ここから本文です
令和を拝し、忠烈萬世に燦たり皇恩に謝せり
他の追随を許さぬ真実の歴史探求

書庫全体表示


姓の法則から見える日本史の深奥

オ列の女は良妻賢母の見本

海外からの渡航者にも人気のあったオ列

オ姓の代表「織田信長」の考察

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

 オ姓は昔は神職に多かったという。
 これは猿女族とよばれた原住系が、小野の野主の率いる小野族の男をことごとくたらしこんで、
「小野姓」を名のるようになり、諸国を、「語りべ」と称して流して歩くに際し、自分のことを、「おの」と第一人称でよぶようになり、例えば、
「おのが姿を影とみて」とか、自分の事を「おのれ」と自称したり、角兵衛獅子などやりだし、この流れが、
「歩き巫女」となって、やがて神社に居付いて、これが神職になって落ち着いてしまったものだろう。
 しかし神を信ずる部族が、かつては多かったから、  
「オ」のつく部族は崇拝されてもいたらしく<続日本紀>にも書かれている。
 もちろん語りべの女たちによって弘まった、「小野の小町」「小野の道風」といった伝説上の有名人の他に、
「小野派一刀流」の本当の元祖とされている女流の刀豪、小野於通も、絶世の美女にされ、信長、秀吉、家康の三人に愛されたと伝わっているが、オのつく姓が尊ばれた証拠としては、
寛永元年の、<老翁物語>にも、
 「朝鮮百済王聖明第三子琳聖が渡海し周防に土着、多々良氏を名のる。その九世盛為に到り、周防介となり、更に大内氏をその姓に選びて称す」
 とでているこの大内義隆が殺され、跡目の大内義長の時、毛利元就が山口城を占領すると、
 「『日本国昔年欽奉大明国勅賜』と在銘の『臣日本国王』の十センチ角の宝印を発見す」とあるのが<毛利家文書>には見られる。
 つまり海外から渡航してきた者まで、このオコソ系を狙ったわけで、それを名のったのは、
 「児島高徳」という、桜の幹に十字の詩、「天勾践をむなしゅうするなかれ」で有名な勤王の士も、<赤松再興記>によれば、
「百済人、備前に上陸し児島を名のり、今や児島半島とよばれる。児島三郎高徳はこの流れにて、のち、三宅氏、宇喜多氏となる」
 となっていて、故渡辺世祐も、「大永四年に前南禅寺の九峰宗成のしたためた字喜多能家像の賛にも、これははっきりしているから朝鮮人であったのは動かしがたい事実であろう」
 と、イ姓のミ、ウ姓のウとなるべき百済人も、渡航してきた際は、最初にオコソトノホモヲの系列をとったことを説明している。
 また大化の改新で誅されてしまった蘇我入鹿が、やはりそがの、ソ姓を名のり、彼は中大兄皇子や藤原鎌足に殺されるまでは、おのが住いを、「宮」と称ばせ、自分の子らを、
王子と称ばせていたくらいの権勢だったと伝わる。
 そして、また中世は、三好基長の子で有名な、「三好長慶」の弟が四国讃岐の十河城主となって、「十河一存」を名のって、雑賀の根来衆や河内の畠山を討って勢威を振い、
また対馬の府中城にあって、朝鮮と日本の二股をかけて保身を巧くした「宗義調」などが、足利末期までは、伝統的に強かったらしいが、織田信長が足利義昭を追って天下を統一しかけると、
すっかり情勢が変わってしまったらしい。
 「一番槍を生涯に四度あげた」と評判をとった織田信秀の家臣で小豆坂七本槍の岡田助左衛門。
 熱田大宮司で、信長の智謀役だった岡本定季らが、森三左衛門(この遺児が蘭丸、力丸、坊丸)とともに新しく募った兵で、比叡山や高野山を焼討ちしてしまってから、
この、「オコソトノホモ」の系列は、反仏的原住民、つまり神徒系列になってしまったらしく、岡田助左衛門は、
「星が畸」に城を築き、信長の遺児織田信雄を守って、秀吉に滅されるまでは頑張り、岡本定季も神徒衆を率いて戦ったが、本能寺の変の後は、その次男の岡本良勝が織田信孝の家老となって、
秀吉のため調略されたため、それを恥じて父定季は神前で自决している。
 ワンマンから自殺者まで多士済々のオ列姓
「誠実」というのが、このオコソトノホモヨの姓のつく人の特徴で、
「義理固さ」の一語につきよう。これは浅野内匠頭に義理だてした家臣の姓別が、大石内蔵助以下十六名もオのつくのがいたのを、前に説明したが、この伝統は今も続いている。
 だから他社からスカウトしてよい人材は、こうした志操堅固なこの系列であるし、「結婚」ということを考えるなら、女性の立場ではこうした姓列の男性に限るようである。
 というと善良すぎるようにも思えるが、それは間違いで、昭和に活躍した小田実とか小中陽太郎のような、
 『反戦学生のすすめ』の本をだす反骨的な快男児もいるし、新劇界に叛旗をひるがえした「小沢栄太郎」とか、ゾルゲ事件で有名な、「尾崎秀実」のような人もいる。
 「また戦争になったら若いひとをやる代り、自分がゆく」と言いきる大岡昇平もいた。
 『万延元年のフットボール』や『厳粛なる綱渡り』を書いた大江健三郎。
 そうかと思うと、大森実、大宅壮一、小汀利得といったように世の中をリードしたがる人間も居る。この流れがオコソトノホモの特徴で、映画界でも昭和では、
松竹は大谷、東映は大川、日活は堀、東宝は森、大蔵映画は大蔵貢、独立映画は大島渚といったようなこの系列の人がやるとワンマン事業となる。
 さて仕事が順調にゆけばそれはそれで良いのだろうが、もしも不調のときはこの系列の人は、くさり方が他よりも烈しい。
非常に囗惜しがりやのむきが多く、腹をたてて抗議の自殺をする人が多いのは、『自殺の系譜』という本に、名の知られた人の自決の統計がでているが、その二割をしめている。
これもノホホンとしたり無為無策には世をおくれぬ真面目さの現われであろう。
 だから用心のため生命保険をかけさせるのも一手だが、日本の保険は、自殺は契約二年後でないと支払ってくれないから、早くしないといけない。
また、この系列の女性は非常に思いやりがあって慎しみ深いが、しんが強く女流画家の小倉遊亀などもいるが、結婚相手として選ぶには無難といえる。
しかし、「神がかり」というのもおおげさだが、ヒステリー的傾向は内蔵している。といっても、「ワアワア」やるようなはしたない型ではなく、慎しみ深いヒステリー内向型ゆえ、これが陰にこもると不意に爆発する。
 「このこおそろしい」という江戸時代の、「女人へのいましめのこと」の話は後述するが、扱い方というかリードを巧くしないと大変なことになるらしい。
 つまり、よく男が女を怖いというのは、なにも食いつかれたり引っ掻かれて、怪我をするからというのではなく、男としてはまったく意想外な、
「なにをしでかされるかも判らん」という不安をさすものであろう。
 が、それは原因あっての結果であってすべて夫の仕打ち次第ゆえ、まあ身もちのよい夫だったら、なんの心配もないといえる。
一般的には、良妻賢母の標本とおもい、このオコソトノの姓をつけている女性を、一生の伴侶にむかえることこそ望ましい。平凡だが無難である。

因みに、世界的に認められ「賢人」と言われる大前研一氏は、この国を良くしようと様々な提言をしている。
平成維新の会も立ち上げたし、東京都知事にも立候補したが落選。頭脳明晰弁舌巧みで、世界的分析能力は右に出るものがない。
だが、あまりにも自己主張が全面に出すぎ、多くの人間を引き付けられないのだ。日本にとって誠に惜しい人材である。
青島幸男のような素っ頓狂な知事を選んだ東京都民も馬鹿だが、当時大前氏の出した東京都改革がなされていれば、オリンピックのような無駄遣いイベントは無かったし、
その代わり、東京は世界の金融都市になり、東洋のハブとして発展し、その波及効果として地方も大いに発展していただろう。
「オ」の付く代表織田信長の考察
歴史上有名なオの付く「織田信長」について、再掲載しておきます。
 信長の出自で、諸説は色々在るが故菊池山哉の研究に「アマの国は淡海の国か」とある。
 天の王朝のことで、この王朝の民は尾張むらじの系図の中に隠しこまれていて、判然としないが、 判りやすく言えば近江八田別所に隔離されていた一族が、
越前、加賀の仏教勢力である一向宗の勢力から逃れて尾張へ行き、織田家に仕え勝幡城の城番となったのである。
 
   そして織田の姓を貰った旧姓八田信秀の子が織田信長なのである。
 そして信長が美濃を入手するや伊勢を占領し、やがて近江に入り琵琶湖畔の弁天崖に七層の安土城を建てて君臨したのも、 彼だけの武勇知略ではない。
    <天下布武>では尾張、伊勢に多い「八」の民が、天の王朝復活のために彼に協力し、世直しをして欲しさに米穀の在る者は出し、男は皆武器をとって、信長に従って進撃したものらしい。
    「・・・又も負けたか三師団」といった言葉が戦時中あった。
 これは東北健児や九州の師団と比べ、京都と名古屋の兵は弱いのが有名で評判にされたのである。
 
   「名古屋商法」といわれる程、銭儲けにはたけているが、戦場で勇ましい話しはあまり伝わっていない。
 つまり接近戦の苦手な尾張兵のため、信長は鉄砲が喉から手が出る程欲しかったのである。
 
   だから、大国ロシアと戦うには奇襲戦法しかないと、明治軍部が桶狭間合戦、をおおいに宣伝したが、この時ついていったのは山口飛騨守、佐脇籐八、らの四人の近習者だけにすぎない。
    大勝利の筈の桶狭間合戦なのだから、その時の近習達を重用するのが普通だが、信長は棄て殺しにしようとしたため、 彼らは家康の許へ身を寄せ匿って貰っている。
  (こうした彼らの謎の行動に歴史家は何故目を向けないのだろう)
  という事は、三万五千からの大軍を率いて上洛せねばならぬ立場の今川義元が なにも近くの尾張で戦うならば、前もって掃討していた筈であるし、それが戦国の常識である。
 だから実際は信長は既にもう降参していて、尾張領内は無事通過の保証がされていたと見るのが常識である。
  なのに俄かの大雨で、信長が畏怖していた今川本陣の火縄銃が濡れ、全く唯の棒っきれになっている田楽狭間の光景を見て、 信長は心変わりして、
ぞろぞろついてきた野次馬や一旗組を指揮して本陣目がけ逆襲したのが真相らしい。これは戦などというものではなく”裏切り行為”である。
 だから家康は裏切りの生き証人として万一の際に備えて彼ら信長の近習を匿っていた。
 だからその為、高天神城が攻められた時は信長は援軍を一兵も送っていない。だが三方が原合戦の時は、家康は彼ら生き証人を最前線に出して棄て殺しにしてから、信長に救援を乞うたのである。互いに虚々実々の駆け引きである。
 
  さて分捕った五百挺の銃を持ち帰り、秀吉の妻、ねねの兄の木下雅楽助を鉄砲奉行にして、 永禄三年から、毎年夏になると美濃へ日帰り進攻をくり返した。
 が、新兵器を持たせても尾張兵は弱い。
 毎年連戦連敗。みかねた信長の妻の奇蝶が、まむしの道三と呼ばれた斉藤道三の娘ゆえ、買収戦術に切り替え、美濃三人衆の安東伊賀、稲葉一鉄らを抱き込んでようやく永禄七年に美濃、 井之口城を占領した。
 岐阜城と名を改めて大増築工事中の永禄十年に、斉藤龍興が、服部右之亮らを先手として一向宗の力を借り舟をかり集めて長良川から攻めこんできたのを、本城は改築中ゆえ今の洲股大橋の処の中州に砦を作って、
 木下籐吉郎が防いだだけの話しである。
 
  こんな事も歴史屋共は判らなく、講談の儘なのが現状である。
 明治に入って学士会を押さえる華族会会長の徳川公爵が青山堂から「松平記」を刊行して、
 家康は非人の出身だった、と暴露した「史疑徳川家康」を書いた村岡素一郎の刊行本に対抗させると、東大史学会は徳川家の「松平記」の方を創作と知りつつ確定史料と認定した。
  有体は史学会の歴史屋共が、徳川慶喜に金を貰って嘘と知りつつ買収されたのである。
 その中に斉藤龍興の美濃合戦が狂歌として入っているので、岐阜城陥落は永禄十年が学説とされている。
 
余談になるが、那古野と呼ばれていた時代から奴隷扱いされていたので、尾張兵は弱かったと想われる。
 それが調略とはいえ、伊勢を押さえ近江まで進出出来たのも天の王朝復活のため、 八の民が進んで協力したからである。
 
  播州赤穂の森城主が今で言えば体育のため、木刀の指南を召し抱えたというのが、 今で言う治安維持法の叛乱予備罪容疑とされ、城地を没収され妻の里方へ身柄お預けになった。
その後へ浅野内匠頭の祖父が上州から転封されたきた。
 この時に「塩尻」と呼ばれる製塩奴隷として那古野者が、強制移住させられたことがある。
 関西へ行けば非人扱いで苛められるからと、連行中に脱そうを企てた連中は漁食人種なのに 山国の信州の囲い地へ送り込まれてしまった。
 
此処が今では「塩尻峠」の地名で残っていてトラック便の中継地点になっている。
 つまり天の王朝の民は名古屋を中心に伊勢の荒神山から三重の桑名に近い矢田河原まて住まわされていたので、
 愛知県海部字市江町が、かっての邪馬台国ではなかったかとの異説をたてる者もあるくらいである。
 
現代でも名古屋市が市章に○に八を入れているのも、かって弱かった尾張兵がこの紙旗で進軍していたせいである。
 彼ら旧平氏の祇を信仰する者には、同堂、つまり同じ宗教の者とは戦わぬとされる厳しい戒律があった。
 
神社とか神宮はネギというのを、彼らの拝み堂で、博士、とか小太夫と呼ぶ。元締めは太夫とか長吏と呼ぶ。
 一方騎馬民族では、部落の元締めは弾正とか弾左エ門という。
 
   だから信長は鉄砲隊を全面に押したてて、尾張から美濃、伊勢、近江と進軍して、三河以東の騎馬民族の末裔たちが頑張る土地は家康に委せたのも、それなりの訳があったのである。
 どうも信長は初めの内は、日本全土制覇といった野望は無く、同宗の圧迫されていた地域解放だけを目指していたようである。
  しかし本能寺で爆死する数年前辺りからは、マカオの火薬を一手に入手し、「八」の民の大同団結を図り、 天の朝の復活を目指して日本統一の計画があったふしも窺える。
 
というのは、秀吉の代になると「何処方面を討伐せよ」と、武将達に軍資金を渡していたが、
 信長はもともとアマの民の物を取り戻すだけだからというのか、金は出してやっていない。何しろ永禄六年に商売はハチの者に限ると布令を出している。
 つまり物の売買は「八」と呼ばれる同族に限ったで、清洲を税金無しの楽市にしたり、当時は課税のため設置されていた関所の徹廃もしてのけた。
 「八」はヤとも発音するゆえ、これが尾張屋、近江屋、松阪屋といったヤ号となって現在も残っている。
 
また、蜂屋頼隆らを使わし、勝手に商売をしている地区からヤ銭を徴収させ、それを軍費に充当させていたのである。
 まあ、やらずぶったくりの合理的戦法である。
 永禄十一年信長は堺衆に対して「矢銭二万貫の割当て」と日本史にある。
 
従来この矢銭の解明が出来ず、(弓矢の矢代=軍費のこと)
 (屋銭と解釈して=棟別銭)の二通りの分け方がされている。
  しかし尼子資料の「出雲鉢屋記録」でははっきりと「八銭(やせん)」となっている。だからこれは、八族である原住系が、
 (これまで同族を奴隷に売り払って不当利益をあげていた仏徒に対する罰金)として強制徴収したものらしい。
 
この年の上洛の時の信長は、弓矢より良く飛ぶ最新兵器の鉄砲で武装していた。
 だから、もし軍事費名目なら弾薬代とか、弾銭、というべきで、もうこのの時代の名目としては「矢銭」では可笑しい。
 秀吉時代になると「段銭」という文字が出てくるから、一町一段というような 田畑の面積への課税とも間違えているが、幕末までの漢字は皆当て字ゆえ、段は弾丸の弾なのである。


 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事