着物アロハシャツの山雲海月

和柄の古布やVintage着物から仕立てた1点モノのアロハシャツ

全体表示

[ リスト ]

散華の参道

不忍通りから根津神社へ至るには、二つの道があります。
一つは、根津神社入り口交差点からの道。
もう一つは、千駄木二丁目交差点からの道。

この時期お勧めなのは、
花の盛りを終えようとしている木蓮が道一杯に散っている、千駄木二丁目交差点からの道です。

イメージ 1


撒かれた散華のようなその花びらの形を見て、
木蓮とはよく名付けたものだと、改めて思いました。

イメージ 2



「真白うて やがて地に帰す 散華かな」

鵜舟の句をちょっともじってみました。


その散華の参道を行くと、
日医大前に、根津神社の大鳥居が姿を現します。

イメージ 3


この鳥居をくぐると、
何故かいつも一陣の風が吹き、
辺りの梢がざざざざざぁ〜っと揺らぎます。

それはあたかも、
御幣が振られ、罪やけがれ災厄を、祓い清められているかのようです。

根津神社の不思議の一つを是非、体験してみてください。



さて、その根津神社では今週末4月9日(土)〜5月5日(木)迄、
文京つづじ祭が開催されます。

掃き清められた境内。
イメージ 5


魔除の粽。
イメージ 4


そしてこれから盛りの桜。
イメージ 6


祭の準備はすっかり整っているようですが、
つつじの見頃はもう少し先になりそうです。

イメージ 7



今日ご紹介させていただくのは木蓮ではなく、舞い散る銀杏が描かれたアロハシャツです。


黒とベージュの染め分けを背景に、
純白の鳩が三羽手描きされたビンテージの羽織から仕立てたてました。

鳩は平和のシンボルとされていますが、
三羽描かれているので、愛と勇気と平和とさせていただきました。
生地には、菊や水仙、笹、梅などの織り模様があります。

染と織りと手描き。
着物に必要とされる伝統技術が結集された素材から仕立てたアロハシャツです。



ATELIER 山雲海月では引き続き、Support Japanチャリティー
「A piece of WAGARA, A peace of Japanese Spirit.」を開催しております。
Support Japan対象商品の売上げ金額全額を被災地支援のため、
日本赤十字社に寄付させて頂きます。
皆様の温かいご支援、ご協力、宜しくお願いいたします。







ビンテージ着物や和柄の古布から1点モノのアロハシャツを仕立てています。

ATELIER 山雲海月
113-0031
東京都文京区根津2−37−1
03-5834-8850
12:00〜19:00 (火曜日定休)
http://www.kimonoalohashirts.com/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事