<プレスリリース>資生堂、モンゴルで化粧品販売を開始

 資生堂は、2010年5月下旬よりモンゴル国の首都ウランバートルで化粧品販売を開始します。代理店ビシュレルト社(所在地 モンゴル?ウランバートル市)を通じてグローバルブランド「SHISEIDO」のメーキャップ、スキンケアラインを取り扱い、カウンセリングによるきめ細やかな対応で資生堂の愛用者づくりを着実に進めます。モンゴル国での販売により、グローバルブランド「SHISEIDO」の取り扱い国は日本を含め74の国と地域となります。<進出の背景> モンゴル国の人口は約270万人で、首都ウランバートルに約100万人が集中しています。近年の地下資源開発などによる経済成長は今後も持続すると思われます。高級化粧品市場の規模そのものはまだ大きくありませんが、2003年からの6年間で約2倍になるなど急速な伸びを見せています。都市部に住む女性のおしゃれ意識の高ますべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事