着物アロハシャツの山雲海月

和柄の古布やVintage着物から仕立てた1点モノのアロハシャツ

全体表示

[ リスト ]

大阪府八尾市の魅力を満載したガイドブック。
Wao! Yao!

イメージ 1


八尾の入り口と題された表紙をめくるとその見開きページに、
わたしがホームページの制作と写真撮影を担当させていただいている、
與兵衛桃林堂さんの写真が掲載されています!

イメージ 2


天童よしみさんはデビュー曲「風が吹く」の世界をこの通りに見たそうです。

イメージ 3


角がぴーんと立った茅葺屋根の折り目正しいその姿。
手が切れてしまいそうなくらいの鋭角ですが、
そこで作られるお菓子は、あくまでまあるくふわっと優しいお味。
その象徴ともいえるのが甘納豆「桃子」。

イメージ 4


繭のような袋の中で、賞味される時を待っています。

イメージ 5



さて、ATELIER山雲海月の新作アロハシャツ。
與兵衛桃林堂さんの切り妻屋根の歴史にはとても及びませんが、
おそらく幕末〜明治時代に作られたと思われる手織り麻衣裳を素材に仕立てました。


イメージ 6


アンティーク、骨董といえば、100年以上の時を経たモノのことをさします。
陶磁器や貴金属ならまだしも、着物で100年以上の時を経たもの、
しかもリフォーム素材として使えるような程度の良いものは、めったに手に入れることができません。

わたくしどもATELIER 山雲海月が、
アロハシャツのほとんどをビンテージ着物アロハシャツと命名しているのはこのためです。
しかしこの素材はアンティークと言って差し支えないと思います。

一羽一羽手描きされた丹頂鶴の姿や表情がユーモラスなのがいいですね。

イメージ 7


長き時を経て大切にされてきた素材に敬意を表し、
襟を正す意味も込めて、「太輪に違い鷹の羽」家紋をあしらいました。

イメージ 8



Wao! Yao!の中に書かれているように、
歴史を探ることによって発見する新しいこともあります。
明日への入口は普段見慣れた、古い佇まいの中にあるのかもしれません。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事