ここから本文です
死ぬまで釣り人生×颯
エリアの東大こと朝霞ガーデン育ちで、関東を離れ広島県のフィッシングエリア帝釈のプロスタッフ&営業として活動中です(//∇//)

6/16 今週も帝釈峡

2週連続で行ってきました

イメージ 1


活性が高かったのは小雨混じりの朝イチだけで、昼前からは悶絶状態でした

イメージ 2


スプーンは全くと言って良い程、反応無し

イメージ 3


イメージ 4



釣果はクランクが圧倒的に半分以上を占めました

イメージ 5


1日で44匹、集中して釣りをしたにもかかわらず匹数が伸びませんでした

イメージ 6


釣りたいルアーにこだわらず、その時のパターンにハメてやれば、もっと釣果も伸びたと思います

イメージ 7

Facebookに夢中で、ブログを放置してしました

1週間前になりますが、ホームエリアの帝釈さんに行ってきました

イメージ 1


朝イチは、活性も良く程よく釣れていたのですが、昼頃からは渋くなりクランクも入れていかないと難しい状況でした

イメージ 2


昼に放流が入り、釣り仲間と放流狩りを楽しみ、ペレットタイムには帝釈オリジナルアイテムのスプラッシュトップで数を重ねていきました

イメージ 3


色んなカラーのスプラッシュトップを投げ倒しましたが、プロショップトモさんのオリカラの『猪』、『ダークブラウン』、『ライトブラウン』のカラーが1番反応が良かったです

イメージ 4


自分のスプラッシュトップの使い方は、3回連続トゥイッチからの止め(ポーズ)が色んなエリアで試した結果、比較的反応が良いです

イメージ 5


先日、鹿島槍に行ったお客さんがスプラッシュトップで大型魚を爆釣したと釣果報告を頂きました

イメージ 6


スプーンは、アンダー1g〜1.4gで表層バジングから50cm前後、カラーはセオリー通りで
クランクは、ニョロ系で70cm前後のチャート、カラシ系カラーをスローで巻くと良かったです
少しの間は、このパターンが効くと思います

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事