TOEIC A GO! GO! 目指せTOEIC990点の道!

現在TOEICスコア990。著書『3週間で攻略 TOEICテスト900点!』好評発売中です!

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

関連性


 TOEICの場合、ダブルパッセージを初めてやった時の事。



 最初は、
 どうして2つも文書があるんだよ。面倒くさくてしょうがない。




 ずっとそう思っていました。



 ところがレベルアップして、解き方を覚えて、




 うーん、どんなトリッキーな問題でもかかってこいや。




 そうやって自信満々なころに、トリプルパッセージが出現しました。






 そうやって今に至るわけですが、





 世の中は2つや3つで終わる文書はあまりありません。
 それどころか継続して何かが進行するケースが多いです。




 そう思うと、3人の会話、図を見て解くリスニング、オンラインチャットや
 複数参照型読解問題というのは、日常の生活に密着に結びついています
 よね。




 英語を読んで解く場合は、どうしても自分優位というか、そのスコアが取りたい、
 とか、恣意的な部分も出てしまうので、いろんな思いが錯綜しますが、



 改めて、普段仕事して、友人とコミュニケーションを取って、英文を書いて、
 誰かに見てもらって、何かを作る、という作業をしていると、
 シングルの文書で何かをすます、という行為はほとんど皆無に近いです。





 そう考えると、世の中全ての文書には何らかの関連性があって、
 必ずリンクする場所というのはあるんだろうんな、というワクワク感を
 最近は特に感じます。




 ないとすれば、このブログの記事とか、ごく少数かもしれません。



 ただ、TOEICの場合、「全てのコンテンツが何かと関連している」と
 考えると、意外と解きやすいな、と感じることはよくあるな、と思います。



 パート1ですら、「さあ、受験者のみんな、今から4つの文を言うから
 よく聞いて正解してね!」という感じが最近はあります。






 そういう気持ちを思うことで、距離が遠いパート2、意図問題等の文脈を
 求める問いは気軽に解ける気がしているので、今は感覚的ですが、
 関係を持つ、と意識することで、そういう方向に近づきやすいんだろうな、
 というのはあります。



 今は仮説レベルですが、もう少し堀下げていこうと思います。



 



イメージ 1

 この時期になると、「俺の塩」の合格バージョンが売りに出されていますね。
 1分で食べられる塩焼きそば、夜食にいいかもですね。
 (胃がもたれちゃうかな・・・・。)



 Tommy




この記事に

開く コメント(0)

もっと〇〇


 先日、あるライターさんと英文についてディスカションしました。


 ざっと眺めてからひと言。
 「なるほどとても読みやすく書いていたけれどいくつか質問していいですか?」
 

 「もちろん」



 「じゃあ、ここのところなんだけど・・・・」




 そんな感じでディスカッションを始めたのですが、




 ここはこういう意図でこういう表現、ここは自分でこれがベストだと思った、
 ここはちょっと自信ないからネイティブと相談した。




 そういう返答を質問をした0.5秒後くらいに全部返ってきました。




 あー、すごいな、設計しつくされているな。




 そう感じながらも、やっぱちこっちの方がいいのでは?
 



 そうやって議論を続けたのですが、返答にはなるほど!と思う部分と、
 なんでも受け入れてくれるライターさんの懐深さを感じました。



 自分の思った主義はあまり曲げずに進めることが多いのですが、
 このライターさんの葦のようなしなやかさと謙虚さには、完全に
 「まいりました!」でした。





 もっと謙虚に、もっとしなやかに、






 今年のキーワードになりそうです。






イメージ 1

 そういえば、仙台のNewdaysはご当地おにぎりがあったっけ。
 なかなかオツでした。



 Tommy


この記事に

開く コメント(0)

サービスの質


 この間、よく行く出張先で食べたお昼。
 

 仕出しの弁当だったんですが、メーカーさんが変わっていました。


 以前は、だいたい日替わり弁当がこれ。と曜日によって決まっていたの
 ですが、今回は365日変えているそうで、なかなかバラエティです。
 





 以前と価格は据え置きで、食後にコーヒーが付く。
 うーん、どういうやり方で利益を取っているんだろう。
 いろんなことをつい考えてしまいました。






 「いろんなところにお弁当を届けて、いろんな声を聞いて、
  その都度改善して、今に至っているんです。」




 なるほど、そうか、素晴らしい。
 声を聞いて改善、というのはお客様目線ですね。そういう視点は
 自分でも常々持たなければいけないと思っています。




 たかが仕出しだが、されど仕出し。
 ランチはあまり時間をかけたくない自分ですが、こうやって
 見えない努力や苦労を聞くと、ついつい今後が気になってしまいます。
 とりあえざう当面ウォッチします。





イメージ 1

  北海道土産のきのこの山は白かった。



 Tommy


 

この記事に

開く コメント(0)

一体感


 そういえば、最近無意識にやっていることですが、
1人で食事に行くときは、おじちゃん、おばちゃんが経営している大衆食堂に
行くことが多いです。なんかほっこりしていていいんですよね。





なぜ、とかそういう理由はなく、不思議とそこに行ってしまう、そういう魅力ある店に
行くことが多いです。





そういう店に行って、店主と話し込むと、たいてい帰ってくるのが、
「金儲けではなく、自慢の味をたくさんの人に安く届けたい」
そういう方が多いです。それが祖のお店のポリシーであり、経営理念
なんでしょうね。素晴らしいです。





そして、そういう店には常連さんが多いです。
いい意味で一体感を感じます。





私のイベントもリピーターが多く、そういうカットのお付き合いを
大事にしていますが、やっぱりそのような空気感といいますか、
そういうのを大事にしていきたいな、と思います。






イメージ 1

昨日も某お店で食事。
「いつもありがとね。」
そう言ってくれるおかみさんの顔を見に、また来ます、と
言って元気をもらっています。




Tommy

この記事に

開く コメント(0)

イッテンヨンの思い

この間、ある編集担当の方とお話しして、毎年恒例のビックイベント、
新日本プロレスについての感想を伺いました。



「いやあ、お金を払ってみるモノとはこう
いうことなんだな、と思いました。」



なるほどー、と感じたのですが、
昨年お金を払ってみたかったイベントは、こんなものがあったのですが、




将棋の羽生竜王誕生のタイトル戦
藤井四段の連勝中の対局
朝青龍の大晦日の琴光喜との対戦
劇場で見た「君の名は。」(これは見たか)





全て、一生懸命というか、抜かりなくしっかり作っているものは
感動を呼び起こすんだな、と改めて思いました。



先日TEX加藤さんもブログに書いていましたが、
自分の書きたいものを、読者のために、持てる力のすべてを注いで
書いた結果、たまたま売れた、とおっしゃっています。




やはり、何事も全力を注がないといけないんだな、と改めて思いました。



この年末年始は特にパワーをもらったので、しっかり頑張ります。





イメージ 1

パン屋で購入したチョココロネ、いつもどちらから食べようか
悩みのタネです。


Tommy

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事