弁護士阪口徳雄の自由発言

裁判・社会活動の中で感じたことを発言します

全体表示

[ リスト ]

第5検察審査会の議決書全文を引用する。審査補助員の弁護士は元刑事裁判官で最近弁護士に登録した様子。


平成22年東京第五検察審査会審査事件(申立)10
申立書記載罪名 政治資金規正法違反
検察官裁定罪名 政治資金規正法違反
議 決 年‐月 日 平成22427
議決書作成年月日 平成22427
議決の要旨
審査申立人   (氏名)
被疑者 (氏名)  小沢一郎こと 小 澤 ― 郎
 
不起訴処分をした検察官 東京地方検窯庁 検察官検事 木 村匡 良
議決書の作成を補助した審査補助員 弁 護 士 米 澤 敏 雄
 
上記被疑者に対する政治資金規正法違反被疑事件(東京地検平成22年検第1443)につき,平成2224日上記検察官がした不起訴処分(嫌疑不十分)の当否に関し,当検察審査会は,上記申立人の申立てにより審査を行い,検察官の意見も聴取した上次のとおり議決する。
   議決の趣旨
本件不起訴処分は不当であり,起訴を相当とする。
   議決の理由
1 被疑事実の要旨
被疑者は,資金管理団体である陸山会の代表者であるが,真実は陸山会において平成1610月に代金合計84264万円を支払い,東京都世田谷区深沢所在の土地2筆を取得したのに
 
1 陸山会会計責任者A(以下Aという。)及びその職務を補佐するB(以下Bといぅ。)と共謀の上、平成173月ころ,平成16年分の陸山会の収支報告書に,本件土地代金の支払いを支出として,本件土地を資産としてそれぞれ記載しないまま,総務大臣に提出した
 
2 A及びその職務を補佐するC(以下「C」という。)と共謀の上,平成1
83月ころ,平成17年分の陸山会の収支報告書に,本件土地代金分過大415254243円を事務所費として支出した旨,資産として本件土地を平成1717日に取得した旨それぞれ虚偽の記入をした上総務大臣に提出した
 
ものである。
 
2 検察審査会の判断
l 直接的証拠
 
(1)Bの平成16年分の収支報告書を提出する前に,被疑者に報告・相談等した旨の供述
 
2)Cの平成17年分の収支報告書を提出する前に,被疑者に説明し,被疑者の了承を得ている旨の供述
 
2 被疑者は,いずれの年の収支報告書においても,その提出前に確認することなく:担当者において収入も支出も全て真実ありのまま記載していると信じて,了承していた旨の供述をしているが,きわめて不合理で不自然で信用できない。
 
3 本件事案について,被疑者が否認していても以下の情況証拠が認められる。
 
(1)被疑者からの4億円を原資として本件土地を購入した事実を隠蔽するため,銀行への融資申込書や約束手形に被疑者自らが署名,押印をし,陸山会の定期預金を担保に金利(年額約450万円)を支払つてまで銀行融資を受けている等の執拗な偽装工作をしている。
 
(2)土地代金を金額支払つているのに,本件土地の売主との間で不動薄引渡し完了確認書(平成161029日完了)や平成17年度分の固定資産税を買主陸山会で負担するとの合意書を取り交わしてまで本基記を翌年にずらしている。
 
(3)上記の諸工作は,被疑者が多額の資金を有しておると周囲に疑われ,マスコミ等に騒がれないための手段と推測される。
 
(4)絶対権力者である被疑者に無断でA・B・Cらが本件のような資金の流れの隠蔽工作等をする必要も理由もない。
 
これらを総合すれば,被疑者とABCらとの共謀を認定することは可能である。
 
4 更に,共謀に関する諸判例に照らしても、絶大な指揮命令権限を有する被疑者の地位とAB・Cらの立場や上記の情況証拠を総合考慮すれば,被疑者に共謀共同正犯が成立するとの認定が可能である。
 
5 政治資金規工法の趣旨・目的は,政治資金の流れを広く国民に公開し,その是非についての判断を国民に任せ,これによって民主政治の健全な発展に寄与することにある。
 
(1)「秘書に任せていた」と言えば,政治家本人の責任は問われなくて良いのか。
(2)近時,「政治とカネ」にまつわる政治不信が高まっている状況下にもあり,市民目線からは許し難い。
 
6 上記1ないし5のような直接的証拠と情況証拠があつて,被疑者の共謀共同正犯の成立が強く推認され,上記5の政治資金規政法の趣旨・目的・世情等に照らして,本件事案については被疑者を起訴して公開の場(裁判所)で真実の事実関係と責任の所在を明らかにすべきである。これこそが善良な市民としての感覚である。
 
よって,上記趣旨のとおり議決する。
 
             東京第五検察審査会


この議決に感情的な表現を感じると述べた。
≪極めて不合理で不自然で信用できない≫
≪執拗な偽装工作≫
≪絶対権力者である被疑者≫
≪秘書に任せていた言えば政治家本人は問われなくても良いのか≫
≪市民目線から許しがたい≫
これこそが善良な市民の感覚である
 
最後のことばなどは傲慢そのもの。
 
起訴するかどうは、感情であってはならない。
証拠をどう評価するかである。
 
鳩山議決の第4検察審査会の議決は、結論は別にして、法律の不備の問題と証拠を区別して指摘している。冷静な議決である。
 
他方、上記第5検察審査会議決は結論は別にして、立法の問題や政治的責任問題と有罪にする証拠とを区別しているのか、できているのか不安を持つほど「冷静さを欠いた内容」に見える。
 
この議決の作成を補助した審査補助員である弁護士(といっても最近弁護士に登録した様子で刑事裁判官のキャリヤー)や事務局担当者が普通なら、もっと冷静に書くようにアドバイスするだろう。
 
アドバイスをしたが、11人がそのような『冷静さを欠く内容』でも良いと押し切ったのか、それとも補助員なども一緒になってそのような議決書を作成したのか。
 
もし弁護士(元裁判官)が議決書の作成を補助したというならお粗末な内容。
 
このような『冷静さを欠く内容』と思われる議決書では検察審査会に強制起訴権限を付与したせっかくの改革が国民から支持されない
心配を感じる。法律家である審査補助員の役割が問われる。

この記事に

閉じる コメント(27)

顔アイコン

公開の場所で事実関係を明らかにせよという判断と考えるならば、「有罪に出来るかどうか」でしか考えられない法律家の視野の狭さをむしろ感じます。また「これだから素人は」という法律家の意見が多く、法律家は法律家で、やはり傲慢だと思います。
大体、この議決書で検察審査会の組織のあり方が問われるのならば、「安ければ買うし、高ければ売るという利益至上主義に慄然とする」などという内容の発言をして実刑判決を下した高麗邦彦裁判官は弾劾モノでしょう。
素人は最終的には法曹の意見に粛々と従うべきであり、「意見」を言うことしか許さない、という法律家の態度は、国会で「世論は参考程度」と嘯いている政治家たちと重なります。

2010/4/28(水) 午後 11:36 [ tar*sa*i ] 返信する

顔アイコン

「起訴するかどうは、感情であってはならない。
証拠をどう評価するかである。」

という原則的な観点からの批判に全く同感です。小沢さんへの疑問があるのなら、その疑問はどのようにして解決すべきかを原則的に考えるべきだと思います。

政治的な疑問に答えて欲しいのなら、ジャーナリズムにこそその解明を求めるべきだと思います。司法に求めるべき解決は、あくまでも犯罪行為に関するものであって、疑惑があるから公の場で何とかして欲しいという、素朴な感情で強引にやるものではないと思います。

議決の理由には、論理的な妥当性が感じられません。説得力が全くないのを感じます。最後に語られた

「このような『冷静さを欠く内容』と思われる議決書では検察審査会に強制起訴権限を付与したせっかくの改革が国民から支持されない
心配を感じる。法律家である審査補助員の役割が問われる。」

という主張にも全くその通りだと共感するものです。

2010/4/29(木) 午前 1:08 [ syu**430 ] 返信する

顔アイコン

全く同感です。
このような議決書しか残せないのであれば、検察審査会の意義が問われます。特に、「善良な市民の感覚」という言葉に欺瞞を感じます。
現在の司法、検察を改革して検察審査会は不要になるような社会こそむしろ必要です。おっと、主要マスメディアも当然大掃除。
もちろん、大変な困難なことではあります。

2010/4/29(木) 午前 9:20 [ mickbulk ] 返信する

顔アイコン

このような議決書を、権力に対して勇気をもってくだした判断をけなす方が専門家にも、一部ジャーナリストにも存在する。しかしながら、良く考察されて素晴らしい判断をしたと称賛する専門家もいる。この差はなんなのでしょうか。かってオーム真理教がサリン事件を起こした時のことが思い起こされて仕方がない。熱烈な信者、常識のないジャーナリストという名の煽動家が宗教弾圧、警察の横暴などをしきりにテレビや紙面で叫んでいたのではないでしょうか。その時の方々が今回もしきりと検察審査会けしからんとしきりに叫んでいるように見えるのですが。しかし、オーム真理教の件はどうでしたでしょうか。小沢一郎氏、鳩山首相をはじめ、民主党の熱烈な信者であるのか、そうではなく公正な目と、頭で物事を判断するかで本件の見方が分かれているのではないでしょうか。

2010/4/29(木) 午後 0:31 [ kat*rik*ke*uhan* ] 返信する

顔アイコン

>NHKが報道しなかったのは、この議決書の内容ではあまり説得力がないと判断し、価値がないと思ったのでは!?(

小沢氏の進退は国政に直結するし、国民の最大関心事でもある。
この議決書は、その内容に関わらず今後の国政に大きな影響を
確実に与える。何せ、「小沢は幹事長辞任すべき」が八割を超える民意の
代表する人達がだした議決書ですからね。
それを無視し、なるべく国民に知らせないようにするNHKは
無用の長物ですよ。

2010/4/29(木) 午後 1:23 [ kazu ] 返信する

顔アイコン

感情論はさておき、

事実認定としては 不動産取得の記載が2カ月ずれているということだな。

で、感情論に戻すと、そんなことで 市民目線から許しがたく、
これこそが善良な市民の感覚であるのか...。理解できん。

「有罪に出来るかどうか」でしか考えられない法律家の視野の狭さって書いた人がいるけど。それが法律家の職務範囲なんだからそんなこと言っちゃおしめぇよ? これって裁判だよね? あら違ったか?

2010/4/29(木) 午後 4:49 [ rea**by_*eel ] 返信する

顔アイコン

「毒蛇山荘日記」の記事「米澤敏雄弁護士とは何者か?」で、議決書の作成を補助した審査補助員である米澤敏雄弁護士が、麻生総合法律事務所所属の弁護士であるなら、同法律事務所の40周年イベントに、来賓として谷垣禎一自民党総裁が参加しており、政治的に中立性が担保されているのか、と評されていました。

2010/4/29(木) 午後 7:48 [ オレンジトマト ] 返信する

顔アイコン

>起訴するかどうは、感情であってはならない。
>証拠をどう評価するかである。

仰る通りだと思います。
これに付け加えて、「立証責任を果たせるかどうか」も起訴すべきかどうかの判断に加えるべきと思います。

検察は本件に対し起訴すべきかどうかを、政治に対し影響を与えるかどうかを勘案した結果、100%の立証責任を負うに至らず不起訴となったと思います。
それに対し検察審査会は政治に与える影響はあまり勘案せず、証拠のみを追求し基礎という判断を下したように思います。

両者の違いは、立場の違いのみであって証拠の評価の違いではないと思います。どちらの判断が正しいのかも一概に言えないと思いますが、無作為に選ばれた国民の判断を評価して、私はこの基礎判断を支持したいと思います。

それだけに、議決書にこれだけの感情的な表現が盛り込まれたことが、とても残念でなりません。

2010/4/29(木) 午後 10:48 [ kyo**2oo2 ] 返信する

顔アイコン

同感。小沢幹事長に対して、民主党を小沢現幹事長が立て直して、政権を取るような状況になってから、何回も検察による捜査などが行われてきました。 選挙直前に党の要職にあった人(選挙で選ばれた人、試験で合格したのみで、部外から評価されていない公務員でない)を特捜のメンツにかけて大掛かりな捜査をして不起訴になった。 これを覆せる新資料は出てくるこないと思う。 もし起訴になったとすれば、解釈・判断の違いになる。解釈による判断で決まれば、検察・審査会は何でも罪に出来る。判断結果が完全でなければ、起訴できない。 もっとはっきりした問題、郵政かんぽの転売、森田健作千葉県知事の完全無所属は明らかに有罪。
これらの件のほうが≪市民目線から許しがたい≫
≪これこそが善良な市民の感覚である≫
と思いますがいかがでしょうか。

2010/5/2(日) 午後 3:12 [ syoukoubou ] 返信する

顔アイコン

検察は最初から小沢氏を政界から葬るためと民主党政権を阻止する目的で、無理筋を強引に突っ走り暴走した。それをメディアがさんざん煽り、世論を小沢=悪と誘導した責任は大きい。西松建設でいうなら、何故検察は二階を起訴しないのか?水谷建設元会長の裏金云々はでっち上げ。小沢に説明責任があるのなら、検察にもあるはず。約1年間も検察は予算と人手(地方からも検事の応援を要請)を使った。大手・中堅ゼネコンの強制捜査や、石川議員の携帯まで押収し、調査した。しかし大山鳴動鼠一匹である。それらに要した税金の無駄はどうなんだ?三井 環氏の検察裏金問題の口封じの別件逮捕は?鳩山や小沢の政治資金報告書に記載するのしないのより、もろに公金である2億5千万円の元自民党幹事長の河村の「食い逃げ事件」はどうした?「政治と金」を議論するならこっちの方がより悪質である。結論=特捜を廃止してはどうか。検察審査会については、感情論だけで判断されたらたまったものではない。「検察審査会法」そのものも見直すべきではないか。審査会の議事録も非公開とはあきれる。司法の分野だけ、情報公開や説明責任の改革がなされていないのは問題である。

2010/5/2(日) 午後 3:27 [ hanako ] 返信する

顔アイコン

「被疑者からの4億円を原資として本件土地を購入した事実を隠蔽するため,┄┄等の執拗な偽装工作をしている」といっても、原資が小沢氏の個人資金として公開したことから小沢バッシングが始まったのではないのですかね。

2010/5/3(月) 午前 7:45 [ mk ] 返信する

顔アイコン

先のメールで書いた収賄の文言を、斡旋利得に訂正します。贈収賄が公務員を対象にしているのに対して、国会議員や公設秘書の口利きの見返りを処罰する法律は「あっせ利得処罰法違反」だそうです。

2010/5/3(月) 午後 3:26 [ hanako ] 返信する

顔アイコン

もうすでに、元秘書石川議員ともう一人はすでに起訴済み。今回は共謀について問題になったと思われるのですが、いくらなんでも手形にもサインをし、融資申込書にもサインをし、現金で4億近くを用意し、それでいて私は知りませんというのは常識的に考えればかなり無理があるように思う。

2010/5/4(火) 午前 1:21 [ kat*rik*ke*uhan* ] 返信する

顔アイコン

それに、検察審査会はある意味不起訴になったものを不服の申し出があった場合、起訴するのが役目ではないでしょうか。つまり、ここで審査されるものはまず起訴ありきで審査されるものではないでしょうか。またそうあるのが検察審査会であり、それに対して、不起訴にした理由を明確にし、検察審査会で審査員を納得させるのは検察の役目。もし、納得させるだけの明確な説明ができない場合当然起訴になるのではないでしょうか。今回の判断に批判的な方々は少し検察審査会というものの役割を見誤っているのではないでしょうか。本来批判すべきは十分な根拠を示せなかった検察であるものを審査員に、マスコミがどうの雰囲気にどうの市民感覚がどうのと糾弾するのはおかしいのではないでしょうか。ましてや弁護士を仕事にされる方まで。少し冷静になってください。

2010/5/5(水) 午前 0:43 [ kat*rik*ke*uhan* ] 返信する

顔アイコン

↑何を問題にすべきか勉強されてから、書くべきではないでしょうか?
まあ、立花隆氏でさえ理解していないのだから、仕方ないかもしれませんが。

2010/5/5(水) 午前 7:39 [ war*ga*i75* ] 返信する

顔アイコン

warugaki758 さま
検察審査会の役目を良く考えてください。‘検察庁から取り寄せた事件の記録などを調べ,国民の視点で審査‘なのですよ。何を問題にすべきなのかは、本件が有罪かどうかではなく、本件を起訴すべきかどうかなのですよ。有罪か無罪かは裁判官の決定することです。

2010/5/9(日) 午後 11:48 [ kat*rik*ke*uhan* ] 返信する

顔アイコン

阿修羅掲示板で、問題の世田谷の土地に関して、次のような記述を見つけました。

*** 引用初め
登記簿を見れば、陸山会が土地代金約4億円を払った04年10月時点で「仮登記」がされているが、その時点の地目は「畑」である。05年1月に地目が「宅地」となり、「本登記」がされている。つまり、4億円の土地代金が支払われた時点では、畑だった土地が世田谷区農業委員会の承認を経て宅地になり、翌年1月に本契約が結ばれたとみるのが、登記簿からは常識だろう。04年時点では仮契約で、業者が地目変更に失敗すれば、代金は返済される「払い戻し条件付き契約」だったのではないか。そうだとすると、土地代金の支払時期(政治資金規正法上はこの時点で支出記載が必要)ではなく、本契約時点で支出を記載したとしても、石川議員が政治資金規正法の細かい適用を知らなかったことによるミスで、意図的なものとは裁判所もおそらく認めないだろう。支出は明記されていて、隠してはいない。
*** 引用終り

2010/5/10(月) 午後 9:57 [ オレンジトマト ] 返信する

顔アイコン

これに対する行政書士さんという方のコメントは次の通りです。
*** 引用初め
農地売買の通常の手順は ’簀齋戚(所有権移転仮登記)→農地法5条の許可申請→G清醗儖会の承認→づ豕都知事の許可(許可指令書の交付)→ソ衢権移転の本登記
農地法の許可は、申請から許可指令書の交付まで通常2ヶ月以上を要します。(どんなに頑張ってもこれ以上早くなりません。)そして上記の都道府県知事の許可指令書を添付しないと、所有権移転の本登記は受理されません。
従って、04年10月に売買契約を結んだ農地の所有権移転登記を05年01月にするのは当たり前で、これ以前にするとしたら、その方がむしろ不適法な手続で許可を得たことが疑われます。
*** 引用終り

2010/5/10(月) 午後 9:57 [ オレンジトマト ] 返信する

顔アイコン

陸山会の政治資金収支報告書の記載問題で、東京第一及び第五検察審査会に対し、審査申立をした人物は甲となっているが名を名乗るべきである。これだけ世間を騒がせておきながら名を秘匿するとは卑怯者である。そんなヤツには正義を語る資格はない。なにかまずいことでもあるのか?

2010/8/10(火) 午後 2:45 [ hanako ] 返信する

顔アイコン

今回の小沢氏の西松建設問題や陸山会土地購入記載問題か
ら発生した検察審査会(第1、第5)は、完全に政治に利用されたケースであり、検察審査会の制度の改善を求めたい。

2010/8/29(日) 午後 6:27 [ hanako ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事