全体表示

[ リスト ]

 ここで議論を切り開いていったのが、聴衆の女性の発言である。いわく、地域委員がつくられた本来の目的は予算の決定ではなく、少子高齢化の中での地域住民のつながりの再構築であったはずであり、これが周知されていないことが問題である。前回はもっとわくわくした雰囲気があったのに、今回のこの寂しさはどうしたことか、という正当な指摘である。それに対し、玉置は「理想論にすぎない」と切り捨てたが、ここで年長者の出番が来る。佐藤は今後の改善点はあるが、一度走り始めて一生懸命やってきたのだから、市民と一緒に行動し、問題点が出たら話し合うという形で成功させたい、玉置は責任感が強すぎると述べ、野々山も問題点は私たちにではなく制度の側にあるのだから、私たちは今ある状況の中で、任期までは頑張るべきだと発言した。聴衆女性も、今日の会合はお通夜のようだ、もうスタートラインに立っている以上、委員は責任問題よりも自ら率先して盛り上げることを考えてほしい、参加者も徐々に減少している、舞台裏を見せるな、と発言した。これに対し、玉置からは市民の皆さんには舞台裏を見る責任があるという反論が出され、他の聴衆女性も、確かに逡巡から出来上がることもある以上、確立していない事柄から始めるのもよい、暗い会であっても後から振り返って必要であったとなるなら、それでよいではないか、という意見を出した。この辺りの議論が、今回の審議の白眉であったろう。
 そのあとは、次回地域委員会が6月16日水曜17時よりここで開かれること、実行委員については未決定事項が多いため、今回の地域委員会だよりでは具体的なことは書かずに、「募集予定」とのみ書くこと(それでも今後の進行に支障をきたさないらしい)が決められ、18時45分頃に地域委員会が閉会となった。私は質問の機会が無かったので、そのあとに私的に委員に質問をした後、学生と覚王山商店街で食事をしに行った。
 今回の地域委員会では、この制度の不備が強烈に問われた。それは一つには、場合によっては無責任体制になりかねない「ボランティア議員」の権限の中途半端さの問題であり、私自身委員たちの口から「私たちだけ責任をとれというのは難しい」という発言がしばしば出るのに戸惑ったが、確かに事情を聞く限り、彼らがこう言いたくなる気持ちも分からないでもない(これを強調すると、確かに委員の成り手はいなくなるだろう)。第二に議会の予算審議の時期との整合性の問題である。私は議論を聞きながら、事業評価の主体が行政か地域委員かが気になっており、もし後者なら今後の地域委員会で事業の報告と評価を行い、それを次年度の予算案につなげればよいのでは、と感じていた。その点を委員会後にある委員に聞いたところ、評価主体は未決定であるが、問題は次期予算案が11月頃に審議されることであるという返答が得られた。結局のところ、「地域課題についてテーマで縛りをかけるべきか」という当初からの論点が未だに尾を引いており、身近な福祉や防犯のようなテーマが論じられず、本来多額の予算と多くの年数がかかるはずの「歴史的建造物」の議論に論点が集中していることが問題では、と聞いてみたが、彼の返答は「むしろ地域課題が限定されているために、議論が広がらずに良かったと思う。身近な議論でない分だけ、今後の地域委員会にとって、モデルになるのかもしれない」というポジティヴなものだった。私は安心してその場を去った。
 制度の不備は投票率の問題と並んで、今後の改善点ではあろう。私自身、議員報酬の問題はともあれ、地域委員会には期待をしているし、今回の地域委員が大層な努力をしてくれていることも聞いている。地域委員会に熱い期待をかける人間も、少ないながらもいるのである。私自身がどこまで関わるべきかという問題も含め、今後の地域委員会について真剣に考えていきたい。
 なお、2010年5月27日付け朝日新聞名古屋版によれば、名古屋市は26日の中期戦略ビジョン案において、地域委員会を2012年度には40学区、2018年度には200学区に拡大するという目標値を公表したが、同日の市議会の総務環境委員会では、「まだまだ議論が必要な制度」という疑問の声が多く上がったという。廃止されなきゃいいが。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

ヤリマンから5万円もらったww
imageoff.net/kx/c85lz4n 削除

2010/5/31(月) 午前 5:27 [ パピー星人 ] 返信する

顔アイコン

本人補足:2010年5月25日付け読売新聞によれば、名古屋市は市議会6月定例会で、地域委員会のモデル実施を全16区に拡大する補正予算案(約4000万円)の提案を見送る方針を固めた。モデル実施拡大の提案は2月議会・4月議会でも否決されており、市長と議会の対立が激化する中、市側はモデル8学区が決めた地域予算案約7500万円の成立を最優先させたらしい。これが通らない場合、議会側が要求しているモデル実施の検証作業もできない(市幹部)。これに対し、2010年6月1日付け朝日新聞名古屋版によれば、河村市長は5月31日の会見で、地域委員会を来年度から市内全域で実施する考えを明らかにした。予算決定までに時間が無いこと、予算の使い道が限定されていることなどの課題を検証した制度づくりにも乗り出す。そのためのモデル地域の検証は現在の8つで可能として、モデル地域拡大の予算案の提案見送りも容認したという(同日付け中日新聞にも類似記事あり)。相変わらず市長は強気である。

2010/6/21(月) 午前 0:45 [ a99*90*d ] 返信する

顔アイコン

本人補足:他方、2010年6月2日23時30分からの東海テレビ「ニュースJAPAN」によれば(23:53)、地域委員会を進めようとしている河村市長に対して、議会側が地域委員会の評価のために、大学教員らによる第三者委員会を検討しているという。2010年6月5日付け朝日新聞によれば、名古屋市議会は予算審議のために、8地区72人の地域委員との意見交換会(自民党の藤田和秀ら、総務環境委員会市議らが出席)を12日に市公館で開くことを決めた。こうした検証作業そのものは重要であると私も思うが、地域委員会がいよいよ名古屋市政の対立に振り回されている感がある。方向性は間違っていないのであるから、双方に堅実な議論を望みたい。6月7日、地域委員会だよりVol. 5が下宿の郵便受けに届いた。

2010/6/21(月) 午前 0:46 [ a99*90*d ] 返信する

顔アイコン

本人補足:2010年6月8日付け中日新聞県内版には、「100歳まで元気で暮らせるまちづくり」を掲げた守山区小幡学区の地域委員(9人、委員長は早川)の1人に公募で選ばれた、小木曽(56)の事例が掲載された。癌検診の受診率を上げたいという彼の提案は、最初は保健所の仕事だとして反対されたが、国や県に比べて低い市の目標値を指摘し、まず私たちが下から盛り上げていくべきだという主張が通り、1000万円の予算枠に乳癌と子宮癌の検診のPR費35万円が入った。また「安全安心なまちづくり」を掲げた天白区表山学区(NPOやボランティア団体が欠如)では、非常食・工具購入、避難地図作製などが提案され、委員会の愛称やイベントの合言葉が傍聴者の投票で決められているという。

2010/6/21(月) 午前 0:47 [ a99*90*d ] 返信する

顔アイコン

本人補足:「魅力あるまちづくり」を掲げる緑区桶狭間学区(梶野委員長)でも、古戦場まつり関連イベントや、バケツリレーなどの防災訓練メニューを取り入れた運動会の開催が予算案に盛り込まれ、新旧住民の交流の核をつくることに成功しているという。

2010/6/21(月) 午前 0:48 [ a99*90*d ] 返信する

顔アイコン

本人補足:第8回地域委員会のついては後に掲載するが、2010年6月30日、地域委員会だよりVol. 6が届いた。第8回会議の報告、実行委員の募集要項が記載されている。第9回会議は7月14日18時から。

2010/7/11(日) 午前 4:12 [ a99*90*d ] 返信する

顔アイコン

本人補足:2010年6月13日付け朝日新聞名古屋版によれば、地域委員会委員約60人と藤田和秀(自民党)ら市議12人との懇談会(市議会総務環境委員会主催)が、市議会6月定例会前の12日に開かれた。「単年度予算しか認められず使い勝手が悪い」、「まず予算をあげるから使い道を決めろというのは審議していてむなしかった」などの問題点が指摘されたという。ちなみに同紙には、4月発売の新ご当地グルメ豊橋カレーうどんの記事もある。

2010/7/11(日) 午後 9:32 [ a99*90*d ] 返信する

顔アイコン

本人補足:増田寛也『地域主権の近未来図』(朝日新書、2010年)、61〜65頁に、名古屋市の議会改革と地域委員会についてのコラムがあり、田代学区の大原が登場している。全体として河村改革への批判の視点が希薄な記事である。

2010/7/16(金) 午後 2:37 [ a99*90*d ] 返信する

顔アイコン

本人補足:昨日http://blog.trend-review.net/blog/2010/07/001699.htmlにこの記事の一部が人名を修正の上、引用されていることに気付いた。基本的な政治的スタンスの問題はともかく、引用そのものは誠実であると思う。謝意をこめて紹介しておく。

2010/7/21(水) 午後 10:45 [ a99*90*d ] 返信する

顔アイコン

本人補足:地域委員会の制度設計がいまいちだということ自体は正しいし、それが市長の安易な見切り発車によるものだということも間違いはない。市長がこれをてこにして、議会の定員削減をすること自体にも私は批判的だと述べた。にもかかわらず、地方分権のあり方が問われる今日、この地域委員会という制度自体は興味深い実験であると私は考えているため、これを安易に否定する立場にも賛成はしかねる。まだ制度は始まったばかりであり、これをどう生かしていくかが試行錯誤されるべきときである。別に市長と切り離してこの制度を論じることも可能ではあるはずだ。政治的であるということと、ただの党派闘争とは本来異なるはずなのだ。

2010/7/22(木) 午後 8:15 [ a99*90*d ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事