外国人の話

一分の手間が人を変える

最新記事

すべて表示

切磋琢磨

この間シャレにならない苦労話を聞いた。 いつもの弓の話である。 その人は、いわゆる流派弓道あがりの人で一般の市民道場で苦労されている、弓道難民の一人である。 あるとき、弓を引いていると開き足の作法が違うと上 ...すべて表示すべて表示

悪魔に魂を

2017/3/3(金) 午後 11:53

百発百中の弓の名手に成るのなら是非にでも悪魔に魂を売る。 そう嘯いたことが幾度となくあった。 今日は現実にいた名手の話である。 いざ弓を執れば百射皆中、調子が悪くても90中は固く、 不動の異次元 ...すべて表示すべて表示

秋風や

2016/12/9(金) 午前 2:33

芭蕉の弟子の去来の句であったか、 秋風や白木の弓に弦はらん。 湿気が失せて、一気に気温が下がり、秋口に白木の弓を引き出してくる。 そういう一句に則して言えば存外風流であるが、 何のことはない最近 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事