着物アロハシャツの山雲海月

和柄の古布やVintage着物から仕立てた1点モノのアロハシャツ

全体表示

[ リスト ]

来シーズンのアロハシャツ第一弾が仕立て上がりました!


イメージ 1


なんと背中には「猫に小判」の和柄。
猫に小判と聞いても別に不思議ではありませんが、
この素材、元は子供の長襦袢でした。

一体どんな親が自分の子供に「猫に小判」の柄を着せたのでしょう???
そう思うと不思議でしょ?

しかも、飛びあがろうとしているような猫や後ろ姿の猫だけならまだしも、
ふざけて踊っているような猫の姿も・・・

イメージ 2


そして猫のまわりには鈴。
面白いですね〜。


一方前身頃は、丸窓に歌舞伎役者の顔や風景が描かれた羽裏地を使っています。
歌舞伎役者が見得を切った瞬間を切り取ったようないきいきとした表情が魅力です。

イメージ 3


他には、提灯、富士山、月に雁、柳、番傘など、
歌舞伎の舞台に登場しそうな風景や情景が描かれています。

イメージ 4


前から見ると丸窓に歌舞伎役者。
後ろ姿は猫に小判。
ATELIER 山雲海月ならではの組合わせでしょ?
しかしこのアロハシャツ、それだけではありません。

自分の子供に「猫に小判」の長襦袢を着せた親御さんにその理由を尋ねても、
きっと「柳に風」、さらりとかわされてしまうと思い、
前立ての内側や肩ヨークの内側には、「柳に風」の柄をあしらいました。

イメージ 5



丸窓に歌舞伎役者、猫に小判、そして柳に風。

伝統を踏まえつつも、新しいことへも果敢にチャレンジされている歌舞伎役者の方々。
そういった方々への想いをATELIER 山雲海月なりに表現したKIMONOアロハシャツです。


ATELIER 山雲海月、2013年のアロハシャツ。
一つの生地で仕立てたアロハだけではなく、
こういった面白い組合わせのアロハシャツも登場しますので、どうぞお楽しみに!


ところで、東京は歩道に銀杏が散っていますが、
こんな季節でも、柳は未だ青々としているのですね。
本日師走でにぎわう浅草寺へ行って来たのですが、
雷門の前にある柳を見て、柳はいつ散るのだろう?と思いました。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事