着物アロハシャツの山雲海月

和柄の古布やVintage着物から仕立てた1点モノのアロハシャツ

全体表示

[ リスト ]

お洒落は足元から・・・・と言いますが、
夏のカジュアルな服装に、職人さんが作ったちゃんとした桐の下駄を合わせると、
ワンランク上の大人の装いになります。

イメージ 1


この下駄は福島県喜多方市の黒澤桐材店の黒澤孝弘さんの作品。
黒澤さんならではのこだわりを伺っている内、
どうしても欲しくなって、自分用に購入したものです。

それまではトルソーの下にビーチサンダルを置いていたのですが、
あまりに普通で、
考えられたコーディネイトという印象ではなかったです。
しかし金魚柄の和と下駄の和で、
カーゴパンツの洋を挟むと、
それぞれがそれぞれの良さを引き出しながら、
際立たせているように見えないでしょうか?



イメージ 2


イメージ 3


4種類の金魚柄の古布を合わせて仕立てあります。
背中には世界最大! 体長約45cmの金魚も泳いでいます。


また会期中、
蓬田商店さんにわたしの裁ちバサミを研いでいただき、
その切れ味にびっくりしたのですが、
更に驚いたのはその直後。
あるお客様に、
10種類のVintage縮緬crazy patternアロハをお買い上げいただいたことでした。

職人たるもの、道具をきちんと手入れし、ちゃんと磨いておけば、
間接的であっても、それがお客様にも伝わる!ということなのでしょう。


小田急百貨店・藤沢店で開催された、
「全国 匠の技展」へお越しいただいた皆様、ありがとうございます。

また、わたくしどもの商品をお買い上げいただいた皆様、
心よりお礼を申し上げます。

いつものことながら不安で一杯の出展でしたが、
多くのお客様からお声掛けいただき、
おかげさまで無事催事を終了することができました。
ありがとうございました。

全国から職人さんが集まるこのような催事では毎回のことですが、
他の職人さんから、その職人さんならではの有益なお話を伺え、
今後のわたしの活動の励みや、刺激となりました。


新品のようにピカピカではありませんが、
鈍く光って尚、鋭い切れ味のハサミ。

 「本当に価値のあるものは、
  シンプルで垢抜けていて優れていながら、
  努力の跡を感じさせないのだ。」

蓬田さんに研いでいただいたのは、道具ではなく心だったのかもしれません。



アロハシャツという形の日本文化
[ビンテージ着物や和柄の古布から1点モノのKIMONO Aloha Shirtsを仕立てています。]




黒澤桐材店
 福島県喜多方市字一本木上7749
 Tel:0241-22-0928


蓬田商店
 東京都江東区千田1-11
 Tel:03-3645-6202

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事