着物アロハシャツの山雲海月

和柄の古布やVintage着物から仕立てた1点モノのアロハシャツ

全体表示

[ リスト ]

Enter the Dragon Aloha Shirts

もうこれからは、
わたくしどもATELIER 山雲海月が入念に吟味し、
本当にこの素材でアロハシャツを仕立てたい!
これこそがATELIER 山雲海月の着物アロハシャツだっ!

そういう思いで巡り合った素材から仕立てたアロハシャツ。
それが2015年、ATELIER 山雲海月の新作着物アロハシャツの第一弾



イメージ 1


墨の濃淡だけで、シンプルに描かれた龍。

かっと見開いた鋭い眼光、
何かを掴み取るかのような力強い爪、
ふわぁ〜っと細く長く伸びる柔らかな髭、
大きく開かれた怖ろしい口、
そして、龍が登場する時にはこのような背景でなければならないと思わせるような
おどろおどろしい背景の雲。

まるでどこかの古刹の天井画から写し取って来たような雰囲気です。


これまでにもいくつか龍の絵柄のアロハシャツを作ってきましたが、
これは、これまでの中でもちろん最高!
そしてこれからも、もうこれ以上の龍の絵柄に出会うことはないでしょう。


素材は江戸縮緬。

普通の縮緬と何が違うのか?というと、
それは縮緬に使われている絹糸が違います。
ではなぜ普通の縮緬の絹糸と江戸縮緬の絹糸は違うのか?というと、
それは蚕が食べる餌である桑の葉が違うからです。
では現在と昔では何故桑の葉が異なるのでしょう?
それは桑の木に与えている飼料が異なるからです。

人工的に加工された飼料と、オーガニックな飼料。
当然それを食べて吐き出される絹糸は異なります。

江戸縮緬独特の柔らかで繊細な、
しかし確りとしたしぼのある縮緬は、
実は餌となるオーガニックな桑の葉から生まれていたのです。

人間も同様に、食べるものは非常に大切だということですね。


もちろん江戸縮緬に描かれている絵柄のクオリティーも普通の縮緬とは異なります。
繊細で緻密。
そして大胆で豪奢。
今では大変貴重になった江戸縮緬。
1着分のシャツを仕立てるだけの分量の絵柄が、
まとまって手に入ることはまずありません。

もとは長襦袢だったこの素材。
こうしてアロハシャツに仕立てたことにより、
描かれていた龍は今、自由に空を羽ばたく翼を手に入れました。

元の長襦袢がそうであったように、
また貴重な江戸縮緬に敬意を払い、地色に合わせて縫い糸の色を細かく変え、
丁寧に縫製しました。

イメージ 5



襟のボタンは黒蝶貝、

イメージ 3


前立てのボタンは厚みのあるサザエのボタンです。

イメージ 4



この極上のアロハシャツをまとい、龍を天空に飛び立たせてください。

イメージ 2



第二弾は五月中旬のお目見えの予定です。
そちらもどうぞお楽しみに!





閉じる コメント(1)

顔アイコン

思わず初コメしちゃいました(*^^*)
最近読んだブログで1番気にかかってしまったので、思わずコメントしちゃいました(*´艸`*)
最近は、私はバイナリーとか食とか最近の出来事について書いてます♪
私も書き方を参考にさせて頂いちゃおうかな♪是非、私のブログも見てみて下さいね☆ 削除

2015/4/12(日) 午前 6:22 [ ゆうママ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事