女性建築家のブログ

さりげなく 美しく 楽しく 自分スタイルで暮らす!

☆ブログのお引っ越し☆


半年程 こちらのブログと二本立てにしておりましたが、いよいよお引っ越しします。。。

長い間 ご愛読いただきまして ありがとうございました。
読んで頂いた方 皆様に感謝致します。。。

これからは、アメブロの 女性建築家のインテリアサロン+i.style で続けて参りますので、どうぞ宜しくお願い致します!



この記事に

開く コメント(5)

ベーシックコース終了☆


イメージ 1


9月からのベーシックコースが先日一段落しました!
今回は4名でしたが、最後の模型では和気藹々と楽しく。。。
あまりに皆さんの模型作りへの意気込みがすごくて、時間内に終わらず宿題になってしまいました。。(笑)

続いてアドバンスを受講されているので、アドバンス初日にプレゼンテーションを行って頂きました♪

いつもそうなのですが、本当に皆様お一人お一人の個性がでてすばらしい発想でステキな模型を作って下さいます☆

こちらの写真は、4名の皆様の模型です。
今回のお一人お一人の模型の紹介はこちらでご紹介しています!
 女性建築家のインテリアサロン

この記事に

開く コメント(0)

今週は、とってもうれしいことがありました☆

昨年北海道でインテリアを教えに何回か行っていたのですが、その時の生徒さんが会いに来てくれました!

折角だから、私の街である横浜で。。(生まれも育ちも横浜のハマババアですので)ということで、
夜 赤れんが倉庫のレストランで集合!

横浜は東京に一番近い一地方都市であり、明治開港からの歴史ある、大人の感じのとても静かな街なのです。
夜になりますと、みなとみらい以外の旧市街地である馬車道あたりはキング、ジャック、クィーンという異名の古い建物がライトアップされても閑散としていて、ロンドンのはずれに似た街並です。

イメージ 1 ライトアップされた赤れんが倉庫広場の中央にベイブリッジが。。。これからのクリスマスシーズンはもっとライトアップされて美しいことでしょう。。

毎年 ボジョーレヌーボの時に、会いましょう! とお約束してステキな時間を過ごせました♪

ステキな時間を ありがとう☆☆☆

この記事に

開く コメント(0)

最近 とってもうれしいことがあります♪
それは、私が目指しているインテリアとは暮らしを考えること! ということに徐々に共感してくださる方が増えて来た事です!

インテリアレッスン+i.style を開講して2年くらい経ちます。私が30年以上人の暮らしをつくってきた建築家として、一般の方が自分の暮らしをつくれるような日本人になれればいいなあ。。。と思って始めたインテリア教室。
インテリアを考える事は、暮らしを考える事!
欧米と日本の住文化の違い。それを知らずに戦後急激に変化した日本の住文化に生活スタイルを持ち込んでいる日本の住生活。
そんな私の30年の知識を少しでも皆様にお分けできましたら。。。
そして、皆様の暮らしが豊かに 楽しく 自分スタイルで暮らす ことができるようになるお手伝いができましたら、私は幸せです!

今日は、心に傷を持った子供の治療をしている臨床心理士の方がお見えになってインテリア模型をつくられました。
彼女は、はじめに「インテリアを仕事にするわけではありません。でも趣味でインテリアを学びたいのですが、いいですか?」と。。。
私は、プロになる方のために+i.styleと作ったわけでなく、普通に暮らしを考える日本人の為に作ったので即レスで「勿論です!そういうかたの為のインテリアレッスンであり、暮らしを考えるレッスンですから。。。」とお答えしました。
そんなやりとりから始まったメールで、彼女が今日レッスン受講してくださいました。
心に傷をもった子供達のケアの話からいろんな雑談をしながらレッスンをして、本当に今日は楽しかったです!

日本の教育に住教育が欠けていることも問題だと思います。(今は食育に夢中になっていますが。。)
日本の教育が管理教育で自由な発想を抑えてしまう事。。それは大変残念な事です。
だって、子供っていろんな視点から物事見ているのです。それに気がつかない大人が責任あると思います。
普通とちょっと違った発想だって視点を変えれば、すごいはずなのです!!!

私の講座を受講して頂いた方から、続々と寄せられるメールやら、模型を見ていますと、本当にうれしく思います!
皆様ありがとうございます☆

衣食住の中で取り残されているですが、まずは自分の暮らし、住まいを考える事から始めませんか!?


この記事に

開く コメント(0)

TDW+アーキテクツ・ガーデンその2


夕べ第3夜は、『観るイタリア』&『味わうイタリア』

『観るイタリア』では、イタリア建築に詳しい竹内先生から イタリアの回廊建築のお話をいただき、その後さらにワインセミナーもしつつ、『味わうイタリア』へ。。。

ということ、足付きパルマハム9キロ をど〜んと。。

イメージ 3

イメージ 1

イメージ 2

建築家がピンチョスつくると、こんなディスプレイになります! 模型を作る発泡スチロールにさして。。。
イメージ 4


夕べ第4夜は、All over the world で打ち上げ!

イカスミパエリャで盛り上がりました☆
イメージ 5


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事