ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

女川エイドステーション(以下AS)で待望の女川汁を堪能した自分とクマキチは、急ぎ足でASを出発することにした。

210kmを走り切るには時間配分が最重要、休み過ぎて時間を失うのはマズいわけで。




女川ASを出てすぐに訪れる違和感…そう、道が大きく変わっているのだ。
漁港そばを通る道が閉鎖され、その上の新しい道が整備されており今回はそちらを走る。


イメージ 1

自分は3月に女川復幸祭に来た時に知っていたが、クマキチは初めての景色なので少し驚いていたよう。


だがしかし、彼はそれよりも練習不足からくる体の重さに心支配されていたようだ。
明らかに速度が下がり、肩が上がり、辛そうな背中を見せる。



イメージ 2

その先にある上り坂を後ろから必死にエールを送って上り切り、広がる海の景色を横目に先に進んだ。


途中、早速IRCスタッフによる救援サービスが施されていた。


イメージ 3

一体何があったのか分からないが、こうしてアフターフォローがあるのがイベントの良いところ。
…ライダーのメンテ不足によるものがトラブルの原因でないことを祈るが。



イメージ 4

TDTらしいアップダウン続くルートは相変わらずで、時々見える海の水面がキラキラしていて美しい。


とか言っているうちにクマキチのペースは落ち続け、もはや自分もペース合わせるには厳しいほどに。




「先行くぞ!」と声をかけて自分は前へと出て行った。




途中にある橋では毎年大漁旗を掲げて応援してくれる方々がいるが、今年も健在。


イメージ 5

仮設住宅の住民の方々の声が聞けなかったので少し寂しかった気持ちは、ここで完全に吹き飛んだ。


「おはようございます!毎年ありがとうございます!!



イメージ 6

そして、いよいよ雄勝湾の見えるポイントまでたどり着く、ASはもう少しだ。



見覚えのある信号交差点前でスタッフさんに導かれ脇の道へ入る。

イメージ 7

去年は天気のせいもあるだろうがフカフカで走りにくかったグラベル路も、1年経ってしまったせいか走りやすい。




イメージ 8

雄勝ASの到着!!

ここで先行していたmacさんを発見、合流した。


イメージ 9

ここの補給は楽しみにしていたホタテ焼!!今年も大勢の方々が豪快に焼いている風景が広がる。



イメージ 10

自分の地元もホタテで有名な場所があるが、違った環境で育ったせいか?もしくはイベントの効果か?
間違いなくここ雄勝のホタテが肉厚で適度な歯ごたえで、うまい。


自分がホタテを頬張り満足して、ドリンク類を補給しているとバイクラックの方に見覚えのある姿。


イメージ 11

ようやくクマキチ到着、予想以上の消耗・疲労に自分よりも本人が驚いている。



「自分はマイペースで休んでから行きます、先に出発してください」



クマキチの表情を見て本当に余裕がないんだなと分かったので、彼の言葉に甘えてmacさんと先にASを出ることとした。



さて、まだ40km地点を越えたばかり、クマキチに完走は難しいだろうな…



自分も今はまだ大丈夫としても、この先はまだ長い、きっと苦しくなるところもあるだろう。
とにかく自分を信じて確実に進むんだ、時間を目一杯使っていい、必ずゴールしよう。

そこにあーさーからLINEが来る。


「今スタートした、頑張るぜ


今年からTDTに対応したアプリが配信されていたので、仲間3人の場所も分かる。
みんな、無事にゴールできるよう頑張ろうぜ!

そんな気持ちを返事に込めて送り、スタート調整の列が進むと同時に再スタートした。





つづく

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事