だべり場

プリキュアおじさんの住処

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 タイトルうろ覚えで書きましたがあってるでしょうか。そこが心配。
 
 さてネタバレ感想してもいい頃な気はしますが、一応ネタバレはしません。
まず、歴代映画に比べて戦闘作画はかなりがっかりです!!
 
 はい。本編同様というか、戦闘にかける作画はがっかりでした。スマイルが凄すぎただけという気もしますがね。動くドキプリメンバーが見たいならASNS2を見ればいいじゃない。
 この映画、今までのプリキュアでは絶対にありえな〜い!ことをしてきました。そのことで妹と目を白黒させる始末に陥るほど驚きましたね。まさか、それはプリキュア的にはタブーじゃなかったのか!?と。
 本当に。まさか、それは雪空のともだち並みの、mktnシャワー並みのタブーなのでは?しかしやってしまったし、キュアハートの漲る愛を表現するためにはあるいは必要な犠牲だったのかもしれませんね。戦闘はがっかりでも物語としては引き締まったいい体してました。ラスボスの正体には結構驚かされましたね。意外でした。お前かよ。
 
 時に、映画館の横で見ていた幼女がOPテーマやEDテーマ、ASNS3の予告の時の永遠のともだちを口ずさんでて可愛かった。日曜日に見ただけあって幼女が沢山いたのでミラクルライトもいっぱい元気よくぶんぶん振られていてほんわかしました。系統としてはフレッシュに近い物を感じる内容ですが、歴代映画でも数少ない映画ボス完全粉砕映画です。悪者へかける慈悲も愛もない。和解の雰囲気を醸し出すことすらなく完全粉砕。凄いのは鍔迫り合いすらせずに一撃粉砕だったということ。おいラスボス少しは粘れよ。
 
 ぶっちゃけ同時期に絶賛公開中の魔法少女まどか☆マギカ叛逆の物語よりも鬱要素強い気すらします。叛逆も面白いので見ましょう!私は三回見てきましたよ。杏子は相変わらず天使。やはり杏さやが至高。

性なる嘘つき

イメージ 1
 
やりたいやりたい詐欺していた私の好きな漫画をちびちび紹介してくのコーナー。
記念すべき一発目がこれである。何考えてるんだか。
 
タイトル:性なる嘘つき
作者:おりもとみまな
 
 短編集ですね。性転換ものです。所謂TSもの。右下に思いっきりTSCOMICSて書いてますしね。
 まず本書の特徴としてとても絵が綺麗、というのがあります。また性的な描写がふんだんに盛り込まれており、えっちなのがいやな人には微塵もお勧めできません。ほんとにこれが一発目なのが謎すぎる。完全に私の趣味です。はい。
 一口にTSものと言っても男から女に、女から男に、自分が変化、友人が変化、突如変化、徐々に変化などさまざまなバリエーションがありますが、素晴らしいことに本書はかなりバリエーション豊富です。またTSだけでなく女装少年要素なども随所にみられます。そういった類のものに興味がある人ならば必携の一冊でしょう。ただ問題として大体どこを覗いても在庫切れです。つまり定価で買える保証がこれっぽちもありません。その点はご了承を。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事