ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

時は2018年11月15日、朝はコルトも凍るようになった寒さ本格的になってきた時期の事。




ふと以前店前を通った時に「ん?店が変わってる?」




それを確かめるべく仕事上がりにその店へ向かう。


『豪〜めん 築館店』の場所に看板の写真は同じだけど
『ラーメン源三郎』と名前の変わった店があった。



イメージ 1

写真が一緒という事は同じ二郎系に違いない、しかしそれならばどうして店が変わった?
いろいろ思う事はあれど営業しているみたいなので入って食べてみよう。


この日は他に客がいなく自分だけ…ちょっと不安になるが、依然通った昼間にはそれなりに人影が見えたのでそのまま進む。



イメージ 2

入ると左手に券売機と言うレイアウトは変わらず、しかしメニューは文字だけで写真などはナシ。(人手不足看板も一緒。。。)

これは名前と”オススメ”表示のみで選べという事か、何たる博打的な券売機だ。





そんな中、自分は名前のインスピレーションのみで今から食べるラーメンを選択する。


これに決めたっ!


イメージ 3

白髪ねぎみそ小辛 麺大盛



初見で大盛り行くのはどうかと思ったが今の空腹具合からは押さずにはいられなかった(笑)
券もってテーブルに着席、スタッフさんに渡して到着を待つ。

…建物とレイアウトは全く一緒だが、スタッフさんは厨房内も含め違うようでますます謎めいている。





イメージ 4

数分後、着丼、これが白髪ねぎ味噌小辛だ。



特にコールは無かったので全てデフォだが、なかなかの盛りの野菜上にいかにも辛味のネギたっぷり。
チャーシューは豪〜めん時代と違い、焼かれてなく煮込まれたスタンダードなものに。






さて、いただきます。






先ずは麺の上にそそり立つ野菜類の山を崩しにかかる。

イメージ 5

野菜は茹でのようで定番のもやし・キャベツ以外にニラと人参も入っており、彩鮮やか。
食べると野菜本来の甘みもあり、流石は東北の物(予想)と感心しながら食べる。




イメージ 6

いよいよ麺に到着、リフトすると思った以上に黄色みが強い。

これは北海道・札幌ラーメンのような玉子麺だろうか、食べてみると小麦の味とは違った味わいの濃さを感じる。
どちらかと言うと柔らかめの茹で加減の麺で程よいもっちり感があり、それなりのうまさ。
太麺と言うには少し細い部類かなと思う、平たさもありこの味噌スープを持ち上げている感はしっかりしている。

ではそのスープだが確かに味噌味で自分にとっては好きな風味だが、脂の濃さの割にはコクが少し不足しているような…
どうしても二郎系は濃い味で食べたい自分にとっては優しすぎる味わい、カラメにしたい!
(できるのかは不明)


それでもマズいわけではないのでガツガツ食べる、久し振りにどんぶりいっぱいの野菜に麺を頬張る幸せを噛み締める。




イメージ 7

そして、完食。残ったスープのヴィジュアルから脂の濃さを再認識するが野菜のおかげかそこまでくどくなかった。
野菜が炒めではなく茹でのせいもあっただろうが、豪〜めん時代の炒めの良さが懐かしい。









ご馳走様でした!!








少し自分にはフィットしない感じはあれど、これはこれでアリだし近くにあるというのは嬉しい店だ。


これからも度々お世話になろう、次は何系を食べようか?

  • 顔アイコン

    おいしそうNICE

    eigekaii

    2019/2/2(土) 午前 11:28

    返信する
  • > eigekaiiさん
    コメントありがとうございます。

    物足りなさはありましたが、美味しかったです!

    [ Abex ]

    2019/2/2(土) 午後 8:44

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事