に座ってしまったクロちゃんですが、
それでも、私には捕まえる事ができませんでした。

待つこと1時間。
クロちゃんは、自分か逃げるようにリビングに入って行きました。
イメージ 1

こたつの中に隠れてしまいました。

しばらく経ったら、落ち着いたようです。
何故か?キティは、前から、こたつでリラックスしてました。

その後、クロちゃんは、「リビングから出して!」
とは、言わなくなりました。
納得したら、偉いです。

リビングと猫部屋だけでも、結構広いので、
猫達が困ることはないはずです。




この記事に

開く コメント(0)

使えないドア?

お早うございます。

ある日、入所者のUさんからlineがありました。
「ごめんなさい。キティが猫ドアを壊したのですが、、」
私??
早速写真を送ってもらいました。

「キキの家」では、各部屋に猫ドアを付けています。
まだ、入居になっていない部屋には、猫ドアが使えないようにしています。
でも、その事が猫には分からなかったのですね。


イメージ 1

キティは、Uさんの部屋に猫ドアで入ることができるから、他の部屋でも猫ドアが使えるのは当たり前!!と思っていたのでしょう。


でも、頭を入れても、この部屋に入ることができない。
変だ!!と感じたのでしょう。

キティは、自分で色々と考えてやってみたのでしょう。
でも、結局入ることはできなかった。

猫だから、色々な事はあります。やります。
猫がしたことに人間の「ごめんなさい」は、必要ありませんよ。

猫ドアだって、もし?ダメになっていたら、取り替えれば済むことですから。
取りあえず、猫ドアを見えないように隠しておいてくれたそうです。

でもでも、キティは、そんな素振りは全く見せません。
いつも通りにキャットタワーの上です。





この記事に

開く コメント(0)

きっと大丈夫

お早うございます。

「キキの家」の入居者Uさんが2週間旅行に行きたい、との事でした。
もちろんOKです。

シェアハウス「キキの家」は、みんなで猫を飼いましょう。旅行や出張の時にも猫は安心!!ですから。
でも、まだ、入居はUさん一人だから。。。
誰か?入居してくれないかなあ

そんな時も大丈夫なんです
私がいますから。
毎日のご飯はもちろん、私がシェアハウスに泊まって猫の世話をします。
そんなことは、朝飯前です。

ただ、猫が私に慣れていないと困るかも??
私は、どこかのコマーシャルの様に、おやつ作戦で、猫に近づいて行きました。

次第に、私がシェアハウスに行って、「おやつだよ}と声をかけると、
2匹はすぐに出てくるようになりました。

イメージ 1

2匹とも大好きなおやつです。
クロちゃんは、おやつが終わると、さっさと何処かに行ってしまいます。
  (何だか?寂しい

一方、
キティは、おやつの後は、私と遊ぶことができるようになってきました。
膝の上で食べるようになってきました。
膝の上で、お腹をさわったら、
ゴロゴロ喉を鳴らして寝るようになりました。

キティは、人の手の温もりが大好きみたいです。

この記事に

開く コメント(0)

おやつは好き?

お早うございます。

しばらくすると、
保護猫シェアハウス「キキの家」にいる2匹の猫は、
ご飯を食べる時には、一緒に食べるようになっていると聞いた。
イメージ 1


でも、私が行くといつも逃げてしまってた。

キティは、キャットタワーにいる時だけは、お腹をゴロゴロさせるのだけど、なかなか私には寄ってこない。
何とかしなければ、、、。

一時預かりの猫は、里親に出すためだから、
人にしっかり懐くように育てていくのがこのシェアハウスの役目。

猫達は、ご飯をしっかり食べているそう。
イメージ 2



そこで、私が考えたのがおやつ。
クロちゃんは、チュールが好きらしい。

次第に、キティは、全くケージの中で寝なくなっていたそう。




この記事に

開く コメント(0)

猫たち

今日は。
保護猫シェアハウス「キキの家」に9月、猫達が来てからの事、色々です。

最初、キティには、ノミがいました。
NPO法人スピカの代表がキティを病院に連れて行って、のみとりの注射をしてもらい、シェアハウスに連れてきてくれました。
ノミが完全にいなくなって、ケージの扉を開けました。

キティは、キャットタワーが大好きみたいでした。
キャットタワーの中の囲まれた場所がお気に入りのようでした。

クロちゃんは、キティの側には、行きません。
それまでクロちゃんのお気に入りだったキャットタワーをキティに取られてしまいました。
写真は、まだ?どことなく?寂しげな表情のキティ。

クロちゃんは、私になかなか慣れてくれませんでした。
キティは、キャットタワーの上なら、撫でることができました。お腹を撫でるととても喜びました。

でも、夜になって、寝るときには、ケージの中の段ボールの中に入ってしまいます。
やはり、落ち着くのでしょう。
クロちゃんは、キティの近くを通るときには、おそるおそる?ゆっくりと歩いていました。
まだまだ、2匹の距離は遠かったですが、徐々に近づいて行きました。


イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事