読聴見聞録

読書、スポーツ、アニメなど無節操に書き飛ばしています。項目別に並んでいますので、最新記事は左のメニューからどうぞ。

このミステリーがすごい! 2013年版

 やっとこ北海道でも発売された「このミステリーがすごい! 2013年版」。……いや、順位自体は先週のうちからわかっていたけどね (^^;)。

 国内編は当然のように2強激突で、文春同様『64』に軍配。結構差もついたかな。この辺は予想通り。3位に『機龍警察 暗黒市場』、4位に『幽女の如き怨むもの』と文春では9位、10位の下位組が繰り上がっている。そして、特徴的なのが5位に入った『地の底のヤマ』、文春ではベスト10入りしなかったが、多分厚くて読んだ人が少なかったんだろうなぁ (^^;)。ただし、この作品に関しては入ってむしろ当然だろう。
 その他、中盤は『楽園のカンヴァス』、『カラマーゾフの妹』、『キングを探せ』、『奇面館の殺人』と文春とほぼ同じ作品が並んでおり、順当というべきか、面白みがないというべきか (^^;)。まあ、文春とこのミスがかぶるのは最近の傾向だしねぇ。
 ただし、10位に『盤上の夜』が入ったところがちょっと目を引くかな。逆に文春で高かった『屍者の帝国』が入らなかったのも意外だったけど。

 海外は予想以上の大差で『解錠師』が、こちらも文春と並んでの制覇。実のところ、去年この本を読んだ時に来年のベストはこれだろうなと思っていた作品なので、個人的には予想通りとは言えるんだけど、基本的にアンケート向きの作品なのは間違いない。続いて『占領都市』、『無罪』、『湿地』とディーヴァーを除けば文春と同じメンツが並ぶ。混戦だった海外だけど、この4作がややリードと言ってよかったと思う。それ以外もまあ順当と言っていい。『ルパン』が入っていないのも正しい (^^;)。『罪悪』とか『特捜部Q』が入っていないのは残念だけど、かと言ってベスト10に特に変な作品が入っているわけでもない。結局のところ、今年は中位以下の作品の充実ぶりが素晴らしかったということだろう。

 全体としてみると、ごく真っ当なベスト10という印象が強い。とんがった所がなくてつまらんとも言えるけど (^^;)>
 今年に関しては文春とこのミスを足して2で割ったくらいがちょうどいい感じだろうか。………まあ、微妙な差しかないのでほとんど変わらないんだけどね (^^;)。

その他の最新記事

すべて表示

ヱヴァQ

2012/12/14(金) 午前 3:51

 「ヱヴァンゲリオン:Q」をやっとこ見に行く。  そろそろ空いた頃かなと思ったが、それでも平日の夜でシネコンで一番広いスクリーンが半分以上は埋まっていた。  前2作の「序」と「破」はリメイクとは言っても、基本的にストーリーはT ...すべて表示すべて表示

メルセデス カーチェイスアニメ

2012/11/21(水) 午前 2:55

 メルセデスが宣伝用アニメを作ったということなので見てみる。 http://next-a-class.com/animation/index.html?banner_id=lst_121119  新型のA-Classの ...すべて表示すべて表示

ねらわれた学園 劇場版

2012/11/16(金) 午前 3:41

 昨日は駅近くのホテルで会議。水曜日は駅ビルのシネコンがメンズデイで1000円になるので、せっかくだから映画でも見て帰ることにする。  当初は「009 RE: CYBORG」でも見ようかと思っていたのだが、3D版の上映は午前中に1回のみ ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事