全体表示

[ リスト ]

アップをサボっており、アップを楽しみにしていた参加メンバーの皆さんには申し訳ありませんでした。


1。今回の活動について。

  今回の活動は、東北での今年2回目の活動になりました。
  今回の活動は、毎年この時期に恒例となっている

    「ワカメの収穫のお手伝い」
  
  でした。

  また、今回の活動では、チームあすなろの小渕浜で行なった活動に参加して知り合い、今年4月末
  に晴れて結婚した栢森君とアンチャンさんへのお祝いメッセージを小渕浜のみなさんからいただく
  ことも目的の一つでした。
  多くの人から寄せられたビデオメッセージは、その後アンチャンさんの友人のポーさんによって
  晴らしいビデオメッセージに編集され、お二人の結婚披露宴にて公開されました。

  
  2012年に始めたワカメ収穫のお手伝いも、今年が6年目。
  岸壁に並ぶワカメを煮るボイラーの数も年を追うごとに増えてきているように感じました。
  今年は、”ワカメの買い取り価格が例年よりも高い” とのことで、例年よりも小渕浜で働く人の表
  情が明るかったように感じました。

  今回は、福島の原発被害に苦しむ方々を描いたドキュメンタリー映画 ”遺言” の上映の応援で知り合
  ったキョンアさんが、ご友人の野村さん、村尾さんを伴って参加してくださいました。
  野村さん、村尾さんは、キョンアさんのコンサートで何度かお会いしていましたが、ゆっくりお話
  しをしたことはありませんでした。 
  今回の活動以降、折に触れてお会いし、お話しをする機会が増えていますが、この活動がそのきっ
  かけになったことを嬉しく思います。


2。活動メンバー

今回は、以下の6名。
キョンアさんつながりで集まった、まとまりのよいチームでした。
大学生の羽鳥さんを、キョンアさんがお姉さん役としてよく面倒を見てくださいました。

いつもながら、元気いっぱいのメンバーでの賑やかな活動で、メンバーから発散される元気が小渕浜の皆さんに伝わっていました。

 学生   女子 羽鳥さん
                          
 社会人  女子 キョンアさん
      男子 野村さん、村尾さん、倉野さん、須賀

  
3。今回の活動概要

  3月17日(金)
    今回の活動では、東京からレンタカーを使ったので、東京駅のいつもの集合場所である、丸ビ
    ルの角で集合し、多賀城にある定宿!? マンガ喫茶花子 に向かいました。
    到着後は、歓談ののち、朝の出発が早いので早々に休みました。

  3月18日(土)
    朝5時30分過ぎに、花子を出発。
    その後、石巻に到着。日和山公園に登って被災地を視察。
    市内を流れる北上川沿いの防波堤工事は、見た目ではほとんど進捗が見られません。
    
    3月の石巻はまだ寒い!!「寒い〜」と、東北を体感しました。
    広大な更地が何を意味するのか?を知った参加メンバー達は言葉を失っていました。
    被災地からは瓦礫が無くなり、新しい家もたくさん建設されーー津波の被害の大きさを伝える
    ことが難しいーー今の状況を見ても、津波の被害の大きさ、怖さはなかなか伝わりません。
    個人的には、震災の遺構をもっとたくさん残すべきだと感じます。

イメージ 1


イメージ 2



イメージ 3


イメージ 4

    日本一の急坂??を下って、斎太郎食堂で朝食。
    その後、万石浦から小渕浜を目指しました。

    小網倉浜の巨大な防波堤工事も、完成まであと少し。
    しかしながら、進捗のスピードはおそろしく遅い。工事の人工が減っており、復旧が進んでい
    ないことを感じます。
    東北の多くの地域で、オリンピックに対する批判的な意見を耳にしますが、6年が経過しても
    多くの人びとが仮設住宅の生活を余儀なくされている現実を見ると、被災地の方々のオリンピ
    ックに対する批判的な気持ちが理解出来ます。

    応援場所の小渕浜には,9時前に到着し、到着後はすぐに作業着に着替えてワカメ収穫のお手
    伝いを開始しました。

    作業は、ワカメの商品価値を下げ、商品としては不要な先端と根を塩茹でされたワカメから
    り落とす作業でした。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
作業着は、塩蔵された大量のワカメとの格闘?で塩まみれ。


昼食のお弁当をいただいたあと、景色のきれいな小渕浜の牧場へ行って、心の洗濯をしました。

イメージ 8


イメージ 9
午後の作業の後、十一面観音におまいり。
観音様は高台にあり、津波の後は多くの方々が避難をされていました。


イメージ 10


イメージ 11



イメージ 29
2016年11月の活動の時、凍えそうな僕らの手をあたためてくれた焼き芋。
その焼き芋屋さんを見つけてお礼を伝えるとともに写真をお願いしました。

  昨年の焼き芋屋さんとの写真は以下でご覧下さい。



夕食は、いつもお世話になっている牡鹿のれん街の黄金寿司さんを訪ねました。

イメージ 12

今年最初の、ふのりのすまし汁をいただきました。

イメージ 13


牡鹿交流センターで入浴。

イメージ 14
村尾さん、早朝からの活動,お疲れ様でした!!


イメージ 15
木村文子さんをお訪ねして、栢森君、アンチャンさんへのメッセージをいただきました。
あたたかいメッセージ ありがとうございました!!

このあと、宿泊場所の仮設住宅集会所に移動して毎度お世話になっている藤原さん、阿部さんとお目にかかりました。


お二人からも、栢森君とアンチャンさんへのお祝いメッセージをいただきました。

イメージ 16

          
        
   3月19日(日)
     7時にはワカメの収穫のお手伝いを開始したかったので、5:30に起床。
     東洋館さんで買っておいた朝食を食べ、お借りした集会所を掃除して出発。
     
     土曜には出来なかった、メカブの耳そぎの作業をすることが出来ました。
     メンバーの多くは初体験。作業を大いに喜んでいました。
     その後、塩蔵したワカメを塩蔵に使ったネットから取り出す作業をしましたが、これはハー
     ドな作業でした。やった人には,そのハードさがよく分かると思います。

イメージ 23


イメージ 17


イメージ 18
これが,ハードなワカメのネットからの払い出し作業。
塩蔵ワカメの入った重いネットを抱えて、この大きなケースに入れます。


イメージ 19
塩蔵ワカメ。 これをほぐして、先端と根を包丁で落とし、芯抜き作業を経て、晴れて”ワカメ”となります。


イメージ 20
2012年に訪ねた頃は,まだ小学校低学年だった海麻君。
今回、自分の家の仕事を手伝っていたのを見て嬉しく思うとともに頼もしく思いました。
来年からは,高校生とのこと。 高校受験がんばれよ!


イメージ 21
隆之さん、小山さん、作業の方々からも栢森君とアンチャンさんへのお祝いメッセージをいただきました。ありがとうございました!
隆之さんのピースサインは、お二人へのものです。


イメージ 22
木村千之さんからも栢森君とアンチャンさんへのお祝いメッセージをいただきました。
千之さんらしいあったかいメッセージ、ありがとうございました!


イメージ 24
アンチャンさんが、2年前の活動でお世話になった大澤さん。
大澤さんからも、お二人へのお祝いメッセージをいただきました。
ありがとうございました!


イメージ 25
今回は、木村美輝さんのところの応援に来ていた内堀さん。
この人は、いつも元気いっぱい。 元気をもらっています。


イメージ 26
いつものように、石巻の利休で牛タンランチ。


イメージ 27
羽鳥さんは、途中のサービスエリアでお別れ。


イメージ 28
キョンアお姉さんとのツーショット。


今回も、多くの方のお世話になり、活動を無事に終了することが出来ました。
倉野さん、運転サポートありがとうございました!!
感謝。

引き続き、東北の応援活動を継続していきます。

以上

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事