ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

先日入手したフレーム、詳細を調べてみた。分かったのはBRUNO VENTURA 2008だということ。
今となっては古いフレームだ。そしてクロモリ、つまり鉄のフレーム。
自分の持ってるのはちょっと前に手にしたKHS以外はすべてアルミフレーム。なのでクロモリのフレームってのはどんな感じなのか?知らないだけに早く走らせたいと思う気持ちも逸る
 
そんなわけで早速平日からフレームに手を入れ始めたのでした
先ずは錆ついたまま付いているクランク&BBとフォーク周り、この辺りを取り外して整備です!
おそらく苦戦するであろうBB外しから着手。クランクは工具使ってあっさり外れましたが、BB本体は錆で固着も覚悟して自分の持つ最大長の1/2スピンナハンドルで『エイヤっ!!』と勢いよく回すと無事に外れてくれました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
予想通りBB本体もBBシェル内も錆がひどい・・・BBの回転はかなりゴリゴリしていて使い物にならない状態でした。これはBB新品交換だな〜。とりあえずIDIOM純正の四角テーパーのクランクが余っているので、BBもそのタイプを購入することに。
 
次にフォークの取り外しに移る。この辺は固着も全くないけど、頭が錆びた見た目残念なボルト類を取り外して分解していく。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
こちらも期待に漏れずフォークコラムは錆がひどい。ヘッドパーツのベアリングもグリスが切れてカラッカラ。でも、受け側のダメージは確認できないのでグリスアップで何とかなりそうだ。
正直、このヘッドパーツが死んでたら一番大変でした。なにせこの辺の交換工具は所有していないので。。。
 
一通り分解し終えたら、この辺の錆取りへ移ります。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
浸透潤滑剤をしみこませたウエスで拭いたり、余ってた錆取りクリームを使ったり、メタルコンパウンドで磨いたりを駆使して、見た目だいぶ良くなりました!!あとは組み直す前にしっかり脱脂とグリスアップですね。
 
イメージ 7
BB新品が必要なので今日はこれで終了・・・の前にフレーム各所の傷や塗装剝れを補修しなければ・・・
一番ひどいのはチェーンステー裏側のコレ。どうやったらこんなふうになるのかな?
 
まあ、外装の方はブレーキクリーナーとウエスで拭き上げた後に錆落とし・タッチペンでちょっとずつごまかしていきます。完全に塗装し直すのは無理なので、とりあえず補修塗装で行きます!!
 
〜つづく〜

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事