弁護士阪口徳雄の自由発言

裁判・社会活動の中で感じたことを発言します

全体表示

[ リスト ]

「米軍違憲」破棄へ米圧力。59年の砂川裁判 一審判決直後 解禁文書で判明
駐日大使 最高裁長官(田中耕太郎)と密談。しんぶん赤旗(4/30)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-30/2008043001_01_0.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しんぶん赤旗が本日(4/30)一面で報道した事実で、戦後司法に育った私達、法律家を驚愕させる、きわめて衝撃的事件である。

最高裁の歴史上最大の汚点事件とも言える。

最高裁は新憲法下で、初代長官に、三淵 忠彦裁判官が選ばれ、戦後司法がスタートした。
民主的司法が生まれようとした。

アメリカの対日政策の変更もあり、時の政府は、1950年3月に国会議員であった、田中耕太郎を最高裁長官に任命した。
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/hanzi_itiran.html

最高裁長官時代の発言として有名なのは、後に冤罪であることが判明(最高裁で確定)した「八海事件」をめぐるマスコミ論調を「雑音に惑わされるな」と批判したり、「松川事件」の下級審判決を「木を見て森を見ざるもの」と批判した。

司法行政でも、戦後の自由な雰囲気のなかで育つ若い裁判官を統制に動いた、言わば、日本の民主主義的司法に向かう可能性を「政府・行政機関の迎合機関」に変えた最初の張本人であった。

このような人物であるから、アメリカの大使と秘密で面談することなどはあり得た話かも知れない。

しかし、最高裁の長官が継続する事件について、アメリカの大使と会い、最高裁での砂川事件の処理計画まで話しをすることなどは絶対にあってはならない事。

このような人物を最高裁長官に選んだ政府も政府だが、田中耕太郎最高裁長官も長官。

最高裁の歴史上、大きな汚点である。田中耕太郎長官の行為は、最高裁にとって恥ずかしい、司法の死滅行為。

当時の関係者が殆ど死亡している段階で、真相の解明が100%できないが、今の最高裁が、可能な範囲で、「検証」し、現在の国民に説明すべき重大問題であると考えるがさて、最高裁は動くか。

最低限、現最高裁長官は「もし事実ならきわめて遺憾」と言う位のコメントを出すべきだろう。
このような重大問題に決別しないで、これを曖昧にしていると、今でも同じようなことが行われている可能性があると世間からは疑われる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「米軍違憲」破棄へ米圧力。59年の砂川裁判 一審判決直後 解禁文書で判明
駐日大使 最高裁長官(田中耕太郎)と密談。しんぶん赤旗(4/30)


 安保条約にもとづく在日米軍の駐留を憲法違反とした一九五九年の砂川事件・伊達判決に対し、米駐日大使が当時の最高裁長官と「内密の話し合い」をもつなど、判決破棄へ圧力をかけていたことが米政府解禁文書で明らかになりました。国際問題研究者の新原昭治氏が今月、米国立公文書館で入手したもの。米軍駐留違憲判決に対する米側の衝撃ぶりと、干渉を無批判に受け入れる日本側の異常な対米従属ぶりが分かります。


(写真)「主任裁判官・田中(CHIEF JUSTICE TANAKA)」との「内密の話し合い」を記した在京米大使館から米国務省への公電

 一九五九年三月三十日の砂川事件の一審判決(東京地裁)で伊達秋雄裁判長は、安保条約のもとで米軍が「極東」に出動することは、日本を直接関係のない戦争に巻き込むおそれがあり、また保持を禁じた「戦力」にあたるとして、米軍駐留は憲法前文、九条二項違反とする判決を出しました。解禁文書は判決当日から最高裁での弁論終了後の九月十九日まで、当時のマッカーサー米駐日大使から国務省あてを中心にした十四通の電報です。

 伊達判決の翌日には、米大使が藤山愛一郎外相に閣議前の早朝に秘密会談を申し入れ。当時進行中だった安保条約の改定交渉への影響や、東京・大阪など重要知事選前に「大衆の気持ちに混乱を引き起こしかねない」ことに強い懸念を表明しました。大使は「日本政府が迅速な行動をとり東京地裁判決を正すこと」を求め、過去に一例しかなかった最高裁への「跳躍上告」を提案しました。日本政府は部内で検討していた経過もあり四月三日に跳躍上告しました。

 四月二十四日付では、米大使と当時の田中耕太郎最高裁長官との「内密の話し合い」を明記。田中長官は「本件には優先権が与えられているが…決定に到達するまでに少なくとも数カ月かかる」との見通しを伝えています。

 最高裁は、当時三千件もの案件を抱えていましたが、砂川事件を最優先処理。電報の五日後には最高裁が弁護人を二十一人に制限するとの決定を下すなど、「迅速な決定」へ異常な訴訟指揮をとりました。最高裁は同年十二月十六日、一審判決を破棄、東京地裁に差し戻しました。

司法の独立 侵した
 砂川事件上告審で弁護団事務局長を務めた内藤功弁護士の話 一九五九年五月一日、団長の海野晋吉弁護士と一緒に、最高裁の斎藤悠輔裁判官と面会した。斎藤裁判官は「ジラード事件で米側が日本の裁判権を認めてくれた手前もあるので、この(砂川)事件は早くやらないといけない」と語った。きわめて異例である弁護人の人数制限も田中耕太郎最高裁長官と斎藤裁判官らがやったことだが、その裏で長官がじかに米駐日大使と「内密の話し合い」をしていたとは司法の独立からも由々しき事態だ。

 伊達判決から五十年近くたつが、日米安保条約はいよいよ「日本の防衛」と関係のない戦争に米軍が出動するためのものになっている。安保条約のもとでの米軍駐留が憲法前文と九条違反だとした伊達判決は過去のものという感じがしない。今回の文書発見が伊達判決再評価のきっかけになればと思う。


--------------------------------------------------------------------------------

 砂川事件 一九五七年七月、東京都砂川町(現立川市)で米軍立川基地拡張に反対する労働組合員や学生などが基地内民有地の測量に抗議して敷地内に数メートル立ち入ったとして、二カ月後に逮捕。安保条約に基づく刑事特別法違反で起訴されたもの。一審では無罪、最高裁で破棄差し戻しされ、罰金刑に。しかし反対闘争の前に米側は基地拡張を断念、七七年立川基地は返還されました。

 跳躍上告 地方裁判所などの一審判決に対し、法律・命令・規則もしくは処分が憲法違反とした判断、あるいは地方公共団体の条例・規則が違法とした判断が不当であることを理由に、直接最高裁に上告すること(刑事訴訟規則第二五四条)。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

このニュースはものすごく大きなことだと思います。

この当時の"田中耕太郎最高裁長官"のしたことを裁く方法はないのでしょうか?

2008/4/30(水) 午後 8:59 [ コンガ ]

顔アイコン

kongasoundさん
重大なニュースですが、これを裁く手段はない。あるのは、このようなアメリカに迎合した時の政府、最高裁を批判する世論しか道なし。しかしこれを報道した新聞は毎日、東京新聞、読売だけです。朝日、日経、産経は報道していない。NHKをはじめ、テレビは未だ見ていないが、報道したかどうか?

2008/4/30(水) 午後 10:49 [ abc*de*6 ]

顔アイコン

「最高裁の歴史上最大の汚点」!まさにおっしゃる通りです。

2008/5/1(木) 午前 10:57 [ yfq**494 ]

顔アイコン

裁判がインチキではないと信じる人は、ほとんどいないでしょう。
裁判所も独立していないし、裁判官も独立していない、マスコミも独立していないですよ。 三権分立ってどこの国の話ですか? まずここから叩き直さないと。

2008/5/2(金) 午後 10:56 [ kt6*6*50 ]

顔アイコン

このような米国の介入の原因を作った伊達裁判官の責任は重い。
国滅ぼして司法権の独立あり…

2008/12/7(日) 午後 7:23 [ pakatombo ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事