だべり場

プリキュアおじさんの住処

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

久しぶりに。

 うん。放置すること何ヶ月でしょうか。思い出したように更新。
 最近は結構真面目に課題に取り組んでたり、バイトしててみたり、スプラトゥーンしてたりします。スプラトゥーン楽しいよ。GO!プリンセスプリキュアもずっと楽しんでたりワンパンマンのアニメのBDを予約してみたり、掟上今日子シリーズを読みふけってみたり色々楽しく過ごしてますわよ。

 日記というほど書く事もない日常を過ごしているのですが、熱く語るとすればやはりスプラトゥーンですね。任天堂より発売されたインクを発射してステージを自分色に染めていくゲームです。世界を塗り替えなイカ?というキャッチフレーズでおなじみ(おなじみか?)のあのカラフルなゲームです。主人公がイカなのが特徴的。世界観が独特で、更には人物や背景などの美術もポップでかわいいのです。そして肝心のゲームシステムはといえば、そちらも非常にできが良い。普通のTPSとはまた違う駆け引きが要求されます。ちなみに私は普通のTPSやFPSは苦手です。苦手というかあまり触ったことがありません。親に戦争するゲームはするなと言われて生きてきたので。
 ともかく面白いゲームですので、お金と時間に余裕があれば是非にもプレイしてみてくださいな。きっと後悔しないはず。
 腕に自信のある方は(ない方でも)よければ対戦でもしてみましょう。

 さらに!さらにさらになんと遂にようやっと!傷物語の映画の公開日が決定とのことです!待ちわびた!この日を!待望した!!!
 傷物語とは、今更語るようなものでもないですが物語シリーズの原作では3冊目であり、シリーズ中最も古いおはなしであります。つまるところ本編に対する過去編。主人公が如何にして吸血鬼になったのか、美しき吸血鬼との邂逅から、仲違いまでのお話なのです。個人的に原作の中で最も好きなお話なのでアニメで動くのをずっと待っておりました。
 しかもこの映画、なんと三部作だそうで。じっくり作ってくださるわけですね。ありがたや。映画なので流石に作画も安定してよく動くはずです。よく動け。傷物語は物語史上一番戦闘シーンの多い物語でもあるので、動け。
 最大の心配店は近所の映画館で上映されるのかどうかってことですね。されなければ前売り券も買えず、つまりそれは前売り特典が貰えないということです。そんなことになったり死にます。頼む、売っていてくれ。

 スプラトゥーンと物語シリーズにうきうきしているなか、今私の中で「来ている」ものを新たに語るとするならば、ノベルス『幼女戦記』でしょう。タイトルは完全にギャグの雰囲気ですが、その実中身は重たい戦争モノです。所謂ライトノベルにありがちな「異世界に転生した主人公がファンタジー世界で俺TUEEEEEEEEEEE!!」ものに分類される設定ではあるのですが、しかしその分類の中では異才を放っていること間違いなし。異彩というか異端。
 まず、確かに異世界転生物ですが、飛んだ先の異世界がゲームの中だとか、剣と魔法のファンタジー世界とかではありません。化物とか出てきません。レベルの概念とかありません。回復魔法とか、ご都合主義的な要素はまあほぼありません。ご安心を。魔法の概念こそありますが、しかしそれで無双できるとか、そういう生ぬるい世界でもありません。死にかければ死にかけて、あわや命を落とします。大群相手に一人で立ち向かって余裕で殲滅したりできません。そんなことしようとすら考えず逃げます。
 次に、主人公が転生物にありがちな『ニート』とかそういう人種じゃありません。しっかりとした大人の男性で現実主義者のサラリーマンです。エリートです。なので異世界で多少無双してもあまり「おいお前ごときが何故無双できるんだ?」とはなりません。その豊富な知識と合理主義で現実主義な思考回路が武器です。
 物語は現実世界で言うところの第二次世界大戦をモチーフにしており(はず。第一次大戦かもしれません)主人公の属す国家はドイツと似たような立ち位置にいます。あくまでも人間対人間。あくまでも国家対国家。
 あまり多くは語れませんが(まだ1巻しか読んでいないので)主人公が幼女に転生し、異世界が血と泥にまみれてあくまで合理的に現実的に戦うお話です。文章もかなり重たいので、ライトなノベルを想像している方や、普段活字を読まない人には正直おすすめできませんが、読んでみてはいかがでしょう。

 久しぶりに文章綴って疲れた。ではまたいつか。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事