TOEIC A GO! GO! 目指せTOEIC990点の道!

現在TOEICスコア990。著書『3週間で攻略 TOEICテスト900点!』好評発売中です!

全体表示

[ リスト ]

ベクトル

 
 一昨日はあるトレーニングセッションに参加してきました。
 
 トレーニングセッションというとイントロはパート4等で出てくるトークのいわば、その中味を
 がっつりやってきた、ということです。
 
 
 ケーススタディーである職場の事例を読んで、どうすれば改善するか、というディスカッションを
 行ったんですが、
 
 
 
 当然のことながらネイティブには差を見せ付けられるわけです。
 
 
 
 職場の事例を読む分量はダブルパッセージ4つくらいでした。
 それを5分で読んでディスカッションするわけですが、
 (直前に配布するので予習は出来ない。)
 
 
 周りはだいたい3分くらいで読み終わるのでまず負ける。
 何とか5分で読み終わると、周りはケーススタディーの設問を先読みしているので、
 議論で先制パンチをもらう。
 
 まあ、こんな感じで進んでいきます。
 読むスピードで勝てるとは考えていないのですが、議論で負けるのは少し釈然としない。
 先に設問を読んでおいた方がよかったか・・・。
 
 
 
 そうこうしていると、改善のためのポイントを箇条書きにしようということになり、
 私も含めて書き出すんですが、
 ここで、いろいろと洗練された語彙が登場するわけです。
 洗練された語彙 = 難しいとも取れますが、TOEICの中で難語といわれる部類のため、
 どれも馴染みはあるものの、こういうときに使うんだとハッとさせられたことが多くありました。
 
 
 終わってみると、もうちょっと英語を勉強しないとな、といつも思うんですが、カナダにいると、
 その手段がTOEICではなく、TOEICの知識を当然と思って、よりコミュニケーションを作用する方向に
 どう進めていこうかという視点で改善の余地を考えます。
 
 
 
 これらは、私からすれば、TOEIC990点を超えたので、ビヨンドのように捉えられますが、決してそうではなく、
 スコアと関係ない真のコミュニケーションを取りに行く部分としてとても大事なファクターだと思っています。
 
 
 
 そう考えると、
 TOEICのスコアアップだけを考えるなら、この私の成長の余地は全無視でOK。
 TOEICを元に英語を使って何かしたいなら、その先を求めて早め早めに対応しないといく必要がある。
 
 
 こう考えています。
 どちらがいい、悪いではなく方向性の問題です。
 
 
 そう考えた場合、TOEICで990点を取るよりもコミュニケーションをTOEICからうまく飛躍させていく視点を
 持つにはどうしていくか、というのが学習者にとっての課題になると思っていて、それが次回、トミナーの
 テーマにしようと漠然と考えております。
 
 
 
 
 最近、理由はわかりませんがレモンタルトにはまっています・・・。
 
  
イメージ 1
 
  Tommy

閉じる コメント(1)

隠しコメントじ・・・さん、

承知しました。
今のところ確認は出来ておりませんが、回答させて
頂きたいと思います。


Tommy

2013/6/9(日) 午前 11:48 [ Tommy ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事