鹿児島を走る!!

バイクフォーラムのスタッフ益永による実走ツーリングレポート

第22回 南薩広域農道

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

「鹿児島を走る!!」 はバイクフォーラムの益永が、いちライダーの目線で鹿児島県内の道路を実際にバイクで走行した記録と感想を綴ったレポートである。
 
第22回目は、以前より進捗状況が気になっていたルート南薩東部広域農道の続きと、その先にある南薩広域農道
アドレナリン噴出必至の極上快走路だった南薩東部広域農道
辿りついた喜入トンネルの向こうは果たしてどうなっているのか?
 
 
では前回の続きから。スタート!
イメージ 1
さて、旧道散策を諦めて喜入トンネルを抜けると・・・?
更なる快走直線路が続演される!
イメージ 2
あなたの耳に聞こえて来たのは、甲高く吹け上がるエキゾーストノート?
それとも地に響く重低音の鼓動音?
何れにせよ、
イメージ 11
超気持ち良いぃぃっ!ウリィィィッ!!
奇特な雄叫びを上げながら、長閑な風景の中を快走する!
だが、路面状態が良いと自然とペースが上がってしまうので注意が必要だ。
なぜならば・・・。
こんなものを見逃してしまうからだ。
イメージ 12
はい、銃を構えるのは止めて下さい。
 
その後、更に悶絶快走路は続く。
イメージ 13
真新しいアスファルトはタイヤの要求をしっかりと受け止めてくれる。
本当に良く馴染むッ!
最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハハーッ!!
その刹那!!
イメージ 14
対向3車線からの、突然の砂利ダートで一気に狭隘路へ・・・。
オゥ、サプライズド!
どうやらお楽しみはここまでの様だ。
イメージ 15
そしてそのまま直進したい気持ちを抑えつつ、左へ下る迂回路へ。
イメージ 16
工事中の橋梁の袂を通る。
現道に合流するも・・・、
イメージ 17
そこにはもう道が無かった・・・。
この南薩東部広域農道は、起点の平川から海沿いの国道226号と尾根伝いの指宿スカイラインに挟まれたかたちで山間部の中腹をそれらと並走し南下する。
その後、池田湖の外側をグルッと回り込む様にして鰻池、更には開聞岳との間を通り南薩広域農道へと接続する。
う〜む、全線開通が待ち遠しい。
しかし、やはり我田引水だが交通量の増加を嫌忌する・・・。
 
それでは、その接続先となる南薩広域農道へと足を延ばしてみよう。
と、その前に腹ごしらえを。
あのタイガーウッズも通ったというモスバーガー指宿店へ。
イメージ 18
今朝「スッキリ!!」で観た本日発売の噂のざくざくラー油バーガーに、モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)、それとテリヤキバーガーのオニポテセット
えっ?一人分ですが何か?
 
さて、おなかも満たされた所で国道226号沿いの富士見PAへ。
イメージ 3
お約束的な構図で面白みに欠けるが、言わずと知れた薩摩富士、開聞岳。
そして、知る人ぞ知る「ん」の先を右折して、
イメージ 4
枕崎目指して南薩広域農道が始まる。
イメージ 5
しかし、水を差すようだがあくまで農道なので・・・、
ドドドーーーン!!!
イメージ 6
うおりゃぁぁぁっ!!
フロント周りが浮いてくるような感覚!再び!
このルート、アップダウンがあるものの大部分を見事なストレートが占める!!
イメージ 7
田畑の向こうに東シナ海の水平線を望む。

更にストレートが続く!
イメージ 8
幾度と無くアップダウンを繰り返し、この様な景色だと自分が今走っている道の傾斜が上りなのか下りなのか、何だか良く分からなくなってしまう。
交差する道もストレート!
イメージ 9
枕崎空港方面。
先程の開聞岳の遠望が利く。
更に更にストレートを駆け抜ける!
イメージ 10
やがて、南薩広域農道県道34号枕崎知覧線との交差点で終点となり、このレポートも終了となる。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事